買うべきではない『桃』4選!美味しいものを選ぶ正しい見分け方とは?

買うべきではない桃とは

桃を購入する際、せっかくならば美味しいものを選びたいですよね。どの桃も同じように見えますが、実は美味しい桃にはいくつかの特徴があるのです。今回は、購入するときに注意してチェックしたい桃の特徴についてご紹介します。購入すべきでない桃の特徴だけでなく、美味しい桃の特徴も紹介していますよ。

ジューシーで甘い桃

美しい桃

一口頬張ると、甘い香りとジューシーな果汁が口いっぱいに広がる桃!贈り物としても流通していて、体調が不安定な時期でも食べやすいですよね。購入するならば、美味しい桃を入手したいものです。

桃選びに失敗しないためにも、購入すべきではない桃の特徴を把握しておきましょう。美味しい桃の選び方も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

買うべきではない『桃』4選!

買いたての桃

購入すべきではない桃は、どのような特徴があるのでしょうか。美味しい桃を選ぶためにも、注意すべきサインを見落とさないようにしましょう。

1.産毛がない桃

桃の表面には、細かな産毛が生えています。産毛に触れるとかゆみを感じる人もいますが、産毛があるということは新鮮な証拠です。スーパーなどで桃を購入するときは、できるだけ産毛が多いものを選びましょう。産毛が全くないものは、鮮度が低いかもしれません。

皮ごと桃を食べるときは、流水で洗ってキッチンペーパーなどで表面を拭きましょう。そうすると桃の産毛はある程度落ちます。桃は皮にも栄養が豊富に含まれているので、産毛を上手に取り除いて皮ごとかぶりつくのもよいですね。

2.誰かが触った後がたくさんついているもの

桃の果実は非常に柔らかく、傷みやすいものです。指先に少し力を加えるだけで、桃の実に指の跡がついてしまったという経験をした人も多いのではないでしょうか。

桃の実に指の跡などのへこみが多いということは、その数だけ誰かが触れたという証拠。へこみは劣化の原因につながるため、購入するときにはぜひチェックしておきたいポイントです。

3.左右がアンバランス

桃の左右に膨らみのバランスが取れていないものは、核が二つに割れている可能性があります。味にこだわりたいのであれば、全体のバランスを見て違和感がないものを選びましょう。

4.雨続きに収穫された桃

桃は果実に水分が多いため、雨の影響を受けやすい果物といえます。雨が続くと、果実が大きくなりやすい分、味が凝縮されにくくなってしまうのです。雨が多い時期に育った桃は、食べたときに少し味がぼやけている印象を持ちやすくなってしまうかもしれません。

味にこだわり、甘みの強い桃を購入したいときは、数週間から数日前までの天候と桃の産地にも注目しましょう。

美味しい桃の見分け方

デザートの桃

美味しい桃の特徴は、以下の通りです。

  • ふっくらしていて、きれいな丸みを帯びている
  • 皮の色が濃い桃色
  • 桃のお尻の部分の白色がくっきりしている
  • 香りがしっかり感じられる
  • 産毛がある
  • 果実の部分に弾力がある
  • 売り出しの名札に「大糖領」と書かれているもの

「大糖領」とは、桃の中で最高級ランクのものを指します。スーパーで桃を購入したいときは、まず名札をチェック!

まとめ

複数の桃

美味しい桃には、いくつかの特徴があります。美味しく仕上がっている桃のサインをキャッチして、家族みんなが満足できる甘さたっぷりのものを選びましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
買うべきではない桃とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる