玉ねぎを美味しく冷凍する方法とコツ!

玉ねぎを飴色になるまで炒めるとカレーがおいしくなる、という情報はよく耳にしますよね。しかし、飴色になるまで玉ねぎを炒めるとなれば、かなりの時間がかかります。そこでおすすめなのが、冷凍玉ねぎ。玉ねぎを冷凍することで、玉ねぎの繊維が破壊されて甘みが増し、あっという間に飴色になります。また玉ねぎを冷凍保存しておけば、調理のたびに玉ねぎが目にしみて涙がでる、といったわずらわしさからも解放されます。この記事では、玉ねぎの冷凍のやり方や保存期間、解凍方法、調理法などについて解説します。ぜひ参考にして、調理の際に役立ててくださいね。

玉ねぎの冷凍保存の方法

玉ねぎのスライス

玉ねぎを冷凍するときの「切り方」と「保存方法」には、ポイントがあります。ポイントをしっかりおさえて冷凍保存することで、解凍して調理したときに数段おいしくなります。

玉ねぎを冷凍するときの切り方

冷凍保存するときの玉ねぎの切り方は、おもに以下の2通り。

  • スライス
  • みじん切り

用途別に、スライスとみじん切り両方の冷凍玉ねぎを準備しておくといいですよ。では、それぞれの切り方のポイントを見てみましょう。

冷凍する玉ねぎスライスのポイント

カレーや煮込み料理に使う場合、薄くしすぎると玉ねぎの形がなくなり、水分が多く出てしまいます。ある程度玉ねぎのかたちを残すためも、厚めのスライス(5mm~1cm位)にするといいでしょう。手作りのカレーペーストやソースとして冷凍のスライス玉ねぎを使う場合は、薄くスライスした方が使いやすいです。

冷凍する玉ねぎのみじん切りのポイント

冷凍用のみじん切り玉ねぎは、通常よりも粗めにするといいでしょう。スライスと同様、冷凍のみじん切り玉ねぎも、調理法によって粗いみじん切りと細かいみじん切りの2種類を冷凍しておくと便利です。

玉ねぎを冷凍保存するときのコツ

カットした玉ねぎは、以下の3つのコツを意識して冷凍保存してください。

  • 小分けにして保存する
  • 包むときに空気が入らないようにする
  • アルミ製のトレイにのせて冷凍庫に入れ急速冷凍する

小分けにして冷凍保存することで、少しだけ使いたいときに便利です。また、たっぷり冷凍玉ねぎを使いたいときには、調理しながら解凍がしやすくなるので、小分けの方が調理時間を短縮できます。さらに空気が入らないようにパックし急速冷凍すれば、風味をそこなわずに冷凍保存できますよ。

玉ねぎを冷凍保存する手順

  1. ラップを広げ、カットした玉ねぎを中心にのせる
  2. 空気が入らないように、ピッチリと玉ねぎを包む
  3. ラップに包んだ玉ねぎを、空気を抜きながらジップ付きのフリーザーパックに入れる
  4. 冷凍庫に入れる

玉ねぎを購入したら、いくつかは冷凍保存しておくといいでしょう。

冷凍玉ねぎの保存期間

白玉葱

冷凍玉ねぎは、だいたい1ヵ月の保存が目安です。冷凍だから日持ちするといっても、長期にわたる冷凍保存はおすすめできません。あまりに冷凍保存しすぎると、冷凍庫の匂いがつき風味が悪くなります。遅くとも2ヵ月以内には使い切るようにしましょう。

冷凍玉ねぎの解凍方法

玉ねぎのみじん切り

冷凍玉ねぎをスープや煮込み料理で使う場合、解凍せずに凍ったまま調理に使うのがベストです。解凍して使う場合には、半解凍にとどめましょう。完全に解凍するとべちゃっとして、食感がまったくなくなってしまいます。レシピによっては、半解凍が適したものもあります。

冷凍玉ねぎを半解凍して調理する料理

冷凍玉ねぎを半解凍して調理するのに適した料理は、以下の通りです。

  • ハンバーグ(タネに使用)
  • タルタルソース
  • サルサソース
  • ドレッシング

玉ねぎの歯ごたえを残したい料理の場合は、半解凍が向いています。自然解凍か電子レンジで半解凍しましょう。ただし冷凍玉ねぎを半解凍したら、水気をふきとってから使うようにしてください。

冷凍玉ねぎのおすすめの調理法

オニオングラタンスープ

玉ねぎを冷凍すると、解凍したときに歯ごたえがなくなります。なので炒め物よりも、じっくり火を通す煮込み料理などに適しています。玉ねぎは火を通すことでメイラード反応という変化が起こり、抗酸化作用が高まります。抗酸化作用は活性酸素を除去するはたらきが期待できるので、健康のためには玉ねぎを積極的にとり入れるべきです。ここで、冷凍玉ねぎを使ったおすすめの調理法を紹介します。

冷凍玉ねぎのオニオングラタンスープ

オニオングラタンスープは、冷凍玉ねぎを使えば簡単に作れます。あっという間に本格的なオニオングラタンスープが仕上がるので、ぜひお試しあれ!

材料(1人分)

  • 冷凍玉ねぎスライス・・・玉ねぎ1/4個分
  • ベーコン(なければハムでOK)・・・1~2枚
  • コンソメ・・・小さじ1
  • 水・・・300cc
  • バター・・・5g
  • ミックスチーズ・・・お好みの量
  • フランスパン・・・スライスしたフランスパン(厚さは1cmほど)
  • 塩・コショウ・・・少量
  • オリーブオイル・・・少量

作り方の手順

  1. フライパンにオリーブオイルと、凍ったままの冷凍玉ねぎスライスを入れる
  2. 玉ねぎが飴色になるまで炒める(5~6分程度)
  3. 2に、お好みの幅にカットしたベーコンを入れる
  4. さらにコンソメと水を加えて、沸騰するまで煮込む
  5. 塩とコショウで、味を整える
  6. 小さめの耐熱容器に出来上がったスープとバターを入れて、軽くトーストしたフランスパンをのせる
  7. フランスパンの上に、ミックスチーズをまぶす
  8. オーブントースターに入れて、チーズにこんがり色目がつくまで焼けば出来上がり

オニオングラタンスープは調理が難しいイメージがありますが、冷凍玉ねぎを使用すれば、思った以上に手軽に作れます。

冷凍玉ねぎのミートソーススパゲッティ

ミートソースも、冷凍のみじん切り玉ねぎを使えば、超簡単!たっぷり玉ねぎのおいしいミートソースの作り方を紹介します。

材料(1人分)

  • 冷凍の玉ねぎみじん切り・・・玉ねぎ1/4個分
  • 合挽き肉・・・100g
  • にんにく・・・1/2かけ
  • ホールトマトorトマトピューレ・・・1/2缶
  • 水・・・おおさじ3
  • コンソメ・・・ひとつまみ
  • 塩・コショウ・・・少量
  • スパゲッティ・・・80g
  • オリーブオイル・・・少量
  • 粉チーズ・・・適量

作り方の手順

  1. 鍋に水をはり、沸騰させる
  2. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて香り立つまで炒める
  3. 2に凍ったままの冷凍玉ねぎと合挽き肉を加えて炒める
  4. 合挽き肉に火が通ったら、塩・コショウ・コンソメを入れる
  5. ホールトマトと水を加えて、水けがなくなるまで煮立たせる
  6. スパゲッティが茹であがったら、ザルに上げる。このときに、麺がくっつかないよ
  7. にオリーブオイルを加えて混ぜてから、お皿に盛る
  8. 出来上がったミートソースをスパゲッティの上にかける
  9. 粉チーズをまぶせば出来上がり

まるでレストランで食べるような、おいしいミートソーススパゲッティです。冷凍玉ねぎがあれば、素早く作れます。

まとめ

玉ねぎと玉ねぎスライス

玉ねぎを冷凍しておくだけで味に甘みが増し、飴色になるまで炒めたいときにも時短調理できます。調理のたびに目にしみることもなく、本当に便利ですよ。玉ねぎを購入したら、半分はまとめてカットし、小分けにして冷凍保存しましょう。おいしくて体にもいいので、冷凍玉ねぎを使った料理を日々の献立にとり入れてみてください。

玉ねぎ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる