しゃぶしゃぶを食べる時の『NG行為』5選!他の人とトラブルになることも

しゃぶしゃぶの肉

寒くなってくると、しゃぶしゃぶをする機会が増えてきます。仲間や家族、恋人と楽しく鍋を囲むつもりが、マナー違反を連発してしまうと気まずい雰囲気になってしまうかも。そうならないためにも、しゃぶしゃぶを食べるときにすべきではないNG行為を知っておきましょう。正しいしゃぶしゃぶの楽しみ方も紹介しているので、参考にしてください。

家族や仲間と楽しむしゃぶしゃぶは要注意!

しゃぶしゃぶ鍋

寒くなると、仲間や家族、恋人とお鍋を囲む機会が増えますよね。中でもしゃぶしゃぶは、お肉や魚、カニなどいろいろな種類があり、どれも食べやすくて人気の高い鍋といえます。

しかし、しゃぶしゃぶの食べ方に問題があると、一緒に食べている人との仲に亀裂が入ってしまうかも!大切な人と鍋を囲む前に、基本的なマナーを身に着けておきましょう。

しゃぶしゃぶを食べる時の『NG行為』5選!

バツ印を出す女性

しゃぶしゃぶを食べるときの、NGマナーをご紹介します。

1.直箸で具を取る

鍋を食べていてその場の雰囲気に慣れてくると、いつものクセで直箸で具を取ってしまいやすくなります。一度でも口に運んだ箸を、みんなが食べる具材が入っている鍋の中に入れてしまうのは絶対NG!

他人の口に入ったものが、今から食べようと思っているものの中に入るのは、非常に不快感を与える行為です。

2.お肉だけしか食べない

しゃぶしゃぶのメインである、お肉や魚介類ばかりを自分のお皿に入れてしまうのはNG。一緒に食べている人のひんしゅくを買う行為です。子どもであれば仕方ないと思ってもらえますが、年齢の近い人がやってしまうのはよくありません。

3.ほかの人のお皿に具材を入れる

出来上がった具材を、許可なくほかの人のお皿にどんどん入れてしまうのはNG!食べきれるかわからず、好き嫌いもあるので、食べ物を押し付けるようなことはすべきではありません。

4.一度取った具を再度鍋に戻す

しゃぶしゃぶ肉を出汁に浸けて引き上げ、自分のお皿に入れたあと、火が通っていないからといって再度お鍋の中に入れてしまうのはNG。一度お皿に取ったものは、火が通っていなかったとしても鍋に戻すべきではありません。火の通りが甘かったものは、鍋に戻さず破棄しましょう。

5.タレをつけすぎる

しゃぶしゃぶは、素材の味を楽しむお鍋です。タレはあくまでも少しつけて風味を変える程度つけて楽しむものであるので、つけすぎは厳禁!タレまみれにしてしまうと、具材が本来持つ風味をかき消してしまいます。

しゃぶしゃぶの正しい食べ方

しゃぶしゃぶを食べようとする様子

しゃぶしゃぶ鍋を楽しむときは、以下のポイントに注意してください。

  • 鍋に入れる順番を守る…肉→きのこ→野菜の順番
  • 具の追加や取り出しは、菜箸を使う
  • バランスよく具材を取る
  • 様子をみてアクを取る
  • お互いのペースを尊重し合い、自分のペースで食べる

最初にお肉を入れることで、お肉の旨味をスープに溶かし込むことができます。最初に入れたお肉は茹ですぎず、早めに取り出しましょう。

鍋奉行になるのは、ご法度です!みんなが気持ちよく鍋を楽しめるよう、少し気を使いあいながらお鍋を堪能しましょう。

まとめ

しゃぶしゃぶだけに限らず、お鍋を食べるときは一緒に食べる人のことを考えて、具の取り方など考慮しましょう。みんなでしゃぶしゃぶを堪能して、絆を深めてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
しゃぶしゃぶの肉

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る