風水学!テレビの配置で運気は変わる吉方位に設置しよう

風水的にテレビを置くと運気があがるとされている位置があります。風水の世界では、テレビなどの家電製品は「気」を乱すものと位置付けられています。ご家庭ではテレビをリビングに置いている人がほとんだと思いますが、テレビの設置場所を変えることによって様々な運気を上昇させることが出来ると考えられています。反対に、ここにしか置く場所がない!という場合は運気を逃がしてしまう心配もあります。今回は、風水的なテレビを置く位置と対処方法について詳しくご紹介していきます。

風水的にテレビを置くと良い吉方位

風水学!テレビの配置で運気は変わる

風水学では、テレビは東側か南側に置くのが効果的と考えられておりますが、部屋のどこに入り口があるかによって悪影響を及ぼす事もあるので注意しなければいけません。

ベストは「東」や「南東」

風水で効果のあるテレビの配置

風水ではテレビをどの位置に置くのがいいかと言えば「発展運」「仕事運」などを助ける「東」「南東」に置くのがベストです。これは家の中の風水の常識といってもいいでしょう。

太陽は東から昇りますから、風水では東側にテレビを置くことで、

  • 発展運
  • 仕事運
  • 健康運
  • 貯蓄運

に影響を与えてくれる方角と考えられています。

また、東に当てはまる『三碧木星』は、

  • 意欲
  • 発展
  • 迅速性

を司りますので、テレビが持っている「気」を乱すパワーが、方位の持つ運気と噛みあって良い方向に動き出します。

また、風水的にテレビだけでなく、パソコンも東側に置くと良いとされています。この方向に情報機器や通信機器などを置くことによって、運気を上昇させることが出来るのです。

そして情報機器や通信機器の近くに、インテリアの一部として観葉植物をレイアウトすることで、テレビの強い電磁波を緩和し、健康運を守ってくれるそうです。

入り口の方位によって「南」に置く

テレビだけに限らず、これはパソコンや電話など、情報機器や通信機器全般で言える事なのですが、南に置いたほうが良い運気をアップしてくれる場合があります。というのも、どこに入り口があるかによって、テレビなどの情報機器を置くべき位置が変わってくるのです。

音が出るものは東側に置くと良いとされていますが、入り口の位置によって効果が変わってきます。例えば、入り口が「北西」にある場合、東は凶方位となってしまうので、「西」にテレビを置くことで良い縁を誘い込むことが出来ます。

また、入り口が「東」にある場合は、「南」にテレビを置くことが良いとされていますので、設置するお部屋の入り口も考えた上で置く場所を決めましょう。

風水的にテレビを置くと悪い凶方位

風水学!テレビの配置で運気は変わる

1.テレビとソファの位置関係に注意する

リビングは家族が常に集まるとても大切な場所です。家族団らんとしても、ソファに座ってのんびりと見られるような位置にテレビを配置している人がほとんどですよね。でも、テレビをリビングに置く時に気をつけてほしいのはソファの位置です。

東側にテレビを置いて西側にソファを置くという配置だと、東が本来持っている「発展運」をうまく活かせているため、風水的にも間違いではありません。

ですが、家族の注意がテレビに集中しすぎるというデメリットがあります。そのため、可能であれば少しずらして、斜めからテレビを見られるようにしたり、少し小さめのテレビのサイズを選んだりすることで、コミュニケーションを大切に出来るリビングを作ることができます。

2.太陽の光が当たらないようにする

リビングにテレビを置く時には、窓との位置関係を考えることも必要です。風水では太陽光がテレビに直接当たることは、外から入ってきた気を跳ね返してしまうと言われています。また、風水のことだけに限らず、画面が見づらくなるという感覚の問題もあります。

窓から入ってくる太陽光がテレビの画面に直接当たってしまうような位置に、テレビがあると、その光によってテレビがうまく見えず、ストレスの原因にもなりますし、目自体に悪影響を及ぼし、健康面においてもよくありません。

3.ホコリが溜まりやすい場所

こまめに掃除して汚れやホコリが溜まらないようにしましょう。汚れている場所というのは風水上、運気を逃がしてしまう事に繋がります。これは風水では当たり前のことであり、常識と言っても過言ではありません。

もちろん、テレビを置いている場所にも言える事ですので、汚れやホコリが溜まらないように定期的に掃除するよう心がけましょう。

寝室にテレビを置く場合には、自分が寝ている姿がテレビに映らないような場所にテレビを置いてください。これは、気が吸い取られてしまうという考えの他に、電磁波や磁器というのはやはり健康上、あまり良いとは言えないという理由からなのでしょう。

風水的にテレビの周りに置くと良いとされるもの

風水学!テレビの配置で運気は変わる

優しい色や曲線のあるものを置く

テレビを置く時にはテレビの色にも気をつけてください。テレビの色は真っ黒かシルバーが多いですよね。ですが、この黒という色は、風水ではあまりおすすめできないカラーなのです。
そのため黒のテレビなら、優しい色や柔らかさをイメージする曲線のあるオブジェを周囲に置いて補うことが大切です。

観葉植物を置く

観葉植物をテレビの近くに置くことで、植物の気がテレビの強い電磁波を緩和し、住んでいる人たちの健康運を守ってくれると言われています。

揺れるものを置く

揺れるような可愛い小物などをテレビの近くに置いたりすることで、テレビの強い気を和らげてくれると言われています。

曲線や揺れるものというのは、風水的に恋愛運のアップにも効果がありますので、テレビを置く時にはうまく組み合わせて配置するとよいでしょう。

良い方角に置けない場合の対処方法

風水学!テレビの配置で運気は変わる

部屋の広さ、インテリア、配線などの問題で、風水的に良い東の位置にテレビを置くことができない場合がありますよね。

西にしか置けないとか、南にしか置けない、無理に置いても窓の位置で太陽光が直接あたってしまったり、そもそも置き場所がなかったりと、思うようにしっくりと東に置けないケースも多いと思います。

だからといって諦めるのはまだ早い!そんな凶方位に置くしか方法がない場合の、影響や対処法をご紹介しましょう。

電化製品全般に言えることなのですが、それらは「雷鳴」「音響」の象意を持ち、テレビはもちろん、三碧木星(東)の属性になります。風水ではそれぞれの象意にあったアイテムを置くことで運気が好転します。

実はテレビはその影響が大きく、次々に切り替わる映像や雑多な音も含めて、置いた場所の「気」を乱してしまうアイテムなのです。

なぜ「テレビは東に置くのがよい」と言われるのかというと、相性の良い「東」に置くことで、乱れがちな「気」が、良い方向に働いて、なおかつ安定すると考えられます。逆に、相性の悪い方角にテレビを置くと、その方位が司る運気を乱してしまうのです。

「北」にテレビを置く場合

「北」にテレビを置く場合は、水晶やアメジストのクラスターなどを周囲に置くことで気の安定を図ると良いでしょう。風水的には観葉植物を置くことで、より効果的に働いてくれる方位が北です。

「北東」にテレビを置く場合

「北東」は鬼門とも呼ばれる位置ですので、ここにテレビを置くのはおすすめできません。「北東」は『八白土星』土の気を持つ方位ですので、木気とも土気とも相性の良い「金気」属性のものを取り入れましょう。

星の形のついたアイテムを飾ったり、テレビのまわりに高級感のあるインテリアを置くことで、気の乱れが中和されます。

「南西」にテレビを置く場合

「南西」が当てはまる『二黒土星』も、北東と同じく土気の方位です。テレビを置くことで家庭内でのトラブルが心配される方位なのですが、影響が出やすいのは特に女性です。

対処法としては、北東と同じく、金気を取り入れるのがベストです。星形のアイテムや高級感のあるインテリアでも、特に女性らしさや柔らかい印象のものを意識するとよいでしょう。

「西」にテレビを置く場合

「西」は七赤金星、喜びの方位と言われていて、ここにテレビを置くと、テレビが面白くて離れられず、無駄な時間を過ごしがちなり、ゲーム廃人になるなど自堕落な方向に引っ張られるというような悪影響が出ます。

それでもここにしか置く場所がないというときの対処法は、水気で中和させる方法です。液体の入った明るい色のビンの飾り、お酒のコレクション、水を連想されるアイテムが当てはまります。透明度の高い水晶もおすすめです。

最後に

風水学!テレビの配置で運気は変わる

テレビは普段何気なく目にしていますが、風水ではテレビに適した位置があることをおわかりいただけたでしょうか?どこのご家庭にも一台は必ず置いてあるテレビは、設置場所を変えるだけで運気を上昇させることが出来るアイテムなのですね。

風水でテレビを置く位置がどんなに大切かを理解していただき、ご自宅のテレビの位置を今一度見直してみて下さいね。

風水学!テレビの配置で運気は変わる

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる