寝室におすすめの観葉植物はどれ?種類別の効果や風水的な意味

寝室に観葉植物を置くのって、お洒落で憧れますよね。しかし、観葉植物を寝室に置くのは手入れが大変そうで手が出ないという印象を持たれている方もいるかもしれません。実は、観葉植物は種類によってはほとんど手入れいらずで、あまり日光の差さないところに置いても丈夫に育つものがたくさんあるのです。そこで今回は、寝室におすすめの観葉植物を紹介したいと思います。寝室に観葉植物を置けばインテリアにもなりますし、ぜひこの記事を参考にトライしてみてください。

寝室に観葉植物を置きたい!でもどれがいいの?

寝室と観葉植物

みなさんは、寝室に観葉植物を置いていますか? 観葉植物はインテリアにもなるし、置くだけで癒しの空間にもなるのでオススメです。しかもそれだけでなく、寝室に観葉植物を置けば風水的にもいい影響を受けられます。今回は、寝室に観葉植物を置くことのメリットなどを紹介しつつ、オススメの種類などを紹介していきたいと思います。

寝室の観葉植物の選び方

3つの観葉植物

インテリアとして楽しむために選ぶ

風水的な意味合いをそこまで気にしないなら、インテリアを重視して観葉植物を置くようにしましょう。そこにあるだけでリラックスできたり、寝室がオシャレな空間に早変わりするようなお好みの観葉植物をチョイスしましょう。「この植物を置くのは風水的に良くない」というようなことはありませんのでご安心ください。

ただし、その植物が「耐陰性」かどうかは気に掛ける必要があります。四六時中日光を浴びていなければならない植物は、寝室に置くのはあまり向いていません。置くにしても、日光の差す方角に置いたり、移動させて日光浴をさせる工夫が必要です。それが面倒なら、日陰でも育つ「耐陰性」の観葉植物がオススメです。

風水を意識して観葉植物を選ぶ

風水は、家の環境がその人の運勢を左右すると考える“環境学”です。玄関、リビング、キッチン、トイレ、風呂場など、それぞれに意味があります。そんな中で寝室は、長い時間その空間に居続ける場所なので、「良い気」をいかに作り出すかが大切になります。だからこそ、風水を重視する場合は、「良い気」を生み出す観葉植物を置くようにしましょう。

種類別!寝室におすすめの観葉植物

アンスリウム

アジアンタム

耐陰性の観葉植物の代表的存在。それがアジアンタムです。この植物は光に弱く、強い日光などに当てられると、あっという間に葉が枯れてしまいます。まさに寝室向きの観葉植物と言えるでしょう。ハーブのような可愛らしい葉がオシャレ。置き場所は寝室の窓から遠い場所がオススメです。風水的には、仕事、恋愛、人間関係に良い影響を与えると言われています。

青年の樹

「ユッカ」とも呼ばれる耐陰性の観葉植物。あまり日光の差し込まない場所でも管理が容易なのが特徴です。たまに日光浴をさせれば枯れることはありません。風水的には、仕事運、悪い気を祓う効果があります。

ヘデラ

別名「アイビー」という観葉植物です。耐陰性があるのでどこに置いても大丈夫。日の当たる場所に配置すれば、より元気に育ってくれます。葉っぱのついたツタがとてもオシャレ。ツタは下に伸びる性質があるため、高いところに置いたり、天井に吊るすなどすればインテリアとして抜群です。結婚運、恋愛運、人間関係に風水効果があります。

ポトス

こちらもまた、葉が下に向かって成長するタイプの観葉植物です。寝室のお好みの場所に置いて楽しみましょう。空気をキレイにするパワーがあるので、空気がこもりがちになる寝室にはとてもオススメです。仕事運、金運、悪い気を祓う風水効果があります。

アンスリウム

女性に人気の観葉植物といえば「アンスリウム」。ハート型の葉っぱと可愛らしい花がチャーミング。もともと日光を好む植物ですが、耐陰性も兼ね備えているのが嬉しいところ。綺麗な花を咲かせたいなら、窓際に置いたり、定期的に日光浴をさせてあげましょう。風水的には、人間関係、恋愛運、結婚運などの効果があります。

