スーパーが混む時間帯は平日と休日で違う!便利なアプリも活用しよう

スーパーが混むイメージイラスト

スーパーが混む時間帯は何時くらいから何時くらいまでかわかりますか?このご時世人混みを避けて生活するためには日々のスーパーでの買い物の混む時間帯も考慮してできる限り密を避けなければなりません。今回は人混みを避けるためにスーパーが混む時間帯やスーパーが混む時間帯を調べる方法や混雑を避けるための対策について紹介します。

スーパーが混む時間帯

スーパーでレジ待ちするイラスト

平日の場合

平日のスーパーが混む時間帯は基本的には11時~12時と16時~18時です。

スーパーが混む時間帯の11時~12時はお昼ごはんを買いに来る人で混雑しやすくなっていて、スーパーが混む時間帯の16時~18時は晩ごはんの準備の買い物や仕事終わりに晩ごはんを準備するために買い物に来る糸が多くなっています。

但し、スーパーが混む時間帯の特売日だったりポイントアップの日の場合は1日を通して混雑しやすくなっています。

スーパーが混む時間帯の特売日の場合には数量限定で安く販売される商品もあるためスーパーが開店する前からお客さんが並んでいることがあるので、スーパーが混む時間帯は特売日の場合には開店から昼ごはんの終わる13時頃まではスーパーが混む時間帯と考えておくのが良いという結論になります。

また、高齢者が多い地域のスーパーでは開店直後が混む時間帯の場合もあります。

これは高齢者の方の生活スタイルが早朝から動きがある場合が多いので、ひと通りの家事が早い段階で終了しているため開店前にスーパーに並ぶということがあります。

その一方でお子さんがいる家庭の場合は、スーパーの開店時間は家で掃除や洗濯といった家事をしている可能性が高くなっているので開店時にスーパーへ出かけることは難しくなるのでお昼の時間に買い物に訪れると考えられます。

以上のことからまずスーパーが混む時間帯の11時~12時の間は混んでいると考えておきましょう。

またスーパーが混む時間帯の16時~18時の間は晩ごはんの準備の買い物に多くの方がスーパーに集まることになるので1日の中でも1番スーパーが混む時間帯だと考えられます。

《 ポイント 》

  • お住まいの地域や近隣住民の年齢層によってスーパーが混む時間帯は異なりますが、平日の場合11時~12時と16時~18時の時間帯は基本的に混雑しています。
  • 平日のスーパーの買い物で混む時間帯を避けるのでしたら13時から16時の間や19時以降の時間帯にスーパーに出かけることをおすすめします。

休日の場合

スーパーで買い物する家族連れ

休日はスーパーに買い物に出かけると家族連れが多くなるので基本的に人が多くなります。スーパーが混む時間帯の11時~18時までは混雑していると考えましょう。

大きなスーパーにはフードコーナーがあることが多く、家族連れで来店し食事をしてから買い物をするという流れになっていることもあるので、長い時間に渡って混雑していると言えます。

《 ポイント 》

  • コロナ禍によって現在はあまり行われていませんが、大型のスーパーではイベントを開催していることもあり、お昼前後の時間帯からスーパーが混む時間帯ですが、逆に家族連れのため遅い時間にスーパーに来ることがないため、19時を過ぎる頃になると一気に人が減ります。
  • 休日にスーパーで買い物と考えている場合19時以降にスーパーに出かけると混む時間帯を避けることができます。

立地条件別

駅前ロータリー

スーパーが混む時間帯は平日と休日以外でも、スーパーの立地条件でも異なります。

駅の近くのスーパーはこれまでに紹介した16時~19時の時間帯が混雑します。これはパート帰りの主婦も他の買い物客に加わるのでより混雑すると考えることができます。

駅の近くのスーパーと比較すると住宅街の中にあるスーパーは混む時間帯は分散されます。自宅からの距離が近くなるため必要になったときにスーパーに出かけるといったことや特売日以外では買い物をしないようにする人が増えるためです。

また、郊外のスーパーとなると大型店舗が多くなります。平日は近隣住民の利用がほとんどで比較的ゆとりがあるのでスーパーが混む時間帯と言っても余裕はありますが、休日になると少し離れた地域からも家族連れで訪れるので11時~18時まではスーパーが混む時間帯となってしまいます。

《 ポイント 》

  • スーパーは時間帯以外にもスーパーの立地によってスーパーが混む時間帯が異なります。
  • 駅前にあるスーパーは駅を利用する多くの人も利用するためスーパーが混む時間帯は長めになりますし、住宅街にあるスーパーは利用者も限られるので利用時間が分散されやすくなっています。
  • 郊外の大型店舗は平日は近隣住民の利用がほとんどでゆとりがありますが、週末は少し離れた地域からも家族連れで来店するのでスーパーが混む時間帯となってしまいます。

スーパーが混む時間帯を調べる方法

Google検索

混む時間帯を避けてスーパーに買い物に行きたいと考えた場合、事前に混む時間帯がわかればスーパーが混む時間帯を避けられるので便利ですよね?

スマホがあれば買い物に行こうとしているスーパーの混む時間帯を調べることができます。

Googleで検索する

これから行こうとしているスーパー名とお店地域名をGoogleで検索してください。

お店によっては表示されないこともありますが、検索結果に店舗名と住所に加えて営業中かどうかの表示に加えて訪問数の多い時間帯が表示されます。

スーパーの混雑時間

訪問数の多い時間帯が表示されない場合は画面を下にスクロールさせるか青丸印に下向きの矢印があるボタンをタップすれば表示されます。

訪問数の多い時間帯は青い棒グラフで混雑具合の傾向が表示されるので、そのグラフの短い時間帯を狙って買い物に行くことでスーパーが混む時間帯を避けて買い物をすることができます。

お買い物混雑マップを利用する

インターネットのwebサービスで「お買い物混雑マップ」というものがあります。

お買い物混雑マップ
・WEB :https://covid19.unerry.jp/
・アプリ:iPhoneAndroid

スマホでお買い物混雑マップを検索してサイトにアクセスするとスマホのGPSをオンにしていれば自分の今いる場所の地図が表示されてそこに混雑具合がわかる店舗が表示されます。

お買い物混雑マップ

その中から行こうと考えている店舗をタップして選択するとそのお店の直近1週間の混雑具合がわかる画面が表示されます。

お買い物混雑マップ時間表

赤く表示されている時間帯がスーパーが混む時間帯となるので、その時間帯を避けることでスーパーが混む時間帯を避けて買い物をすることができます。

《 ポイント 》

  • 最近はスマホの位置情報を利用してスーパーの人の流れをAIで解析し混雑状況をわかりやすく表示してくれるサービスによって行こうと考えている店舗の混雑具合を確認できるようになりました。
  • スーパーの事前に混む時間帯がわかっていれば混雑を避けることができるので活用してみましょう。

混雑しているスーパーを避けるための対策

ネットスーパー

スーパーが混む時間帯を避けて買い物をするための対策としては、店舗に行くことをしないでインターネットで買いたいものを選んで自宅に届けてもらうネットスーパーや生協などの通販を上手に活用するようにしましょう。

このようなサービスを利用することでスーパーに買い物に出かけなくても自宅まで必要なものを届けてくれるので混む時間帯にスーパーに買い物に行かなくても済みます。

また、買い物に行くとしても毎日買い物に行くのではなく、買い物回数を減らすためのコツを実践して混む時間帯にスーパーに行く回数を減らしましょう。

買い物回数を減らすためのコツ

1週間分の献立を決める

献立を買い物をしながら決めるのではなく、1週間分の献立を決めて買い物に出ることでまとめ買いをすることができるので、混む時間帯にスーパーに行く回数へらすことができます。

買い物メモを作る

スーパーに買い物に行く回数が増える理由のひとつに買い忘れです。必要だったものを買い忘れてしまった場合には再度買い物に行かなければならなくなってしまいます。

買い物メモを持ってスーパーに買い物に行くことで買い忘れは無くなりますし、無駄な買い物をしなくなるので節約にもつながります。

上手に冷凍保存

スーパーには食材によっては日持ちしないものもあるので、冷凍保存を上手に活用しましょう。

冷凍保存をするときは使うときのことを考えてまとめて冷凍するのではなく、1回で使用する量に小分けにしてから冷凍するようにしましょう。

《 ポイント 》

  • 混む時間帯のスーパーを避けるための対策で有効な方法はネットスーパーや生協などの通販の利用や買い物回数を減らすコツを実践してみましょう。
  • 通販で自宅まで届けてもらうことでスーパーに行く回数を減らすことができますし、買い物回数を減らすコツを実践することで買い物に行く回数を減らせるので混む時間帯にスーパーに行く回数を減らすことができます。

最後に

スーパーで買い物する夫婦

今回はスーパーが混む時間帯に関して、平日や休日の場合や立地条件による違いについて紹介しました。

スーパーが混む時間帯に買い物に出かけるとレジも混雑して待ち時間も増えてストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

スマホを利用してスーパーが混む時間帯を事前に調べて空いている時間帯に買い物に行くようにしたり、ネットスーパーなどの通販を上手に利用してスーパーが混む時間帯を避けて買い物をしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スーパーが混むイメージイラスト

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる