カーペットにコーヒーをこぼした時の対処方法!染み抜きから匂い消しまで

コーヒーを飲みながらくつろぐ時間って気分が良いですよね。本を読んだり、映画を観たり、スマホをいじったりしながらコーヒーを飲んでいるとき、ついカーペットにこぼしてしまうことあると思います。色があせてしまったり、形が崩れてしまったりするので、なかなかカーペットを気軽に洗濯機で丸洗いというわけにもいきません。そんな時、サッと素早くお手入れすることができる方法をお教えしたいと思います。

コーヒーをこぼしたカーペットのお手入れに必要な道具

カーペットにこぼしたコーヒーの汚れ落とし

  • よく吸収するタオル

まずは、この2つを用意しましょう。よく吸収するタオルですが、私のおすすめはマイクロファイバーのタオルです。100均でも購入することができますし、マイクロファイバーの雑巾もあるので、お掃除用に持っておくと便利です。その他にも使い古しのタオルをお掃除用に捨てずに取っておくという人もいらっしゃると思います。使い古しのゴワゴワなタオルってよく吸収しますよね。タオルは数枚用意し、お水はカップに一杯用意しましょう。

コーヒーをこぼしたカーペットのお手入れの手順

コーヒーをカーペットにぶちまけた現場

1.タオルでコーヒーを吸収する

コーヒーをこぼしてしまった部分によく吸収するタオルをかるく押し当てます。こぼしてしまったコーヒーを吸収するようなイメージです。タオルの面を変えたり、タオルを変えたりしながらどんどん吸収していきます。

2.水をつけてからタオルで吸収する

吸い取れなくなってきたら、コーヒーをこぼしてしまった部分に少しだけ水をつけます。そして、またタオルでかるく抑えながら吸収します。タオルにコーヒーの色がつかなくなるまで繰り返しましょう。

3.ドライヤーで乾かす

カーペットからコーヒーをしっかり吸い取ることができたら、ドライヤーを使って乾かしましょう。毛足の長いカーペットである場合には、毛同士が絡まってしまわないように注意しながら乾かしましょう。ブラシを使って梳かしながら行うと絡まり防止になります。

注意点

コーヒーをこぼしてしまったカーペットをお手入れするとき、やってしまいがちなのが「タオルでゴシゴシこする」です。こすって取ろうとするのは絶対にダメです。コーヒーの色素がカーペットにこびりついてしまいやすく、カーペットを洗っても落ちなくなってしまう可能性が高いからです。「タオルでコーヒーを吸い取る」ということを意識してお手入れするようにしましょう。

カーペットにコーヒーのシミができた時のお手入れ方法

コーヒーのシミ落とし

タオルで吸い取っても、さらに水をつけてからタオルで吸い取っても、どうしてもシミになってしまうことがあります。そんな時は「中性洗剤」を使って染み抜きができます。食器を洗うときに使う洗剤でOKです。

1.中性洗剤を薄めた水で染み抜き部分を叩く

まずは、カップに適量の中性洗剤と水を入れて薄めます。中性洗剤を原液のままカーペットにつけてしまわないようにしましょう。薄めた中性洗剤をタオルに染み込ませます。染み抜きをしたい部分をトントンと優しく叩くようにしてシミを取っていきます。

2.頑固な汚れには歯ブラシを使う

それでもシミが取れない場合には歯ブラシを使います。薄めた中性洗剤を歯ブラシにつけ、コシコシと優しくこすります。

3.染み抜き後に乾いたタオルで水分を取る

染み抜きができたら水をつけて中性洗剤を吸い取るようにタオルをかるく押し当てます。何度か繰り返して、中性洗剤をしっかり吸い取りましょう。仕上げにドライヤーで乾かせばおしまいです。

コーヒーをこぼしてしまってからすぐにお手入れすれば、目立つようなシミになってしまうことはありません。時間が経ってしまってからではクリーニングに出しても薄くシミが残ってしまうことがあります。こぼしてしまったらすぐにお手入れしましょう。

カーペットに残ったコーヒーの匂いを消す方法

カーペットの臭い落としに役立つ重曹

コーヒーはしっかり吸い取れたしシミにもならなかった。でも、コーヒーの匂いが残ってしまったということもあるでしょう。そんなときは重曹を使って匂いも消してしまいましょう。重曹には消臭効果があり、いろんな場所のお掃除に利用されていますよね。カーペットについてしまったコーヒーの匂いを消したいときにも有効的です。

カップに適量の重曹と水を入れて薄めます。薄めた重曹をタオルに染み込ませて、匂いがついてしまった部分をトントンと優しく叩くようにして匂いを取っていきます。コーヒーの匂いがしなくなるまで繰り返し行ってみてください。

匂いが取れたらドライヤーで乾かします。もし、乾かしてみて重曹の粉が残ってしまうようであれば、掃除機で吸い取ってください。

まとめ

コーヒーと本のくつろぎセット

カーペットにこぼしてしまったコーヒーは、すぐにタオルで吸い取ってしまえば、シミになったり、匂いが残ったりすることはほとんどありません。

シミや匂いの原因になってしまうのは、こぼしてしまったコーヒーを長い時間放置してしまうからです。こぼしてしまったらすぐにお手入れするようにしましょう。

すぐにタオルを用意することができない場合には、ティッシュやキッチンペーパーでも良いので、素早く吸い取るようにしましょう。