絶対NGな『傘の持ち方』5選!超危険な持ち方でトラブルに発展することも!

雨が多い時期は、毎日のように傘を使いますよね。夏を迎えるにあたり、雨傘だけでなく日傘の使用頻度も一気に上がります。傘を所持するにあたりきをつけたいのが、傘の持ち方です。傘の先端はとがっているため、間違えた持ち方をしていると周りの人にけがを負わせてしまうなどのトラブルを引き起こす要因になることもあるので要注意!

傘は持ち方によって凶器になるかも

色とりどりの傘

傘は雨の日に欠かせないアイテムですが、使用していないときの持ち方によっては意図せず凶器になってしまう可能性があります。周囲の人に重大なケガを負わせてしまわないためにも、傘の持ち方には注意したいものです。

今回は、超危険な傘の持ち方についてまとめました。傘の正しい持ち方も紹介しているので、今までの傘の持ち方を振り返るきっかけにしてみてください。

絶対NGな『傘の持ち方』5選!

レッドカードを出す女性

周囲の人にけがをさせないためにも、危険な傘の持ち方は知っておいて損はありません。自分の傘の持ち方が危険ではないか、確認してみましょう。

1.傘の横持は非常に危険!

傘を横向きに持つと、自分の背後に傘の先端が突き出してしまいます。背面は死角が多いため、子供の目を突いてしまう可能性アリ!最悪の場合は失明してしまうため、責任が取り切れない事態を招いてしまうかもしれません。

2.傘の先端がブラブラ状態

傘の先端が歩く度ブラブラと不安定に揺れる持ち方も、トラブルを招きやすいためNGです。小さな子供や犬などの動物にけがをさせてしまう確率が高く、非常に危険です。

3.傘を担いで持つ

雨が上がり、家から持ってきた傘がある程度乾いている状態のとき、傘を肩に担いで持ち歩く人がいます。傘の先端部分は体に近い場所にありますが、持ち手部分は背後に突き出ているため危険!後ろを歩く、背丈が同じくらいの人の顔を傷つけてしまうかもしれません。

4.傘を杖にする

年配の人は、雨上がりに傘を杖代わりに使う人もいます。杖のように傘を使うと、地面に傘の先端を付けた後背後に勢いよく先端を突き上げてしまうため危険です。

傘は杖のように使うことはできますが、先端がとがっていため人に当ててしまうとけがをする可能性があることは常に頭の片隅に置いておきましょう。

5.傘を横持ちで振り回しながら歩く

傘を横向きに持ち、まるで手持ちのバッグを振って歩くかのように傘を振り回しながら歩くのは非常に危険!傘の先端を勢いよく後ろの人に突き刺してしまうため、ちょっとしたケガでは済まない事態になりかねません。

傘の正しい持ち方

閉じた傘を持つ女性

傘の正しい持ち方は、以下のようになります。

  • 濡れた傘のベルトを締め、周囲に水滴が飛び散らないよう配慮
  • 傘の先端が人に当たらないよう、下に向けて持つ
  • 歩くときは傘先を下に向けた状態を保ち、人とすれ違うときは傘を反対側に移動させる

使用済みの傘は基本的に濡れているので、周囲の人の衣類やカバンなどに接触しないよう気を付けてください。持ち歩くときは、傘先が地面と平行を保った状態が基本です。誰かを傷つけないよう、持ち手部分をしっかりと握っておきましょう。

まとめ

傘をさす女性

傘は便利なだけでなく、カラフルで個性的なデザインのものも豊富に販売されています。自分らしさを演出できるものだからこそ、周囲の人に迷惑をかけないように所持しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる