家計簿が続かない人でも長続きする方法!効率的なやり方と秘訣!

家計簿が続かないのは、忙しくて時間がないから…、家計簿をつけたところでどうなるわけでもないし…、家計簿のつけ方がよくわからない…など家計簿が続かない理由は人それぞれあると思います。でも続かない理由はけっこう共通しているんですよ。この記事では家計簿が続かない理由や続ける方法とコツをご紹介したいと思います。

家計簿が続かない理由と対策

家計簿

家計簿が続かない理由は「家計簿をつける意味」「家計簿のつけ方」があやふやではっきり分からないからです。まずはどうして家計簿が続かないかが分かれば、家計簿を続けられる方法も分かってきます。
ここでは家計簿が続かない理由と対策をご紹介したいと思います。

家計簿をつける目的が分からない時の対策

そもそも家計簿をつける理由はなんでしょうか?それがわかっていないと家計簿は長く続かないと思います。

家計簿をつける一番の理由は「何にいくら使っているか」を知って「無駄遣いをやめて貯金したい又は他のものを買いたい」からではないでしょうか?その目的を決めていれば家計簿をつける意味があります。

目的として「今月はいくら残すか(貯金するか)」を決めましょう。

スタート時は金額を低く設定してください。「年内に50万円貯金する!」といういつかなうか分からない目的ではなく「今月は2,000円以上貯金する」から始めてみてください。

目標が達成するためだと思えば家計簿をつけがいがありますのでハードルの高いものはやめて、ちょっと節約すればかなうことから始めます。そのうち節約などの要領が分かってきたら金額を上げればいいです。

目的を「新しいバッグを買う」というふうに具体的に決めてもいいですが、そのバッグもなかなか変えなかったらだんだん家計簿をつける意味が薄れてきます。「バッグも結局はお金がないと買えない」わけですので毎月いくら残すかを決める方が無理なく家計簿をつける気分になります。

家計簿の費目が細かすぎる時の対策

一般的に家計簿の費用の名目はたくさんあります。

住居費・食費・日用品費・光熱費・水道費・通信費・交際費・交通費・生命保険・教育費・衣服費・外食費・美容費・習い事費・車費・旅行費・など…

これをすべて振り分けていたら手間がかかりすぎて家計簿が続かないのも仕方ないと思います。何にいくら使ったか細かく知りたい気持ちは分かりますが、あまりに細かいとどの費目に入れていいか分からなくなります。

例えば友達と自動販売機でコーヒーを飲んだ場合、このコーヒー代は交際費ですか?それとも外食費?それとも食費でしょうか?このようにつける費目を間違えると予算オーバーが正しいのか間違っているのか分からなくなり家計簿は続かないでしょう。

費用の名目はシンプルに最小限にまとめることが大切です。

スタート時は費用名目を6つ~8つくらいから始めましょう。そのために「固定費」と「特別費」という費目をつくり費目をまとめます。また、何をどの費目にするかを明確にしましょう。

費用の名目

  • 食費:お惣菜やお弁当も食費に含む。自分や家族が食べるもの全て食費
  • 日用品費:水道光熱費:水道代と電気代とガス代を
  • 通信費:スマホ
  • 固定費(※毎月決まっている出費)
    固定費内訳:住居費、各種生命保険料、積み立て
  • 特別費(※毎月ではない出費・臨時出費など)
    特別費内訳:衣服・美容・ギフト・車・旅行・レジャー・習い事・交通費・交際費・冠婚葬祭・レジャー・修繕・税金、ペットの餌、ペット関連、その他、他の費目に該当しなかったもの

多忙で家計簿が続かない時の対策

家計簿は毎日つけよう!と決めるのは素晴らしいことですが、忙しくてなかなかつけられないとだんだんやる気がなくなってきます。

家計簿が続かないのはがんばりすぎているからです!

