絶対NGな『絵の飾り方』3選!風水的に最悪なパターンと開運する方法を解説

絵のNGな飾り方とは

絵画を家に飾ることは、とてもよいことです。しかし、飾ろうとしている絵の内容によっては、よい運気を逃して悪い運気ばかりを呼び込んでしまうかもしれません。今回は、風水の観点から自宅に飾るべきではない絵画やNGな飾り方をご紹介します。自宅にはどのような絵画を置くべきかという点も紹介しているので、新しく絵画を飾る人必見!

絵の飾り方で運気が下がってるかも

絵画を飾る女性

家を自分好みにアレンジする際、好きな絵をリビングや玄関などの飾る人もいるのではないでしょうか。でも、飾る絵によっては、家の中の運気を下げてしまっているかもしれません。

今回は、風水的にすべきではない絵の飾り方をご紹介します。開運につながる可能性がある絵画の飾り方についても紹介しているので、新たに家の中に絵画を飾ろうと思っている人は要チェックです!

絶対NGな『絵の飾り方』3選!

真っ黒な絵

家の中に飾るべきではない絵画には、いくつか特徴があります。飾り方やおすすめできない絵の特徴をご紹介します。

1.画びょうで絵を固定する

画びょうを使って絵画そのものを壁に直接貼り付けるのは、風水的にNGです。画びょうで絵を突きさすことによって、絵画が本来持っているエネルギーが得られなくなってしまいます。壁を傷つけないためにも、絵画は立派な額縁に入れて飾るようにしましょう。

2.マイナスの気を出してしまう絵を飾る

絵画を見たときに、気持ちがどんより重くなるものはよくありません。

  • 殺伐とした風景画
  • どくろマークの絵
  • 戦争をモチーフとしたおどろおどろしい絵画

上記のように、パッと見たときに心がすくんでしまうような配色や内容の絵画は、悪い気を吸い寄せてきてしまいます。家の中に暗い絵があると、家族仲や夫婦仲が冷え込んだり、喧嘩が絶えない状態になってしまうかも。玄関に飾ると、よい運が入ってこなくなる可能性があります。

3.無機質な絵を玄関に飾る

幾何学的な模様や温度を感じない無機質な絵は、人の心が落ち着きにくくなる傾向があります。家にいるのになんとなく落ち着かず、常にそわそわした状態になり、心身の疲れが抜けにくくなってしまうかもしれません。

玄関にそのような絵画を置いてしまうと、よい運気が入りにくくなるためNGです。玄関には、お客さんの心が躍るような美しい絵を飾ると運気が上がりやすくなりますよ。

開運できるかも!運気を上げる絵の飾り方

海の絵画を飾る女性

家に飾るのであれば、開運効果が高い絵画を飾りたいですよね!開運につながる可能性が高い絵画の特徴は、以下の通りです。

  • 明るくて温かみのある絵
  • 柔らかで解放感を感じる絵
  • 見ていて気持ちがアップする絵
  • 子どもの絵

せっかく絵画を飾るのであれば、額縁に入れましょう。少し立派な額縁に絵画を入れて飾ることで、開運効果がさらに上がりやすくなりますよ。

まとめ

絵画を飾ろうとする女性

家の中に絵画を飾るなら、運気がアップするものを積極的に選びましょう。ほこりが積もったり絵が傾かないように気を付けて、いつでも気持ちよく絵が眺められるよう少し手を加えて管理してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
絵のNGな飾り方とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる