『盗聴や盗撮される夢』の意味4選!良い意味?それとも悪い意味?

盗聴

盗聴や盗撮の夢を見たら、夢見が悪くて目覚めが悪いものです。気持ちが過度に落ち込んでしまわないためにも、盗聴や盗撮の夢が持つ意味をしっかり把握しておきましょう。夢が持つ意味を正しく知ることで、トラブルなどを未然に防ぐことができるかもしれません。自分の普段の行動や言動などを見直すきっかけにするのもよいですね。

盗聴や盗撮される夢の基本的な意味

ベッドで睡眠中の女性

盗聴や盗撮は、実際に起こるととても物騒ですよね。できるだけ遭いたくないトラブルなので、夢だった場合目が覚めるとホッとするかもしれません。

盗聴や盗撮の基本的な意味は、以下のような意味を持っています。

  • 他者に対する不信感が募っている
  • 対人関係になんらかのトラブルを抱える暗示

基本的な意味は、あまりよいものとはいえません。では、場面ごとに盗聴や盗撮の夢が持つ意味をみていきましょう。

『盗聴や盗撮される夢』の意味4選!

盗撮

盗聴や盗撮の夢には、以下のような意味が含まれています。

1.自分が盗聴や盗撮の犯人になっている

自分が盗聴や盗撮の犯人になっている夢は、運気低下の兆しです。

  • 盗聴…特定の誰かに対して、不信感を持っている
  • 盗撮…周囲の人の目や気持ちが、気になっている

盗聴がばれる夢は、自分が抱えている秘密が周囲の人にバレる可能性がある、警告であることが多いので注意しましょう。

2.盗聴や盗撮の被害者になる夢

盗聴や盗撮の被害に遭う夢は、以下のような意味を持っています。

  • 盗聴被害…周囲の人とのトラブルや、敵意のある興味を持たれている暗示
  • 盗撮被害…隠しておきたいことが、周囲に知られてしまう

周囲の人が、あなたの言動や行動を観察し、隙あらばトラブルを起こそうとしているということも考えられます。言動や行動には注意して、トラブルを遠ざけましょう。

3.盗聴器が印象的な夢

盗聴器が印象的な夢は、盗聴器がどのような状態だったかをしっかりと把握して意味を調べてみてください。

  • 盗聴器を発見する…周囲の人と、なんらかのトラブルが起きるかも
  • 盗聴器を仕掛ける…いろいろなことが順調に進むよう、根回しするなど手を尽くしている状態
  • 盗聴器が仕掛けられる…周囲の人に対しての不信感が膨らんでいる

盗聴器を仕掛けるとなると、後ろめたい気持ちになるものです。しかし、後ろめたいようなことをしているわけではないのであれば、過度に心配する必要はありません。

4.盗撮犯を確保する夢

盗撮犯を確保する夢を見た場合、周囲とのトラブルを自らの力で解決する暗示が出ています。自分だけで解決するには難しいと感じていることが起きているのであれば、周囲にいる協力者に助けを求めながら、問題を解決しましょう。

盗聴や盗撮の夢を見たときに注意すべきこと

部屋でスマホを見る女性

盗聴や盗撮の夢を見たときに注意すべき点は、以下の通りです。

  • 周囲の人と良好な関係が築けているか
  • 周囲の人に後ろめたい隠し事をしていないか
  • 特定の人に固執していないか
  • 日頃の言動や行動を見直しているか

盗聴や盗撮の夢は、周囲の人とのトラブルの暗示であることが多いので、トラブルを未然に回避できるような行動を心がけましょう。

まとめ

盗聴や盗撮の夢を見たときは、トラブルを起こしたり巻き込まれてしまう可能性が高まっているため注意しましょう。自分にできる回避行動を取り、トラブルを未然に防ぐ努力をすることが重要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
盗聴

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る