風水では招き猫はよくない?置き場所選びがポイント!

招き猫

富や福を呼び込む象徴として、日本では置物として割と好まれる招き猫、若い方向けに作られた、可愛らしい姿の招き猫も見かけます。この招き猫、実は風水学的には良くないという見方もあるのだそう。置く場所さえ間違えなければ、大丈夫なのでしょうか?風水での招き猫の良し悪しや、良い置き場所などについて、調べていきたいと思います。

風水で招き猫がよくないと言われる理由

招き猫

招き猫は、風水ではよくない…と聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれません。古くから招き猫は、縁起の良いものの象徴となっていますが、どのようなことから、風水では招き猫はよくないと言われているのでしょうか。

「置き方や置き場所に問題がある」

人の出入りがそれほどでもない一般的な家庭では、招き猫がいい運をすべて吸い取ってしまう。(大家族であったり、絶え間なく来客があるような人の出入りの多い家庭であればOK)

主に、招き猫がよくない…といわれるのは、このような理由からそう言われていることが多いようです。

風水は、それぞれの流派によって、良いとされることや、良いといわれる方角が変わります。ですが、あまり神経質になり過ぎず、その置物を買った時、いただいた時のその気持ちを大事にし、置き場所に気を留めることで、決して悪いことには結びつかないはずです。

風水で招き猫を置くのによくない場所とおすすめの場所

玄関

ここでは風水で、招き猫を置くのによくない場所をご紹介します。

基本的に風水では、招き猫は商売をされている方がその商いを行っている場所に置くのがベストではあります。昨今、とても可愛らしい色とりどりの招き猫の置物がたくさんありますし、お守り代わりにこのような招き猫を飾ることもあるかと思います。

なるべく一般家庭に寄せたケースで、置かない方が良い場所、おすすめの場所をチェックしていきたいと思います。

人気のない寂しい部屋や場所はNG!

人を介して福を呼び込もうとする招き猫ですので、人気がない場所にひっそりと置いておくのはNGになります。普段よくいる場所、会話のある場所が招き猫には良いとされています。

招き猫を置くのにおすすめの場所

<玄関>
招き猫を玄関に置く場合、招き猫を玄関のドアの方に向けて置くと、外からの良い運気を招いてくれるのだそうですが、玄関のドアを背にして置いてしまうと、家の中にある良い気を吸い取ってしまうので、ドアに向けることが重要だそうです。

<リビング>
良い運を招くために、ドアの正面に置くのが一番よいそうです。また、位置としては高い場所が良いそうですが、掃除ができずに埃をかぶらせてしまうのはNGですので、高い場所でも、手が届きやすく掃除がしやすい程度の方が良いでしょう。

<ダイニング>
人がいつも集うようなダイニングであれば○です。リビングと同じように、少し高い場所で、ドアの正面になるように置くようにするのが良いでしょう。

一般家庭で招き猫を置く場合は、人が出入りする玄関や、人が常に集う場所に置くことがポイントになります。置き方にも、先にご紹介した通り、ドアに向けて…など注意点はありますが、これらのポイントが守れるような場所が確保できれば、置いても問題なさそうです。

風水でよくない置物とは

ドライフラワー

風水上、招き猫以外に、飾るにはよくないといわれているものがあります。こちらでは、「風水上」NGといわれているものをご紹介します。

造花やドライフラワー

観葉植物や生花は、風水上、幸運を引き寄せると言われており。対人運や恋愛運のアップに効果的と言われています。

しかし、造花やドライフラワーは逆効果になるそうです。これらのフェイクの花や死んだ花は、マイナスの気を引き寄せ、不倫や二股など、偽物の悪い縁を呼び込んでしまうと言われているそうです。ポプリもこれに含まれるので、風水上はポプリもNGと言われています。

また、結婚式の際のブーケを記念にプリザーブドフラワーにすることもあるようですが、プリザーブドフラワーも風水上ではNGと言われています。

サボテン

手に入りやすく、そのユニークな形状から、サボテン愛好家は実は多かったりしますが、風水上ではサボテンはNGになるそうです。風水上でサボテンは、人間関係を遠ざけてしまう働きがあるといわれているようです。

もしサボテンを置く場合は、室内ではなく、部屋の外やベランダに置くようにするのが良いそうです。ただし、もし現在、関わりを持ちたくないような人が身近にいる場合は、窓際にサボテンを置くと、自然と縁が切れていくそうです。

壊れた傘

壊れた傘は、うっかり玄関に放置しがちですが、これは注意が必要なのだそうです。

玄関に壊れた傘を置きっぱなしにしていると、良い運気が入ってくるのを妨げてしまうそうです。特にビニール傘はどんどんたまりがちですので、使用しない傘、壊れている傘は置きっぱなしにせず、処分するなりした方が良さそうです。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみは、数をたくさん置きすぎるのはNGだそうです。特に玄関や、ベッドの上に複数のぬいぐるみを置くのは風水的にかなりNGと言われているようです。

玄関にぬいぐるみを置いていると、玄関から入ってくる良い気を、家の住人より先にそのぬいぐるみが吸い取ってしまうので、これは特によろしくないそうです。

また、ベッドにたくさんぬいぐるみを置いていると、寝ている間に、ぬいぐるみがその人の気を吸ってしまい、疲れが取れにくくなり、運気が低迷しやすいと言われているそうです。特に犬のぬいぐるみは、ケガを招きやすくなるので注意が必要だそうです。

嫌いな人、別れた恋人からのプレゼント

嫌いな人や、元恋人からプレゼントされたものをずっと使い続けている人はいますが、実はこれは風水上、運気が安定しないことの原因になるそうです。

最近、運気が良くない、低迷しているな…と感じたら、嫌いな人や、縁の切れた元恋人からの贈り物を使っていないか、改めてチェックしてみると良いでしょう。どうしても捨てることに気が引ける場合は、しまっておくようにするだけでも、運気は回復するそうです。

色々調べていくと、あれもこれもそれもNG…と、どんどん出てきますが、ある程度、納得できるNGアイテムは、上記の5つが代表的なものになるようです。

風水で財運・金運の招き猫を南に置くのはNG?

金色の招き猫

最後に、金運の招き猫を南においてもいいのか?をご紹介します。招き猫は、風水ではよくないのですが、招き猫の色と方位も関係しています。

南に金色の招き猫は置いてはいけない

風水で南は太陽が南中する、つまり最も高く昇る方向になります。日(火)のパワーを存分に受ける方位になりますが、火は金を溶かすことから、風水では火と金は相性が悪いとされているそうです。

このような理由から、風水で金色の招き猫を南に置くと、そのご利益を失い、結果的に財運上昇や立身出世を妨げることになると言われています。

また、同じ理由から金運の象徴となる黄色の招き猫も「真南」に置くのはNGとされています。

黒の招き猫を南に置くと災いを招く

風水で黒は、五行思想上では、水を表す色とされています。風水ではその黒の招き猫を南に配置するのもNGと言われているようです。

火は水によって消されてしまいますので、南が主張するパワーや運気が、この黒の置物により消されてしまい、そうすると南の方位は悪いものを運び込みやすい凶角へと転じてしまうそうです。

なので、招き猫だけではなく、南側に黒いものや、水を入れたものを置くのは止めた方が良いそうです。庭に池を作る際、家の南の方位はタブーの凶角と言われているそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
招き猫

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる