ガムを持ってるだけでNG?!日本では考えられない『海外の常識』6選

日本では当たり前だと考えられていることでも、海外に行くと「常識のない人」と捉えられ兼ねない行動がいくつもあります。今回は日本では考えられない『海外の常識』をご紹介していきます。海外旅行前の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

世界には日本では考えられない『常識』がある

世界地図

私たち日本人が、当たり前だと思って行っている仕草や行動が、世界では『非常識』として捉えられていることがあります。例えば、現在では『日本の文化』として認識され始めている『おじぎ』も、少し前までは海外の方が驚いていた仕草の1つです。

このように「なぜ日本人はそのような行動を見せるのか」という行動や仕草が多くあり、中にはその行動によって、「マナー違反だ」「非常識だ」と非難されたり、不快に思われたりすることもあるのです。

トラブル防止のため、海外旅行前にはその国の文化を知ろう

近年、多くの日本人が海外へ旅行するようになりました。比較的行き来しやすくなった海外ですが、その国独特の『常識』があることを忘れてはいけません。

日本では当たり前の行動であっても、海外では「非常識だ」と思われてしまったり、あるいは「侮辱だ」と不快感を示されたりすることで、トラブルになるケースもあります。

誰でも、せっかくの海外旅行をトラブルによって台無しにしたくありません。そのため、海外旅行前には、行き先の国で『常識』『非常識』とされている文化を少しでも勉強しておくと安心です。

日本では考えられない『海外の常識』6選

世界の国旗

ここでは、日本で当たり前であっても、海外では「非常識」とされてしまう『海外の常識』をいくつかご紹介していきます。これから海外旅行を検討しているという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.【シンガポール】ガムを持ち込む

ガム

日本では当たり前のように噛む人が多いガム。しかし、シンガポールではガムを噛むことを禁止しています。正確に言えば、シンガポールへガムを持ち込むこと自体が違反となり、罰金の対象となるのです。

これは以前、シンガポール国内で、噛んだガムを公共のあらゆる所に付けてしまうイタズラが頻発したことで、『ガムを噛む』『持ち込む』ことを禁止する法律が定められたと言われています。

2.【フランス】人前で鼻をかむ

鼻をかむ女性

日本では、鼻をすする行為は比較的当たり前のように見られる光景です。しかし、世界のあらゆる国で、鼻をすする行為はマナー違反として捉えられていることをご存知でしょうか。

特に、フランスでは人前で鼻をすすることはもちろん、人前で鼻をかむ行為がマナー違反とされています。人前でティッシュを使い鼻をかむことは、フランスでは「育ちが悪い人」とアピールすることでもあるのです。

日本では当たり前のように見られる行為ですが、それを海外で行ってしまうと、「育ちが悪い」と捉えられてしまうため、海外では慎みましょう。

3.【アメリカ】腕を組む

腕を組む女性

日本との友好国でもあるアメリカは、日本からも多くの人が旅行する国です。そんなアメリカでは、腕を組むことがNGとされています。これは「偉そうにしている」という印象を与えるだけでなく、「敵意がある」と見なされることがあるからです。

旅行先で、周囲の人に不快感を与えたり、嫌悪の表情で見られるのは気分が悪いですよね。「どうしてあんなに偉そうにしているのかしら」と思われる前に、腕を組まないよう意識しておくと、お互い気持ち良く過ごせるでしょう。

4.【イギリス】裏ピースをする

裏ピース

若い人を中心として、写真を撮影する際にピースをする文化は世界中で見られます。しかし、このピースサインは、一歩間違えると「侮辱」として捉えられることもあります。

イギリスでは、ピースサインを裏返した『裏ピースサイン』と呼ばれるポーズが、「侮辱」を意味するポーズとされています。そのため、公共の場でこのポーズを考え無しに行ってしまうと、「常識のない人」と捉えられ兼ねません。

現地の人に写真を撮ってもらえるようお願いした際、間違ってこの裏ピースをしてしまうと、「侮辱された」と勘違いされ、トラブルに発展する可能性も0ではありません。

裏ピースに関しては、イギリスだけでなく、オーストラリアなどでも同様の意味を持つため、海外旅行先では控えるべきでしょう。

5.【ドイツ】手を挙げて店員を呼ぶ

手をあげる

日本の飲食店内で、ごく当たり前に見られる手を挙げて「すみません」と店員さんを呼ぶ行為です。実は、ドイツの飲食店などでこのポーズをとってしまうと、現在はマナー違反となってしまいます。

指を伸ばして手のひらが見えるよう相手に向け、右手を挙げる行為は、第二次世界大戦中のヒトラーを彷彿とさせる行為に当たります。当時は、ヒトラーへの忠誠心を掲げる際に、このポーズをとっていたからです。

そのため、現在もドイツでは、手の指を伸ばして挙手するポーズは厳禁とされています。店員さんを呼ぶ際は、人差し指のみを立てる方法が一般的です。

6.食器を持ち上げて食べる

食器

これは日本以外、全世界で共通する『常識』です。日本では、直径15cm以内のお皿は手で持ち、食べ物を口に入れやすいようにするという方法がマナーです。しかし、日本以外の国々では、真逆であることを覚えておきましょう。

日本以外の国々では、食器を持ち上げて食事をすることは、マナー違反となります。「お行儀が悪い」「育ちが悪い」と思われてしまうため、旅行先での食事中は意識して控えるようにしましょう。

『海外の常識』を理解して楽しい海外滞在を満喫しよう

旅行を楽しむ女性

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した『海外の常識』の他にも、料理はすべて食べない、マスクをしないなど、日本には無い『常識』が多く存在します。海外旅行する際は、事前に滞在先の国の『常識』を調べておくと安心ですよ。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる