正しい厄払いの服装!守るべきマナーと注意点

厄払いの服装、迷いますよね。厄払いの服装には「これでなくてはダメ!」というルールはありませんので正装でなくても大丈夫ですが、最低限守るマナーはあります。この記事では厄払いの服装を選ぶときに最低限おさえておきたいルールやマナー、注意点などをご紹介したいと思いますので迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

厄払いに適した服装とマナー

スーツの男性2名と女性3名

厄払いの服装は、一般的に男性はスーツにネクタイ、女性はスーツやワンピースなどフォーマルなものが良いとされています。正装でなくても大丈夫ですが、派手な色や奇抜なデザイン、露出度が高い服装やジーパンなどラフ過ぎる服装は厄払いにはNGです。

女性の厄払いの服装はスーツやワンピース

スーツ姿の女性5人

女性の厄払いの服装はフォーマルなスーツかワンピースが無難ですおすすめです。フォーマルと言っても、きっちりした礼服、正装でなくても大丈夫です。スーツがなければ襟付きの服にスカートやパンツでもかまいません。ワンピースもお持ちの中でできるだけシックな色やデザインを選べばOKです。冬場はニットのツーピースでも大丈夫ですよ。

つまり、落ち着いた雰囲気の服装であればOKということですね。ストッキングの色は黒か肌色。色柄もののストッキングやタイツは厄除けの服装としてはNGです。着物でも大丈夫ですが、厄払いの祈祷は時間がかかる可能性もありますので着慣れない方はきついかもしれませんね。待ち時間が長いことも想定したら洋服の方が無難だと思います。

寒い冬は防寒の下着、厚めのタイツやストッキングを履いたり、カイロを持って行くなどがっちり防寒対策をしたほうがいいですよ。

厄払いにおすすめの靴

デザインや色は厄払いの服装に合った靴にしましょう。歩きやすいローヒールなパンプスがおすすめです。つま先が出る靴や高いヒールは厄払いの服装としてはNGです。

厄払いの服装は、シックな雰囲気のコーディネーションを心がけましょう。どうしても厄払いの服装が決められない場合や不安な時は、ご祈祷を受ける神社やお寺に直接聞いてみてはいかがでしょうか?きっと親切に教えてくれると思います。神社やお寺の中には普段着でOKなところもありますが、格式の高い神社やお寺では、ラフな格好ではご祈祷ができないことがあるようです。

厄払いの髪型

厄払いの前日、または当日の早朝に髪の毛を洗ってきれいにしましょう。神様が汚れた髪を嫌い厄払いできない可能性があるようです。髪形に特にルールはありませんが、清潔な印象になるようセットしましょう。

尚、髪の毛にはさまざまな念がこもりやすく、髪をきることで厄を切り落とす効果があるとされています。毛先をちょこっと切ってそろえるだけでも厄払いの効果はあるそうです。カットする髪の量では無く「切る」行為が重要だそうです。

服装のポイント

  • できるだけフォーマルな服装にする
  • シックなスーツかワンピースが適している
  • 派手な色や奇抜なデザインの服装はNG
  • 露出度が高いデザインの服装はNG
  • 普段着でもラフ過ぎる服装はNG
  • 靴下やタイツも派手な色や柄物はNG

男性の厄払いの服装はスーツとネクタイ

スーツの男性5人

男性の厄払いの服装は黒やネイビーやグレーなどシックな色のスーツが無難です。きっちりした礼服、正装でなくても大丈夫です。スーツが無い場合は、襟付きのシャツとシックな色のチノパンでもOKです。

厄払いのネクタイ

白いネクタイを結ぶ男性

スーツを着る場合は、白のネクタイがふさわしいとされています。もし白がなければ派手でないシックな色のネクタイにしましょう。

厄払いの靴

黒か茶色などのダークな色で無地の革靴が無難です。

服装のポイント

  • スーツにネクタイが適している
  • ネクタイは無地の白かシックな色が適している
  • 服装の色は黒やネイビーやグレーなどダーク系が良い
  • 襟付きのシャツにチノパンでもOK
  • 派手な色や奇抜なデザインの服装はNG

服装を決められず困った時は、ご祈祷に行かれる神社やお寺に問い合わせたほうが確実ですね。

付添いの厄払いの服装は厄払いする人に合わせる

両親と娘

厄払いでは、厄払いを受ける本人以外にご家族やお子様なども付添いとして厄払いを受けることができます。ご家族やお子様など付添われる方の厄払いの服装もできるだけフォーマルな服装をおすすめします。厄払いを受ける方の服装や印象にできるだけ合わせましょう。

お子様の場合、小学生未満はあまり意識しなくてもいいと思います。小学生以上はできるだけフォーマルな服装が無難ですが、ラフ過ぎる服装でなければあまり気を使わなくても大丈夫です。

厄払いにふさわしくない服装

サンダル 足 ×印

派手なアクセサリーやネクタイはNG

派手な色や奇抜なデザインのアクセサリーやネクタイはやめましょう。厄払いの服装に合うコーディネーションにするために、アクセサリーは小ぶりで上品なものがベターです。

短パンや素足はNG

厄払いの祈祷は神様や仏様にお願いするものですので、肌の露出が多い短パンは失礼な格好になりますので注意しましょう。

サンダルはNG

厄払いだけでなくご祈祷所にラフ過ぎるサンダルで行くのは失礼にあたりますので注意してください。

帽子やキャップは脱帽する

厄払い中は帽子やキャップなどの被り物はとりましょう。厄払いは「悪いことが降りかからないように守ってください!」というお願いですので神様や仏様に失礼の無いよう脱帽してください。

マフラーや手袋は外す

一般的に厄払いを受けるご祈祷所は本殿や本堂など室内ですので、マフラーや手袋などの防寒具を外すのは基本的なマナーです。コートも同様に脱ぎましょう。

厄払いに普段着で行くマナー

フォーマルな衣装の女性5人

「普段着」は人それぞれですが、Tシャツやトレーナーやパーカー、ジャージやスウェット、ジーパンや短パンなどは厄払いの服装としてはNGです。落ち着いた雰囲気の服装であれば普段着でも大丈夫です。シャツやパンツやスカートなどをチョイスする時はできるだけ上品な雰囲気にコーディネートしましょう。

神社やお寺のホームページに、厄払いの祈祷の服装について「平服でお越しください」と書いてあるところがありますが、「普段着でもいいですよ」ということではなく「正装でなくてもいいですよ」ということですので注意してください。

厄払いの服装の注意点

黒い靴下

清潔な靴下を履く

厄払いのご祈祷は一般的に本殿や本堂で行いますので、靴を脱ぐと考えて靴下やストッキングにも気を配りましょう。もし足の臭いが気になる方は、新しい靴下を持参し、ご祈祷所に行く寸前に履き替えることをおすすめします。

通常、ご祈祷は数人~数十人の方と一緒に行いますので、靴下の臭いでほかの方に迷惑をかけない為に注意しましょう。また、恥ずかしい思いをするのが毛玉。靴下に毛玉がついていると見栄えが悪くせっかくの厄払いの服装が台無しになってしまいますので靴下にも気を配りましょう。

シックな色をチョイスする

厄払いの服装は男女共に黒、紺、グレーなどの無地を選ぶのが無難です。スーツの場合は下に白いシャツを合わせましょう。神社やお寺のホームページで厄払いの服装について「華美ではない服装」、「露出の少ない服装」と紹介しているところもあります。

体をきれいに洗って清潔にする

厄払いの前日、または当日の早朝にお風呂に入って、体をきれいに洗って清潔にします。神様は不浄(不潔)なものを嫌うとされていますのでしっかりときれいにしてください。

まとめ

スーツの男女

厄払いの服装は特にルールはありませんがスーツで行くのが間違いないですね。神社やお寺によって服装に違いがあるようで、着物や正装が少ないところや、逆に正装でないとダメなところもありますので、特に格式がある神社やお寺には事前に服装を確認した方が安心ですね。厄払いは、有名な神社でなくても地元の神社で効果は十分だと言われていますので他の方の服装を見に行ってもいいかもしれませんね。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる