男性全員に知ってほしい『生理中にしてほしくないこと』8選

ハートを持つ女性

毎月やってくる生理は、必ずやってくるとわかっていても憂鬱ですよね。特に男性のいる職場で働く女性やパートナーのいる女性は、生理中に「もう少し配慮してくれてもいいのに」という経験を持つ人も多いはず。そこで今回は女性が男性全員に知ってほしい『生理中にしてほしくないこと』を集めてみました!男性の皆さんは必ず覚えておいてください。

毎月女性に訪れる『生理』は個人差が大きい

腹痛の女性

今回は、男性の皆さんに「生理中の女性の気持ちを知ってほしい」という意味を込めて、この記事を執筆しています。そもそも全ての女性に毎月訪れる生理ですが、実は個人差がとても大きいことをご存知でしょうか。

出血量や生理中に訪れる症状(腹痛、頭痛、腰痛、めまい、怠さ、吐き気、発熱など)、症状の度合い、気分の浮き沈み…これらは人によって全く違いますし、個人差があるため比較できないということを知っておいてほしいのです。

「あの人はそんなに辛くなさそうなのに、どうしてそんな辛そうにしているのか」という男性がいますが、それは生理は人それぞれ症状も出血量も違うからです。

中には出血する以外は何も症状がないという女性もいますし、反対に倒れて救急車に運ばれてしまうほど重度の症状を引き起こす人もいます。このように個人差の大きい生理は、男性のサポートも必要なのです。

男性に知ってほしい『生理中にしてほしくないこと』8選

下腹部に手を当てる女性

ある調査機関が女性にアンケートを取った結果、生理中男性の対応に不満や悲しさを感じた人は7割にも上ります。男性には「生理中にこんなことをしてほしくない」ということを知っておいてほしいのです。

1.体調不良を仮病のように扱わないで

意外と男性が言いがちなセリフに「そんなに辛いの?」「本当に辛いの?」という言葉があります。はっきり言いましょう。辛いんです!

たしかに生理は病気ではありません。しかし、そもそも出血量が非常に多いですし、めまいや頭痛、腹痛など人によって様々な症状が一度に起こります。

また、精神的にも不安定な状態で、そのような無神経なことを言われてしまうと、余計に心身ともに辛くなってしまうのです。

2.気分の浮き沈みを責めないでほしい

膝を抱える女性

生理中に精神が不安定になり、意味もなくイライラしたり悲しくなったりする症状は多くの女性が経験しています。経験のない男性は理解することが難しいのもわかりますが、「面倒くさいな」「いい加減にしろよ!」などと責めないでほしいのです。

男性側の気持ちもよくわかります。意味もなくイライラされたり、突然泣き出したりされたら戸惑いますし、困ってしまいますよね。しかし、生理中の女性もそうなりたくてなっているわけではないのです。

精神が不安定な状態に嫌悪感や申し訳なさを抱いているので、そこで責められてしまうと、より精神的に不安定な状態になってしまいます。

3.あまり動き回らせないでほしい

普段は家事や育児をしている女性でも、生理中はできれば横になっていたいというのが本音です。しかし、普段通り家事や育児を女性側に任せてしまう男性は多いです。

動けば動くほど症状は悪化しますし、出血した時の不快感によってストレスも溜まります。悪循環となってしまうため、できればあまり動き回らせないでほしいのです。

生理中の間だけでもいいので、家事や育児、仕事においても外回りなどに配慮があると嬉しい…というのが女性の本音です。

4.トイレに行く回数が多くても指摘しないで

お腹を押さえる女性

生理中はナプキンを替えなければいけないため、どうしてもトイレに行く回数が増えます。また、お腹がゆるくなりやすいため、トイレに行く回数が増える人も多いです。

普段に比べてトイレに行く回数が多いことを「どうしたの?」「なんか今日、トイレに行く回数多くない?」と指摘されるのは、あまり良い気分ではありません。

心配でかけてくれた言葉でも、生理であることを公然と知られることに抵抗感がある女性も多いのです。「トイレに行く回数が多いな」と思っていても、口には出さないであげてください。

5.急に予定が変更になっても怒らないでほしい

パートナーや友人などと事前に約束をしていても、生理がやってきてしまい体調を崩して予定をキャンセル…ということは珍しくありません。そんな時「ドタキャンはやめてよ」などと怒らないでほしいのです。

前々から予定を入れてくれていたのに、突然キャンセルになってしまったり遅刻してしまったりすることに申し訳なさを感じています。そこに追い打ちをかけるように責められるのは、「そんなこと言われても…」というのが本音です。

6.「気にしないから」とスキンシップを求めないで

迫ってくる男性を拒む女性

彼氏や夫などのパートナーに多くの女性が言いたいことです。生理中にも関わらず「俺は気にしないから」とスキンシップを求めてくる男性がいますが、男性側が気にしなくても女性側が気にするんです!

生理中でも気にせず愛してくれることは嬉しいのですが、出血もしていますし、体調も万全でない状態です。また、女性の気持ちとしては、出血した経血の匂いを感じ取られてしまうのではと不安でたまりません。

なるべく生理中はスキンシップを控えて、横に寝かせて静かに過ごさせてくれるのが嬉しいです。

7.寝具や衣類が汚れても嫌そうな顔をしないで

出血多量により、寝具や衣類を血で汚してしまうケースはよくあります。人にもよりますが、出血量が多い日というのがあり、その日に信じられないほど大量に出血してしまう人も珍しくありません。

寝具や衣類が汚れてしまったことに対して、恥ずかしさや申し訳なさを女性側は感じています。愛するパートナーに嫌そうな顔や面倒くさそうな顔をされてしまうと、余計に悲しくなるので、驚いても顔には出さないでほしいのです。

8.出血による臭いを指摘しないでほしい

先ほど少し出ましたが、出血による臭いを指摘しないでほしいです。実際に臭いを指摘する人はごく稀ですが、それでも中には「なんか臭う」と臭いを指摘する人がいるため、女性側は気が気ではありません。

惚れ直しちゃう!生理中の女性が男性にしてほしいこと

胸に手を当て笑顔がこぼれる女性

最後に、パートナーが生理中の時、本当は男性にこんなことをしてほしいと思っていることを紹介します。このような行動が自然にできる男性は、パートナーの女性が惚れ直しちゃうかもしれませんね!

  • 動き回らなくて済むように家事や育児を率先してほしい
  • ひとり静かに横にならせて
  • 予定が変更になっても嫌な顔せず受け入れて
  • 気持ちが不安定でもそっと見守って
  • 「無理しないで」と一言優しい言葉をかけてくれると嬉しい

結婚している方であれば、普段女性側が率先して行なっている家事や育児を男性側がしてくれるだけでもとても助かります。また、症状が辛いことが多いので、ひとり寝室などで横にならせてくれるとより嬉しいです。

生理の時だけでなく生理前にも症状が出ることも

また、女性によっては生理の時だけでなく、「月経前症候群」と呼ばれる生理前に症状が現れることもあります。

腹痛やだるさ、めまい、イライラした気持ち…人によって様々ですが、ある日突然、体調不良や気持ちの浮き沈みが現れたら、「もうすぐ生理が来るのかな」と心の中で察知してあげてください。

生理中はパートナーである男性の支えが大切

手をつなぐ仲の良い夫婦

辛い症状を引き起こす生理中、パートナーである男性の支えは何より大切です。生理中の男性の行動で夫婦仲やカップル仲が大きく変化することもあります。ぜひ今回紹介したようなNG行為は控え、生理中の女性がされたい対応を積極的にしてくださると女性としてはとても嬉しいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ハートを持つ女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る