もともと毎月の出費を知りたいわけですので、別に毎日つける必要はなく月末に家計簿ができたら十分です。レシートをとっておいて、月末にレシートごとにつけて行きます。家計簿において自分でルールを作りすぎず気楽にすることが長続きの秘訣です。月末に家計簿を作る時は「日付と買った場所と費目と金額」だけをつけておきましょう。例えば「12/1 スーパーA 食費 5,000円」というふうに。

家計簿の金額があわない時の対策

何度計算しても100円足りない…そんな時なんども電卓で数えなおしていませんか?

金額はざっくりでOKです。1円単位は切り捨てましょう。

また、金額が足りない上限を決めておくといいでしょう。上限500円までなら足りなくても良いと決めておき、100円足りない時は無視。600円足りないなら「不明金」という費目で家計簿につけましょう。

家計簿を続けるコツ

レシート

家計簿が続かない方が長続きするには家計簿のつけ方がずぼらになることがコツです。また家計簿をつける最初の3ヶ月は自分でルールをつけずハードルを下げてください。家計簿が続かない方は自分でハードルを高くしすぎている可能性があります。

レシート内の費目は分けない

スーパーで、牛乳、にんじん、豚肉、お惣菜、お菓子、ギフトのチョコレート、ラップ、キッチンペーパーを買った場合、一般的には次のように分けます。

一般的費目の分け方

  • 食費:牛乳、にんじん、豚肉、お惣菜、お菓子
  • 日用品:ラップ、キッチンペーパー
  • 特別費:ギフトのチョコレート

このわけ方は、簡単な様でいて結構面倒です。例えば、それぞれの費目を足して消費税を入れた金額を出す、ラップを食費に入れてしまったから計算しなおし、などいざやってみると面倒なことが出てきます。

これを解決するには、1つのレシートにつき1つの費目にまとめるのがコツです。一番多く買っているのを費目にしてください。レシートを見て、これは無駄遣いだったと思うものがあれば、レシートに赤線引いておきましょう。逆に「全部必要なもの」であれば何を買おうが気にする必要はありません。レシートを捨てても大丈夫です。

それだとざっくりすぎない?と思うかもしれませんが費目がどうであれそのお金は使っています。
家計簿をつける一番の目的は「無駄遣いを止めてお金を残すこと」だと忘れないでくださいね。赤線が引いてあるレシートだけをとっておいて、赤線で何が多いか確認すれば十分です。それによって無駄遣いが見えてきます。

家計簿が続かない方はこのやり方をぜひやってみてください。

家計簿を長く続けるための頻度

家計簿をつける母親

家計簿をつける頻度は、基本的に「月1回」にしておきましょう。

本来なら毎日つけた方が良いとされていますが、家計簿を付け忘れた日が何日も続くとだんだん面倒になってきます。もし毎日家計簿をつけたい場合は、まずはレシートチェックをしましょう。

無駄遣いがあればその品物に赤線を引いておくだけでOKです。月末に「無駄遣い」項目をつくって書いておけばいいだけです。家計簿が続かない方は何を無駄遣いしたか?では無く、いくら無駄遣いしたか?を理解してください。

家計簿をつけない管理の方法

生活費の振り分け

家計簿が続かない…家計簿をつけるのはやっぱり無理…でも貯金をしたい!そんな方は食費の予算を決めて、それ以外は銀行に入れて必要な時に必要な金額を出金します。

例えば、食費の予算40,000円とした場合、次のような工夫をしてみましょう。

  • 食費を封筒にいれておく
  • 食費専用の財布を用意する
  • 食品は週に1回買い物に行く
  • 1回の買い物の上限(10,000円)だけを持っていく
  • お金が残ったら封筒に戻す

このようなルールを決めておけば節約方法も分かってくると思います。

まとめ

レシートを見て考える女性
家計簿が続かなくて、書きかけのノートが残っている…そんな方のために、家計簿を長くつけることができる方法をご紹介いたしました。最初の3ヶ月間は「今月の黒字目標1,000円」などハードルを低くして、家計簿になれてきて全体が見えるようになったら少しずつハードルをあげましょう。

家計簿をつける

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる