賞味期限切れのキムチ、食べても大丈夫?絶対に口にしてはいけないサインとは?

キムチ

ピリピリっとした辛くて酸味のあるキムチは、日本でも好む人が多い発酵食品です。長持ちする印象の強いキムチですが、保存状態によっては腐ってしまうことも…。今回は、絶対に口にしてはいけないキムチの特徴や賞味期限について解説します。

キムチは長持ちする発酵食品!賞味期限は約2週間〜1ヵ月

キムチ

辛味と酸味が絶妙なバランスで楽しめるキムチは、幅広い年代から支持されている人気の発酵食品です。

発酵食品なので、基本的には他の食品よりも長持ちしやすく、日本で市販されているパッケージタイプのキムチであっても未開封なら約1ヵ月、開封済みでも2週間ほどは持つと言われています。

賞味期限切れのキムチは食べても大丈夫?

パッケージなどに賞味期限が記載されている場合、「このキムチ、賞味期限が切れてしまっているけれど食べても大丈夫?」と心配になる人もいるでしょう。

しかし、賞味期限とは「美味しく食べられる期限」を指しているので、賞味期限を過ぎたからと言って食べられなくなるわけではありません。

特にキムチは発酵食品なので長持ちしやすく、賞味期限を過ぎても食べられることが大半です。本場の韓国では賞味期限を設けていないところが多く、長期間経過してしまった場合は、状態を見て判断するご家庭が多いと言われています。

キムチは腐ることも…キムチが腐る原因は?

発酵食品で長持ちしやすいとはいえ、キムチも場合によっては腐ることがあります。キムチが腐る原因として多い理由は以下の通りです。

  • 雑菌が混ざってしまった
  • 余分な水分が入ってしまった
  • 保存状態が悪い

保存状態が悪いと、どうしても傷んでしまい腐りやすくなります。また、余分な水分や雑菌が混ざってしまうことで、カビの原因となったり、衛生状態が良好に維持できなくなる…といった原因を生むこともあります。

要注意!絶対に口にしてはいけないキムチの特徴

ここで紹介する特徴がキムチに見られた場合、キムチが腐っている可能性があります。発酵食品だからと無理に食べると腹痛や下痢、嘔吐などの消化器症状を引き起こす危険性があるので注意しましょう。

緑色や青色のカビが生えている

キムチを見た時、緑色や青色、白いカビが生えている場合は、キムチの品質が大きく劣化し、腐っている可能性が高いでしょう。

カビが生えているということは、カビが生えている部分だけでなく、密閉された容器の中で全体にカビ菌が広がっているリスクが高いことを示しています。したがって、カビを見かけたらキムチを処分しましょう。

明らかにおかしい腐敗臭が漂っている

キムチは他の食品とは比べ物にならないほど辛味を含んだ刺激臭を放ちます。しかし、そんな食欲をそそるような刺激臭とは違い、生臭いような明らかにおかしな腐敗臭を感じた場合、食べずに処分してください。

生臭い腐敗臭が漂っているということは、キムチ自体がすでに劣化し腐っている可能性が高いです。下痢や嘔吐などの症状を引き起こす前に、処分しましょう。

食べた時に異常なほどの酸味を感じる

見た目や匂いではわからなくても、食べた後に違和感を覚えることもあります。もしも口に入れた時、異常なほどの酸味を感じ、辛さよりも酸っぱさが強く感じられる場合は注意が必要です。

賞味期限から大幅に日数を過ぎている場合は、すでに腐り始めているサインかもしれません。無理にそのまま食べ続けず、そのキムチは処分しましょう。

キムチをより長持ちさせるための正しい保存方法

タッパーに入ったキムチ

一般的にキムチは買ってきたパッケージのまま保存することが可能です。しかし、匂いが他の食品に移ってしまったり、開封後は雑菌などが混ざってしまう恐れもあるので、以下の方法で保存しましょう。

  • 冷蔵庫の冷蔵室やチルド室で保存する
  • 開封済みのキムチは密閉性の高い保存容器やジップ付きのポリ袋に移し替える
  • 量が多い時は小分けにして容器やポリ袋に入れる

開封したキムチは密閉性の高い保存容器やジップロックなどのポリ袋に移し替えて保存します。常温保存も可能ですが、冷蔵庫で保存すると状態を良好に維持しやすくなるので、なるべく冷蔵室やチルドルームで保存しましょう。

キムチは腐敗しないよう正しく保存して長期保存しよう!

いかがでしたか。キムチは発酵食品なので長持ちしやすい食品です。しかし、保存状態によっては腐ってしまうこともあるので、なるべく長持ちできるよう正しく保存しましょう。賞味期限を大幅に過ぎているキムチは、食べる前に状態を確認することも忘れずに!

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る