サンスベリア

上に向かって真っすぐと伸びる葉が特徴の「サンスベリア」。管理が簡単なので、観葉植物として高い人気があります。品のある見た目が寝室向きですね。空気清浄効果もあるのでオススメです。風水的には、仕事運、人間関係運、悪い気を祓う効果があります。

モンステラ

ほっそりとした茎と、ふっくらとしたハート型の葉が特徴の観葉植物です。耐陰性ですが、間接照明程度の明かりを当てれば上手に育ってくれます。風水的には、人間関係、結婚運、恋愛運、金運などの効果があります。

幸福の木

有名な観葉植物。みなさんも一度は名前を聞いたことがあると思います。耐陰性ですが、定期的に日光浴をさせないと弱ってしまうので要注意。人間関係、仕事運などの風水効果があります。

風水の効果別!寝室におすすめの観葉植物

パキラ

仕事運が上がる観葉植物

青年の樹(ユッカ)

花言葉は「勇壮」で、この観葉植物には前向きなイメージがあります。伸び伸びとした茎や葉は、「成長」と「発展」を象徴しています。

パキラ

風水の観葉植物としてとても人気の高いパキラ。風水的に「良い気」を出す植物として知られています。仕事運の他にも金運アップも兼ねているのが嬉しいですね。

金運が上がる観葉植物

パキラ

英語で「Money tree」とも呼ばれるパキラ。金銭的な運勢を高める効果があると言われています。すくすく育つパキラは、商売繁盛の象徴。仕事運と合わせてかなりオトク。ぜひとも寝室に欲しい植物です。

金のなる木

日本人にも馴染みのある観葉植物。金運の象徴です。ただし、金のなる木は日光を好むため、日の差し込む窓際に置くようにしましょう。

モンステラ

お金の貯まる観葉植物として知られています。「最近、お金を使いすぎているかも……」という方にオススメです。

結婚や恋愛運が上がる観葉植物

モンステラ

またまた登場のモンステラ。金銭運の他にも、恋愛や結婚を成就させる風水パワーが秘められていると言われています。

ワイヤープランツ

結婚運アップの観葉植物「ワイヤープランツ」。たくさんの小さな葉がついたツタがとてもオシャレ。日光を好むので窓際などに置くようにしましょう。

寝室の観葉植物をさらに効果的にするには

窓際の観葉植物

空気が滞留しやすい部屋の角に置く

もともと風水は、「良い気」と「悪い気」のめぐりを重要視するものです。なので、空気の流れが良くない場所は、「悪い気」がこもりやすいと考えます。寝室の観葉植物は、そうした空気の淀みを防ぐには最適なのです。

植物の呼吸が空気の入れ替わりを促してくれます。部屋の角に観葉植物を置けばインテリアにもいいので一石二鳥です。角テーブルの上に置くのもいいですし、白い陶器鉢に植えた植物をそのまま置くのも悪くないでしょう。

窓際に観葉植物を置く

観葉植物がすくすく育つことは、運気の上昇を暗に意味します。元気のない植物は風水パワーも半減してしまうでしょう。もしもその観葉植物が日光を好む性質なら、優先的に窓際に置くようにしましょう。

長く過ごす寝室だからこそ、観葉植物にもこだわりを

枕もとの観葉植物

今回は、寝室にオススメな観葉植物について取り上げました。参考になりましたか?風水を意識するのか、インテリアにこだわるかによって、みなさんお好みの観葉植物を寝室に置きましょう。

ただし、手入れが面倒だからといって「造花」を置くのは避けてください。“生きていない”植物は、「良い気」に何の影響も及ぼさないばかりか、かえって良くないとさえ言われています。どうせ寝室に置くなら、やはり生きている植物のほうがいいですね。

その観葉植物が日光を好むのか日陰を好むのかに注意しながら、配置などを考えてみてください。観葉植物は初心者さんでも手軽に扱えるので、けっして難しくはないはずです。楽しい観葉植物ライフを送ってくださいね!

ベッドと観葉植物

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる