実はNGな『ネギの使い方』3選!ワカメとネギの味噌汁がダメって知ってた?

おかずや味噌汁で活躍するネギは、常にストックしているというご家庭も多いでしょう。しかし、意外と知られていないのが、ネギの間違った使い方です。今回は、そんなNGなネギの使い方を理由と共に解説しますので、今後の参考にしてくださいね。

多くの料理に使える健康食材『ネギ』

ネギは万能な食材

毎日の料理を作る上で、ネギは頻繁に登場する食材の1つです。味噌汁に入れたり、青い部分を小口切りにしてトッピングしたりと、多様な使い方ができる点も魅力ですよね。

また、健康に良い成分を多く含んでいることから、健康食材としても広く知られているネギは、1年を通して免疫力を高める作用があるため、風邪予防に良い食材として重宝されています。

健康を維持する万能食材『ネギ』が与える効能は?

健康食材でもあり、さまざまな料理に活用できる万能野菜『ネギ』には、具体的にどのような効能があるのでしょうか。ここでは、具体的に含まれている成分と効能を列挙します。

  • 硫化アリル…血行促進、疲労回復
  • βカロテン…皮膚細胞の維持、心筋梗塞予防、がん予防、免疫力向上
  • ビタミンK…骨粗しょう症予防
  • ビタミンC…コラーゲン生成、免疫力向上、鉄分吸収促進
  • カリウム…血圧上昇抑制、老廃物の排泄促進

このように、特に多く含まれている成分を挙げるだけでも、健康維持には欠かせない成分が多く含まれていることがわかります。特に、免疫力を高める作用や疲労回復効果が高い野菜なので、風邪を引きやすい季節には、積極的に摂取したい野菜です。

実はNGな『ネギの使い方』3選

実はNGなネギの使い方

多くの成分を含み、健康維持に欠かせないネギには、実はNGな使い方があることをご存知でしょうか。意外と知られていない間違ったネギの使い方をすることで、他の食材の栄養吸収を妨げてしまったり、本来吸収できるはずのネギに含まれる栄養分を吸収し損ねてしまっている可能性があります。

1.豆腐とワカメの味噌汁に入れる

豆腐とワカメの味噌汁にネギはダメ

皆さんは味噌汁の具材に何を入れていますか。ネギや豆腐、ワカメなど、ご家庭によって、入れる具材はさまざまですよね。前述したように豆腐やワカメ、ネギは味噌汁の定番です。そのため、多くのご家庭で入れることが多いのではないでしょうか。

しかし、実はネギと一緒にワカメと豆腐を入れるのはNGです。ワカメと豆腐は、ネギと相性が悪く、組み合わせることは栄養面から見ると推奨できません。

これは、ネギに多く含まれている硫化アリルとシュウ酸が関係しています。この2つの成分は、ワカメと豆腐に多く含まれているカルシウムの吸収を妨げる作用があります。そのため、組み合わせてしまうと、カルシウムを上手に摂取することができないのです。

これはあくまで栄養面から見たデメリットです。味には問題がありません。しかし、できることなら効率的に栄養を摂取したいですよね。他にも味噌汁の具材候補がある場合は、そちらを優先して入れるようにしましょう。

2.風邪の時にネギを首に巻く

皆さんは、「喉が痛い時にネギを首に巻くと良くなる」という噂を耳にしたことがありますか。最近ではあまり聞かなくなりましたが、一昔前までは『おばあちゃんの知恵袋』的な民間伝承として言い伝えられてきました。

しかし、すでにお気づきの方も多いとは思いますが、この行為に喉の痛みを緩和する効果はありません。むしろ、血流の悪化を促してしまい、悪化する恐れがあります。今でもこの噂を信じて実践しているという方は、今後は控えましょう。

3.長ネギの青い部分を捨てる

青い部分を捨ててはいけない

長ネギを使う際、白い部分だけを使っているという人は意外と多いです。葉の部分は、お湯に晒したりするとヌメヌメするため、「あまり使いたくない」と感じている人が多いことも影響しているでしょう。

しかし、長ネギの青い部分にこそ、多くの栄養素が詰まっています。最初にご紹介したネギに含まれる成分の中でも、βカロテンやビタミンCは、この青い部分に含まれているのです。つまり、女性に嬉しい美肌効果を得ることができる部分なんですよ!

また、「ヌルヌルしたぬめりが嫌」という声が多いですが、このぬめりは胃腸の粘膜を保護する働きがあるため、健康維持にも非常に効果的です。

ネギの正しい保存方法と保存可能期間

どう保存するべき?

多くの栄養素を持ち、青い部分の葉先まですべて食べることができるネギ。しかし、中には「すぐにシナシナになってしまう…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。ここでは、ネギの保存方法と、保存方法ごとの保存可能期間を解説していきます。

常温保存の場合

ネギは冬場に限り、常温保存が可能な食材です。常温保存した場合の保存期間は、約1週間程度なので、冬場1週間以内に使い切ることができるならば、常温保存でも問題ありません。

常温保存する際は、新聞紙などに包み、青い部分(葉)が上に来る状態で立てて保存します。一度刃を入れたネギは冷蔵保存しなければいけないので、その点にだけ注意しましょう。

冷蔵保存の場合

ネギを保存する際、多くの人が冷蔵保存しているでしょう。冷蔵保存する場合は、長ネギの適正温度を知っておく必要があります。冬野菜である長ネギに適した温度は0~2℃なので、冷蔵庫は最適です。

こちらも新聞紙などに包み、常温保存と同様に立てて保存する方法が好ましいです。しかし、そのままの状態では立てて保存することが難しいですよね。そのため、葉の部分と白い部分の境目を目安に2つに切った上で、同様に保存しましょう。

この方法であれば、常温保存よりも少し長めに保存することが可能です。日数を算出するならば、約10日間ほどを目安にすると良いでしょう。

冷凍保存の場合

冷蔵保存よりも長持ちさせたいという場合は、冷凍保存がおすすめです。冷凍保存であれば、ネギであっても約1ヶ月ほど保存することが可能です。

冷凍する場合は、適当な大きさにカットし、ジッパー付きの冷凍保存袋に入れ、空気を抜いた上で冷凍保存します。これだけで1ヶ月長持ちさせることができるので、冷凍庫に余裕がある方は、まとめ買いをして冷凍保存することをおすすめします。

しかし、ここで注意点が1つあります。冷凍保存したネギを使う際は、解凍せず、そのまま調理してください。一度解凍してしまうと、水気が出てしまい、シナシナになってしまいます。鮮度が失われてしまうため、解凍せずに調理してください。

便利食材『ネギ』を正しく活用して家族の健康に繋げよう

ネギは正しく活用すべし

いかがでしたでしょうか。今回はNGなネギの使い方や効能、さらに保存方法をご紹介してきました。特に、味噌汁に入れる具材の組み合わせは、多くのご家庭でやりがちなので、一度食材の組み合わせ相性を確かめてみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる