洗濯物を干す時のNG行為5選!夜に干すのはダメって本当?

洗濯物を干す時のNG行為

洗濯物は早く乾くことで生乾きのイヤな臭いや黒ずみができるのが防げます。ですが、干すときに正しくないNG行為があると、乾くのに時間がかかってしまいます。また、夜に外干しをするのはおすすめできません。洗濯物を干す時にしてはいけない5つのNG行為をご紹介しますので、間違った干し方をしていないかチェックしてみてください!

1.夜に外干しするのはNG

夜の洗濯物

虫が寄ってくる

カーテンから漏れる光で外に干している洗濯物には、蛾やゴキブリなど日が沈んでから活動する夜行性の虫が集まりやすくなっています。

さらに、白い洗濯物は虫の目には光って見えることもあるようで、白い服や綿・麻素材の服には特に虫が集まりやすく、卵を産み付けられてしまう可能性もあります。特に、自然が豊かな環境や庭のある戸建てで庭に干すのは注意が必要です。

防犯上のリスク

泥棒に狙われやすなどの防犯上のリスクがあります。泥棒は洗濯ものを見て「まだ帰宅していない」と勘違いすることもあるでしょう。さらに、外干しの洗濯物を狙った放火事件や下着泥棒など夜のほうが犯罪に巻き込まれやすい環境が整っています。

乾きにくい

季節によって条件は変わってきますが、夜は夜霧など日中より湿度が高くなりがちです。洗濯物は干している時間が長くなればその分、水分を含んだ状態が続くことで衣類に雑菌が繁殖しやすくなり独特のイヤな臭いが発生します。

また、急な雨の場合にも眠っていて気づかないと干しっぱなしになってしまう心配もあります。そして、集合住宅にお住まいの場合、夜間に洗濯機を使うことは洗濯音や振動に注意が必要です。

夜の外干しは日焼けによるダメージから衣類を守れるメリットもありますが、このような複数のデメリットを考えるとおすすめできません。

2.密集させる干し方はNG

たくさんの洗濯物

洗濯物は空気が流れることで乾きが早くなるため、密集させる干し方はNGです。たくさん洗濯物があるとき、ついぎゅうぎゅうに詰めて干してしまいがちですが、重なる部分が多いと生乾きや黒ずみの原因となります。

また、ピンチハンガーでは内側に長い洗濯物を干すのはNGです。中央に風の通り道ができるよう、タオルなど長い洗濯物は外側に干し、内側はできるだけ短い洗濯物を干すようにすると早く乾きます。

このように、中心部の洗濯物と床までの間に大きなスペースをつくるアーチ状の干し方がおすすめです。

3.タオルやズボンなど布が重なる干し方はNG

ハンガーにかけられたジーンズ

タオルやズボンなどを干す時、半分に折って布同士が重なるように干すのはNGです。この干し方は省スペースで干せますが、布同士が重なることで余計な水分が飛びにくく、内側は乾きにくくなります。

空気に触れる面積をできるだけ大きくして風に当てることが早く乾くコツなので、折って干す場合は、あえて長さが非対称になるようずらして干します。

または、ピンチハンガーでは長いほうをジグザグにして吊るす干し方や、ズボン用のハンガーで四隅を留めて干しましょう。このように、布同士が重ならないよう空気の通り道を作ってあげるようにしてください。

4.靴下のつま先を留めて干すのはNG

靴下のつま先を留めて干すのはNG

靴下はつま先を上にして干すのはNGです。洗濯ばさみのあとが付いてしまうため、ゴム部分の履き口を下にして、つま先に洗濯ばさみで留める人も多いかもしれません。ですが、つま先のほうを洗濯ばさみで留めて干すと、履き口に水分がたまりゴムの部分がなかなか乾きません。

そして、水分の重みで履き口が下に伸びてしまい、靴下の劣化が早くなることもあります。靴下は基本はゴムのほうを上側にして干しましょう。

5.部屋干しでカーテンレールに干すのはNG

カーテンレールに干されている洗濯物

部屋干しの際にカーテンレールに洗濯物を干すのはNGです。カーテンレールは洗濯ものを干すためのものではないため耐荷重の問題や、レールを留めているビスがダメになってしまう心配があります。

そして、湿った洗濯物がカーテンに触れると湿気がたまり、洗濯物が乾きにくいのは当然ですが、カーテンにカビが生えてしまうこともあるでしょう。

さいごに

天気のいい日に干されている洗濯物

日中、外出していると夜の外干しは便利ですが、虫が付いたり、防犯上のリスク、生乾き臭など気になる点はいくつもあるので干さないほうが良いでしょう。もし夜に洗濯物を干す場合は、扇風機やサーキュレーターなどを併用しながら部屋干しをするのがおすすめです。

また、風通しを悪くするのが洗濯物を干すときのNG行為です。干す時間帯だけでなく、干し方や干す場所も意識しましょう。

洗濯物を干す時のNG行為

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる