ウォシュレットが壊れてしまうNG行為4選!原因別の対処法や正しいお手入れまで解説

トイレのウォシュレット

皆さんのご家庭にはウォシュレット機能つきのトイレはありますか。ウォシュレットはお尻を綺麗にすることができる便利な機能です。しかし、とてもデリケートな製品なので、間違った使い方をしていると故障してしまうこともあります。今回は、ウォシュレットが壊れてしまうNG行為や原因別の対処法を解説します。

多くのご家庭のトイレに搭載されている便利なウォシュレット

洋式トイレ

現在、多くのご家庭のトイレには、ウォシュレット機能が搭載されています。日本の一般家庭でも広く普及しているウォシュレットですが、間違った扱い方をしていると故障してしまうデリケートな商品でもあります。

ウォシュレットが故障すると、機能が正常に作動しなくなったり、場合によっては水漏れの原因となることもあるため、早めの対処が必要です。

ウォシュレットが壊れてしまうNG行為4選

ウォシュレットのリモコン

ウォシュレットはデリケートな製品です。そのため、間違った扱い方を続けていると壊れてしまうことも。ここではウォシュレットは壊れてしまうNG行為を4つ紹介します。

1.酸性などの強い洗剤を使用する

ウォシュレットはデリケートな素材でつくられているため、酸性などの強力な洗浄力を持つ洗剤を使用してしまうと、ノズル部分が割れてしまったり、ウォシュレット機能が故障してしまう恐れがあります。

ウォシュレット部分、特にノズル部分を掃除する際は、台所用の中性洗剤などの弱い洗剤を薄めて使用するようにしてください。

2.ウォシュレットに水をかけて掃除する

白い大理石の背景とウォシュレット付きのトイレ

ウォシュレットはトイレに備え付けられている機械なので、防水耐性があると勘違いされがちです。しかし、ウォシュレット部分には電子機器が使われているため、直接水をかけてしまうと故障原因となります。

また、ウォシュレットに水をかけてしまうことで、漏電や感電といった危険性もあります。ウォシュレットは、基本的に水を直接かけるのではなく、濡らした柔らかい布で優しく拭いて掃除する方法が正解です。

3.便器掃除に使った洗剤を拭き取らず放置する

ノズルに使う洗剤と便器を掃除するために使う洗剤は、洗浄力が異なります。便器を掃除した際、洗剤をしっかりと流し切らず、残ったまま放置していると、水を流した際に跳ね返り、強力な洗剤がノズルに付着してしまう恐れがあります。

ノズルに跳ね返り洗剤が付着してしまうと、ウォシュレット本体内に入り込み、故障の原因となる恐れがあります。便器掃除をした後は、必ず洗剤を残さず拭き取ったり流し切るようにしましょう。

4.ノズルの先端を強く引っ張ったり回したりする

ウォシュレットのノズル

ノズルを掃除する際、ノズルの先端を強く引っ張って出したり、回したりして洗浄しようとする方がいますが、この方法もNGです。デリケートなノズル部分は少し力を入れただけでも割れてしまうことがあり、故障原因となりやすいです。

ノズルを掃除する際は、先端を強く引っ張ることはせず、優しく無理のない範囲で引き出すようにしましょう。自動洗浄機能がついている場合は、ボタンを押すだけで自動的にノズルを出し入れすることが可能ですよ。

ウォシュレットが故障!原因別に対処法を紹介

トイレ掃除する女性

もしもウォシュレットが故障してしまった場合、症状によっては自分で対処できることもあります。主にウォシュレットの故障症状は以下の通りです。

  • 水漏れ
  • ノズルがうまく作動しない
  • 温度調整が正しく調節できない
  • ウォシュレット機能が作動しない

ウォシュレットは原因別に対処することが大切です。ここでは、ウォシュレットの故障原因別に対処法を紹介します。

ウォシュレットの水漏れ

ウォシュレットのスイッチを切っても水漏れが発生している場合、ウォシュレットノズルやバブルユニットの部品故障が原因の可能性があります。

自分で修理する場合は、故障している部品をメーカーから取り寄せ、給水ホースを取り外して本体を分解、部品を交換するところまで行わなければいけません。

ウォシュレットの構造に詳しくないと難しい作業なので、水漏れが起こった場合は、早急にメーカーやウォシュレットの修理業者に問い合わせて修理してもらいましょう。

トイレと床の間の水漏れ

トイレと床の間から水漏れが起こっている場合、ウォシュレットの給水フィルターが汚れていたり劣化していたりすることが原因となっています。

この場合は、まず給水フィルターを取り外し、掃除をして様子を見ましょう。フィルターを綺麗に掃除しても水漏れが改善されない場合は、給水フィルターが劣化している可能性があるので、ホームセンターや通販で給水フィルター付水抜栓を購入し、取り替えることで対処できます。

ノズルから水が出ない

ウォシュレット付きトイレ

ウォシュレットを作動させてもノズルから水が出てこない場合、給水フィルターのフィルター部分が汚れている可能性が高いです。この場合は、給水フィルターを掃除することで解決できます。

  1. トイレの止水栓を閉める
  2. 給水フィルターを取り外して歯ブラシなどで擦り洗いする
  3. 洗い終わった給水フィルターを元に戻す
  4. トイレの止水栓を開ける

この手順で給水フィルターは掃除が可能です。気になった際は、定期的に掃除を行うことで事前に予防することができます。

ノズルが出てこない

ウォシュレットのボタンを押してもノズル自体が出てこない場合、跳ね返った汚水などがノズルに付着し、固まってしまっていることが原因です。

こちらはノズル自体を綺麗に掃除することで解決できます。ノズルを優しく手で引き出し、歯ブラシなどで擦り洗いするだけで掃除が完了するので、ノズルの出が悪くなったと感じた時は、ノズル部分を掃除しましょう。

ウォシュレットの正しいお手入れ方法を解説

ウォシュレットの掃除

最後に、定期的に行いたいウォシュレットの正しいお手入れ方法を解説します。ウォシュレットのお手入れは、基本的にトイレ掃除を行うタイミングで、ノズル部分を掃除します。

ノズル掃除機能がついたウォシュレット

ウォシュレットによっては、ノズルの自動洗浄機能がついているものもあります。ノズル掃除機能がついたウォシュレットの場合は、以下の手順でノズルを掃除します。

  1. ノズル掃除機能のスイッチを押し、洗浄が終わるのを待つ
  2. 薄めた台所用の中性洗剤などを柔らかい布に含ませ、ノズルを優しく拭く
  3. ノズルおそうじのスイッチを押してノズルを収納する

この3ステップで簡単に掃除が完了します。ぜひ週に1回を目安に行ってくださいね。

ノズル掃除機能がついていないウォシュレット

ノズル掃除機能がついていないウォシュレットの場合は、自らノズルを優しく手で引き出し、トイレ用クリーナを染み込ませたトイレットペーパーなどで拭きます。

この時、ノズルを強い力で無理やり引っ張ってしまうと、割れてしまったり故障の原因となるため、必ず無理のない優しい力で引き出すようにしてください。

ウォシュレットは正しく掃除をして故障を防ごう

トイレのウォシュレットのボタン

いかがでしたでしょうか。ウォシュレットはデリケートな製品なので、清掃時に間違った方法で掃除してしまうと故障原因につながります。ウォシュレットは正しく掃除をして、長く使えるようお手入れしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
トイレのウォシュレット

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる