やってはいけない『味噌』のNGな使い方4選

味噌と大豆

味噌は日本人にとってなくてはならないと言っても過言ではない定番調味料です。味噌汁はもちろん、おかずの味付けや風味付けにもよく使われますよね。日常的に使われる味噌ですが、実は間違った使い方や保存方法が多く見られます。今回は美味しさを損ねてしまう味噌のNGな使い方を紹介します。

味噌はアンチエイジング効果も!愛され続ける調味料

大豆と白みそ

味噌は日本人にとって古くから馴染みのある調味料です。朝食や夕食の汁物に味噌汁を、お肉に塗り焼くことで味噌焼きにすることもできます。様々な使い方ができるので、常にストックしているご家庭は多いでしょう。

また、「味噌は医者いらず」という言葉が言い伝えられるほど、味噌は健康効果も高いです。便通が改善されたり骨を強くしたりといった効能がある他、胃がんや乳がんのリスクを低下させるという調査結果も発表されています。

白味噌などの米麹を使った味噌であれば、シミ予防や美白効果といった美肌にも良いと判明しています。味噌は女性に嬉しいアンチエイジング効果も期待できる調味料なのです。

やってはいけない『味噌』のNGな使い方4選

米味噌をとぐところ

私たち日本人にとって馴染みがあり、日常的に使われている味噌ですが、当たり前だからこそ見落としがちなNGな使い方をやってしまいがちです。ここでは、間違った味噌の使い方や保存方法を紹介していきます。

1.味噌を溶かした状態で沸騰させる

日常的に味噌汁を作るご家庭は多いですよね。味噌汁を作る際、味噌はどのタイミングで入れていますか。もしも味噌を溶かした状態で味噌汁のお湯を沸騰させている場合は、今すぐやめましょう。

味噌は沸騰させてしまうと風味や香りが抜けてしまいます。味噌が持つ独特の旨味を飛ばしてしまう恐れがあり、せっかくの美味しさを半減させてしまうのです。

味噌の種類や入れた量によっては、味噌を入れた状態で沸騰させてしまうと、塩辛くなってしまうこともあります。日本食ならではの味噌本来の味を楽しむために、味噌はお玉の中でお湯と溶かしてから入れるようにしましょう。

もちろん、冷めたお味噌汁を温める際も沸騰させてはいけません。沸騰させる直前まで弱火でくつくつとじっくり温めてください。

2.濡れたお玉で直接味噌をすくう

パックに入った赤味噌

味噌汁を作る際、ついやりがちなNG行為に濡れたお玉で直接味噌をすくってしまう行為があります。

味噌を入れる前に具材をお湯に入れ、お玉を使って煮込む必要があるので、ついそのまま味噌をパッケージや容器からすくってしまいたくなります。しかし、すでに濡れた状態のお玉をパッケージや保存容器に入っている味噌につけてしまうと、保存されている味噌の劣化が早まってしまいます。

お玉についていた水分が保存されている味噌に付着してしまうことで、その後、保存中に味噌の水分量が増えてしまい、腐ってしまうのです。味噌汁を作る途中で味噌をすくう際は、必ず清潔なスプーンなどですくい、お玉に乗せましょう。

3.常温で放置する

味噌は熟成させる食品なので、常温で放置しても問題ないと思われがちです。しかし、常温で放置していると追熟が進み、通常よりも保存期間が短くなってしまう恐れがあります。また、香りや風味が抜けて美味しさが損なわれる原因にもなるため、常温保存はおすすめできません。

味噌は基本的に冷蔵保存や冷凍保存が推奨されています。これは、涼しい場所で保存することで、一定の品質を保つことができるからです。

「冷凍したら品質が悪くなったり凍ったりしないの?」と疑問に思う方もいるでしょうが、味噌は冷凍庫で保存しても凍りません。普段あまり味噌を使わず、減るスピードが遅いというご家庭は、冷凍保存が適しているでしょう。また、冷蔵保存する場合は、チルド室がおすすめですよ。

4.空気に触れた状態で長期保存

味噌

現在は味噌がパッケージに保存されて販売されているので、そのままパッケージで保存しているご家庭も多いですよね。その際、開けっ放しで保存することは絶対に避けてください。菌が入ったり、風味が抜けたりするため、品質が劣化してしまいます。

また「きちんと蓋を閉めているよ」という方が多いと思いますが、この場合、蓋と味噌の間にできる空間にも注意が必要です。開封後の味噌は、パッケージや容器の蓋との間に空間が生まれることが多いです。しかし、この空間に含まれる空気に触れることで、徐々に酸化が進みます。

最も良い方法は、味噌の上にラップをぴったりとかけ、その上から蓋をする方法です。ラップで空気と触れることを防げるので、酸化を防止することができます。

味噌の品質を保とう!正しい保存方法を解説

ラップで包んだ味噌玉

味噌は正しい方法で保存することで、品質を保ちながら長期間保存することが可能です。ここでは、味噌の品質を長持ちさせる正しい保存方法を見ていきましょう。

  • 味噌には空気が触れないようぴったりとラップをかける
  • 蓋はしっかり密閉する
  • 冷蔵庫のチルド室か冷凍庫で保存する

この3点を守るだけで、品質を長期間保つことができます。また、使う際は、必ず清潔なスプーンなどですくって使いましょう。常温放置もNGですよ!

味噌は沸騰させず先に溶かして風味を守ろう

味噌汁付きの朝ごはん定植

いかがでしたでしょうか。味噌は毎日のように作るご家庭も多いです。しかし、意外と注意を怠りがちなNG行為が習慣化していることも珍しくありません。味噌汁の風味や香りを守るためにも、正しい方法で調理、保存しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
味噌と大豆

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる