ママが困る『子供のイタズラ』ランキングトップ7

ママの顔に落書き

子供のイタズラは、親の想像を超えることが多々あるものです。今回は、ママが困ってしまう子供のイタズラをご紹介します。小さなお子さんがいるパパやママ必見!子供を危険から守るためにも、イタズラしやすいものを把握しておきましょう。子供の年齢別、イタズラへの対処法も併せてチェック。

ママの予想を超える!子供のイタズラ

家で暴れる子供

子供の行動や言動は、大人の予想を超えろことが多く、かわいらしいですよね。子供の発想は柔軟で、なんでも興味を持って行動を起こします。なかには、ママの予想を超える子供のイタズラも!

今回は、ママが困ってしまう子供のイタズラをご紹介します。予想しにくい子供の行動を把握し、事前に対策を練りましょう。

ママが困る『子供のイタズラ』ランキングトップ7

家の壁に落書きした子供

子供のイタズラの中でも、発見したママが頭を抱えてしまうような困るイタズラを見てみましょう。どの家庭でも起こり得るものばかりなので、要チェック!

1.高価な化粧品などをぶちまける

子供は、ママがいつもなにを使っているのか興味津々!

  • メイクグッズ
  • フェイスケアグッズ
  • アクセサリーなど

ママが大切にしているものは、子供の関心度も高いため、ふとしたときに破壊してしまいがち。高かった化粧品やスキンケアグッズの中身が床に散乱しているということも。アクセサリー類は、引きちぎって丸呑みしてしまう可能性があるので、保管場所に要注意!

2.油性マジックで家具や電化製品にお絵かき

子供は絵を描き始めると、楽しさのあまりいろいろな場所にお絵かきしてしまいます。水性ならなんとかなるけれど、油性だと落とすのも一苦労です。

  • 床や壁
  • 家具
  • 大切な書類など

場合によっては取り返しがつかないケースもあるので、ペンの保管場所には十分気をつけましょう。

3.セルフメイクする

ママが毎日使う化粧品を、子供は虎視眈々と狙っています。

  • ファンデを全身に塗る
  • ほっぺ全体にチークを塗る
  • 口紅でお絵かき

そのほか、マスカラやアイラインなどもどんどん使って子供はセルフメイクを楽しみます。メイク道具は、商品によっては口に入ると危険なので注意してください。

4.自分の髪やペットの毛を大幅カット

ハサミは刃物なので、子供用であっても使用するときは目を離さないことが鉄則です。子供用のものには気を使っていたとしても、大人がハサミを使ってそのまま置きっぱなしになっていると、以下のようなことが起こるかもしれません。

  • 自分の髪を切る
  • ペットの毛を切る
  • 姉妹の髪の毛を切る
  • 寝ているパパやママの髪の毛を切る

髪を切るときにハサミを使うということを知ったら、髪の毛にハサミを入れないよう十分注意して見守ってください。

5.ティッシュやトイレットペーパーをポイポイ!

「静かだな」と思ったときに、ティッシュやトイレットペーパーを出しているイタズラは王道ともいえます。引っ張れば引っ張っただけ箱から出てくるティッシュペーパーと、ガラガラ回りながら紙が流れ出るトイレットペーパーは、子供の格好の獲物です。

6.トイレにものをチャポン

便座の中にある小さな水たまりは、子供の好奇心をくすぐります。

  • ミニカーなど普段使っているおもちゃ
  • 大量のトイレットペーパー
  • スマホ
  • 台所用品

上記のようなものは、トイレにダイブしやすいアイテムです。台所用品はママが毎日使うものなので、子供にとってはなじみが深く、手に取りやすいものばかり!トイレに落ちた物は破棄しなければならなくなるだけでなく、トイレ詰まりにもつながってしまいます。

7.手に持ったものを素早く口に入れる

特に乳児期の赤ちゃんに見られる行動の中に、手に持ったものを素早く口に運ぶ行動が見られます。口に入れて大丈夫なように除菌しているおもちゃであれば安心ですが、ほこりや髪の毛やゴミなどを握りしめていることも!

イタズラをした子供への対応方法

母親と息子の対話

子供のイタズラへの対処法は、子供の年齢によって異なります。

  • 0歳…子供の手が届かない場所に大切なものを保管し、指や物を入れそうな穴や隙間を塞ぐ
  • 1歳…イタズラされては困るものの保管を強化し、遊べるものの範囲を広げる
  • 2歳…イタズラしてはいけない理由を、根気よく教える
  • 3歳…イタズラには少し低めの声で対処し、イタズラではなく遊びに気が向くよう配慮

幼少期の子供の発達は、個人差が大きいため、その子に合った対応策を実行することが重要です。叱りつけてしまうと子供は人格を否定されたような気持になってしまうので、気持ちをグッと堪えて対処してください。

まとめ

パパの顔にメイク

子供のイタズラは、防げないことも多々るため、子供が怪我をしないよう家庭内の環境を配慮しましょう。やってしまったイタズラは写真に収めておくと、数年後見たときに笑える思い出になりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ママの顔に落書き

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる