タオルの黒ずみがとれない!原因や落とし方から予防方法まで

洗濯をしているのに、普段使っているタオルをよく見ると、黒ずみがあり気になったことはありませんか?ちゃんと洗濯をしているのに、どうして黒ずんでしまうのでしょうか。きちんと洗っていても、タオルに黒ずみができてしまう原因や予防方法、できてしまった黒ずみの落とし方をご紹介します。

タオルの黒ずみの原因

洗濯かごに入ったタオル

カビや細菌の繁殖

お風呂上りに使用した湿ったままのタオルをそのまま置いておくと、湿った状態が長く続くことで黒カビが発生します。特に使用したタオルは、湿気だけでなく汚れもついているので、カビが繁殖しやすい環境になっています。さらに洗濯をする翌朝まで、そのまま放置しておくと、大気中の細菌がどんどん繁殖して、黒ずみの原因となります。洗濯機の洗濯槽に黒カビがついていたり、部屋干しなどで生乾きの状態にしたりすることも、カビや細菌の繁殖がすすみ、黒ずみの原因になるようです。

洗剤や柔軟剤をいれすぎ

洗濯をする時に洗剤や柔軟剤が多すぎることも、すすぎきれなかった洗剤が汚れとして残ってしまい、黒ずみに変化することがあります。また、柔軟剤を使うと柔軟剤でバスタオルの繊維がコーティングされてしまい、タオルの吸水性が弱くなったり、汚れが落ちにくくなったり、結果として黒ずみができやすくなるそうです。

汚れが落ちていない

洗濯物を洗濯機に詰め込みすぎると洗浄力が落ち、汚れをキレイに落とすことができなくなり、黒ずみができやすくなります。また、洗濯液に溶けだした汚れが、タオルなどの洗濯物に再付着することもあり、その汚れで黒ずみができることもあるようです。

他の洗濯ものからの色落ち

新しい洋服や、濃い生地や色落ちしやすい生地の衣類と一緒に洗うと、色移りがおこり黒ずみの原因となります。また、食べこぼしのある衣類や、汗が付いた衣類と一緒に洗うことで、それらの汚れがタオルに移り、黒ずみができることもあります。

タオルの黒ずみの落とし方

手洗い

漂白剤でつけ置き洗い

つけ置き洗いは、お湯に溶かした洗剤に浸けておく洗い方で、繊維に優しく黒ずみをとり除くことができます。漂白剤は、液体タイプより粉末タイプのほうが汚れを分解する力が強いのでおすすめです。

洗う手順

  1. タオルが入る大きさの入れ物を用意して、45度くらいのお湯1リットルに対し、酸素系漂白剤の粉末大さじ2杯をいれてよく混ぜます。お湯の温度が重要で、40度以下の温度では殺菌ができないので必ず40度以上のお湯を入れます。
  2. 1の中にタオルをいれて30分から1時間くらい放置します。この時、時間がたつとお湯の温度が下がるので、できたらお湯を継ぎ足しながら40度以上をキープすると効果的です。また、しっかりキレイにしたいと長く浸すのはかえって生地を傷めたり、色落ちの原因となったりしますので、長くても2時間以内にします。
  3. 漂白剤をよく洗い流してから、洗濯機で洗います。風通しの良いところに干して、タオルをしっかりと乾燥させます。

煮沸消毒、煮洗いする

沸騰した水

煮洗いする方法は、洗浄力がより高くなり、カビが繁殖してしまったタオルも消毒できるので、つけ置き洗いでキレイにならなかったり、黒ずみがひどかったりしたタオルは煮洗いがおすすめです。ただし、繊維にとても負担がかかるので、煮沸を長くしたり、タオルの状態によっては傷めてしまったりすることもあるので注意してください。また色、柄のあるタオルは色落ちの原因となるので不向きです。

洗う手順

  1. タオルが入るお鍋を用意して、タオルがかぶるくらいの水と粉石けんを入れて沸騰させます。粉石けんの量は、水1リットルに対して大さじ1杯程度です。
  2. 1の鍋が沸騰したら、タオルを入れて弱火で10分から20分ほど煮ます。途中、菜箸でぐるぐる混ぜながら煮洗いします。
  3. 煮洗いが終わったら菜箸などでタオルを取り出すか、冷めるまでそのまま置いておきます。取り出したタオルを洗濯機で洗い、風通しのよい場所でよく乾かします。

タオルの黒ずみを予防する方法

乾燥機とタオル

こまめに洗い、色の濃いものとは別に洗う

タオルに汚れ残っていたり、湿った状態で置いておいたりすると黒ずみができてしまうので、使ったタオルはこまめに洗いましょう。また、色・柄の濃いものと一緒に洗うことで色落ちすることがあるので、濃い色の衣類とは別々に洗うことをおすすめします。

洗剤の量を守り 柔軟剤は使わない

しっかりとキレイに汚れを落としたい、と洗剤を多く入れすぎると残った洗剤が黒ずみの原因になるので、洗剤は分量どおりで洗いましょう。黒ずみを作りたくないタオルは、柔軟剤を使うことも黒ずみの原因になるので、柔軟剤を使わないことをおすすめします。

洗濯ものを詰め込みすぎない

洗濯機の中に洗濯ものを詰め込みすぎると、汚れが落ちなかったり、洗剤が残ったりしますので、洗濯物は7割程度の量にします。また、お急ぎコースのように時間短縮できるコースではなく、標準コースでしっかりと洗うようにしましょう。

洗濯層の清掃を定期的に行う

洗濯槽の中にカビ菌があると、洗濯物に移って洗濯をしているのに黒ずみができます。洗濯槽の清掃を定期的に行い、清潔に保ちましょう。

まとめ

お風呂上がりに髪を拭く女性

洗剤の量や柔軟剤を使うことが、黒ずみの原因になるとは少し驚きました。タオルは毎日使うものなので、いつもキレイな清潔なタオルにしておきたいですよね。一番の予防は、湿ったままの時間をできるだけ短くすることのようです。予防方法を実践して、清潔なタオルを保っていきたいですね!