水道管が凍結したときの正しい解凍方法と防止対策

お住いの地域によっても異なりますが、冬になると悩まされる水道の凍結問題。朝になっても厳しい冷え込みが続いていると、なかなか解凍されずに、水道が使えなく困ってしまいますよね。また、年末年始など数日間、家を空けたとき、帰宅時に凍結していて使えないなんてこともあるようです。水道が凍結したときには、適切な解凍方法が必要です。経験したことのない方も、知識として身に着けておきましょう。

水道が凍結したときの解凍方法

凍った蛇口

タオルを巻き、ぬるま湯をかける

急激な温度変化で、蛇口や水道管が破裂してしまうこともあるので、解凍する時は、タオルを巻いてじんわりと温めるようにします。

そして、お湯の用意ができる状況であれば、50度程度のぬるま湯から、様子をみながら、少しずつ温度を高くしたお湯をかけていきます。タオルを巻いたまま、タオルの上からぬるま湯をかけましょう。

カイロやドライヤーを使う

ぬるま湯の用意ができない時は、カイロやドライヤーを使うのも効果的です。カイロがあれば凍結している蛇口や水道管のまわりに当てて、ゆっくりと凍結を溶かしていきます。また、ドライヤーで、温風をあててみるのも効果的です。

自然解凍を待つ

最も安全な解凍方法は、自然解凍を待つことです。夜の低い気温で凍った水道管も、翌日の日中になると気温の上昇で解凍されることが多いです。蛇口を少しだけ開けて、気温が上がり、自然と解凍されるのが待てる状況であれば、この方法がおすすめです。

また、室内に水道管がある場合は、暖房器具を使って室内を暖めてみましょう。自然解凍はゆるやかに氷が溶けていくので、蛇口や水道管への負担が少なくすみます。

水道が凍結したときにやってはいけない事

熱湯

熱湯をかけたり火を近づけたりしてはいけない

急な凍結に慌ててしまい、沸かした熱湯をかけるのは、大変危険なので、絶対にやってはいけません。急激な温度変化で破裂・損傷してしまう可能性があります。熱湯を用意できる状況でも、50度程度のお湯か、ぬるま湯からかけてください。また、危険なので火を近づけたりする行為もNGです。

蛇口を閉めた状態で温めてはダメ

水道管を温める時は当然ですが、凍結している蛇口の栓は必ず開けている状態で行います。蛇口の栓を閉めたまま水道管をたためると、破裂・損傷の恐れがあります。気を付けてくださいね。

水道を凍結させないための対策

蛇口・キッチン

凍結防止の保温チューブを使う

水道管を温めておく保温チューブがホームセンターなどに売っています。水道管を保温することで、蛇口の凍結もしづらくなり、簡単に取り付けられるようなチューブなので、おすすめです。

凍結が多い地域は、保温材が水道管についていることも多いですが、保温材の上から保温チューブを巻くこともできます。

また、水道管にそって、結束テープで固定するだけで、簡単に取り付けられる凍結防止用のヒーターもあります。プラグをコンセントに差し込むだけで、自動的に水道管を保温してくれます。

水を出したままにする

水をポタポタと出しっぱなしにしておくことで、凍結の防止をする方法もあります。水を出し続けることで、水道管の中には温かい水が流れ込むことになり、凍結しなくなります。水を出す適量は、その日の気温によって異なりますが、鉛筆くらいの太さでチョロチョロ出しておくのが良いそうです。

水抜きをする

温度が下がり水道管が凍結するのは、地中より上に出ている部分のため、地上にある水道管から水を抜いておくと、凍結防止になります。長期不在の時は水抜きをしておくと、安心です。

水抜き方法

水抜栓・止水栓を閉め、蛇口を開ける

水抜き栓は流し台や洗面所の下の排水管などについています。室外であれば配管のそばにあることもあります。蛇口を開けることで空気が入りますが、この空気が入らないと、水が抜けないため必ず蛇口を開けましょう。

電動式で水抜きができる操作盤が設置されている場合は、電源スイッチを入れて水抜きボタンを押し、蛇口を開けます。操作方法はメーカーによって異なる場合もありますので、説明書で確認をしてください。

水道の凍結解凍を業者に依頼したときの料金

修理業者

水道の凍結で異常が発生したり、解凍が自分で行えない時は、無理をせず業者に依頼しましょう。料金は、凍結部分や状態により異なりますが、相場は5,000円~10,000円前後のようです。加えて、地域のよっては出張料金や、時間帯によっては夜間作業料金などがかかります。

まとめ

ドライヤーで水道管を温めている人

朝起きて水道が使えないととても不便なので、水道管がもし凍結してしまった場合の対処方法は、事前に確認しておくと良いですね。

慌ててしまうと熱いお湯をかけてしまいがちですが、熱湯をかけると急激な温度変化で、水道管が破裂したりすることもあるそうなので、絶対にNGとのこと。ぬるま湯やドライヤーなどで温めてくださいね。急な凍結の時は、落ち着いて行動しましょう。