カーテンレールに洋服をかけてはいけない『NGな理由』5選

カーテンレールにかけられた洗濯物

雨が続いたり天気が思わしくない日など、洗濯物をカーテンレールに吊るして部屋干ししていませんか?実は、カーテンレールに洗濯物や洋服を吊るすのはNG!どうしてNGなのか、理由を確認してみましょう。カーテンレールが傷んでいるときのサインもまとめているので、カーテンレールの調子が思わしくない人も要チェック。

つい洋服をかけてしまうカーテンレール

黒いカーテンレール

夜間の洗濯や、雨の日の部屋干しなどを行う際、まとめて洗濯物を吊るせる場所を探しますよね。洗濯物を吊るせる空間は屋内では少ないため、ついカーテンレールに洗濯物や洋服をかけてしまう人もいるのではないでしょうか。

カーテンレールに洗濯物や洋服をかけてしまうのは、NG行為!その理由や、カーテンレールが傷んでいるときのサインについてまとめました。

カーテンレールに洋服をかけてはいけない『NGな理由』5選

洗濯ハンガーに吊り下がった靴下

カーテンレールに洋服や洗濯物をかけてはいけない具体的な理由とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。NGな理由を知り、カーテンレールを傷めないようにしましょう。

1.カーテンレールが破損する

洗った後の洗濯物に限らず、衣類は想像よりも重量があります。カーテンレールに洋服や洗濯物をたくさんかけてしまうと、レール部分に負荷をかけ続けて破損する可能性が高まってしまうのです。

カーテンレールはカーテンを吊るすために設計されているものなので、ほかのものを吊るさないようにしましょう。

2.カーテンレールのホコリが洗濯物に付着する

カーテンレールの上は、毎日掃除をする場所ではありません。こまめに掃除機をかけていたとしても、ホコリが蓄積していきます。目に見える部分ではないので、どれくらい汚れているか把握するのも難しいですよね。

カーテンレールの上にホコリが積もっている状態で洗濯物を吊るすと、洗濯物の重さでレールが軋み、そのはずみでホコリが落ちやすくなります。

濡れた洋服にホコリが付着すると除去が難しいので、できるだけホコリをかぶらない場所で洗濯物を乾かしてください。

3.結露で洋服が濡れるかも

洗濯物が濡れていると、窓が結露しやすくなります。季節によっては、洗濯物に窓の結露が付着してしまうこともありますよね。結露が溜まると、洗濯物が乾きにくくなってしまいます。衛生面も不安視されるので、窓の近くには洗濯物を置かないようにしましょう。

4.洗濯物が乾きにくい

窓際は、空気が上手く循環しないため、洗濯物が乾きにくい場所です。部屋干しをするならば、部屋の中央付近の空気が循環しやすい場所を選びましょう。

5.カーテンに水分がつく

洗濯物に水分が多い状態だと、カーテンにも水分が移ってしまいます。湿度が高い時間が長くなると、カビの発生率を上げてしまうため要注意!カーテンは素材によっては自宅で洗濯できないものもあるので、カーテンレールに濡れた洗濯物などは近づけないように管理してください。

カーテンレールが傷んでいるときのサイン

きれいなカーテンレール

カーテンレールが傷んでいるときには、以下のようなサインがみられます。

  • カーテンがスムーズに開け閉めできない
  • カーテンを開け閉めする際、ひどい音がする
  • カーテンレールがぐらつく
  • 少し触れただけで簡単にパーツが欠けてしまう

カーテンレールを購入して間もないのにぐらつきがみられるときは、ネジが緩んでいるだけかもしれません。脚立などを使って確認してみてください。

重いものを吊るしたり体重をかけてカーテンを引っ張った場合は、カーテンレールが変形した可能性があるので要チェック!購入して年数が経っているのであれば、買い替えのサインととらえて新しいものを探しましょう。

まとめ

カーテンレールに洗濯物を吊るす

カーテンレールは、カーテン以外の重さがかかることを想定して設計されていないことがほとんどです。洗濯物や洋服は吊るさず、正しい使用方法を守って長期間使用できるよう配慮しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
カーテンレールにかけられた洗濯物

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる