掃除機で吸ってはいけない「絶対NGなもの」5選!最悪壊れてしまうことも

掃除機

掃除機をかけた時に誤って小さな部品などを吸ってしまった経験はありませんか。吸ってはいけないものを吸ってしまうと、掃除機は簡単に故障してしまいます。今回は、掃除機で吸ってはいけないものと掃除機がけの順序について紹介します。

掃除機は使い方を間違えると故障につながる…扱いには注意して

掃除機

日常的に使う代表的な家電製品の1つ『掃除機』は、使う頻度が高いからこそ正しい使い方を意識しなければ故障につながります。繊細な家電製品でもある掃除機は、掃除機の動かし方やお手入れ方法、そして注意事項などをしっかり熟知しておかなければいけません。

もしも「これくらいなら大丈夫だろう」と本来吸ってはいけないものを掃除機で吸い込んでしまうと、その後、不調を来したり突然故障につながったりする恐れがあります。

必ずご家庭で使用している掃除機の取り扱い説明書をしっかり読み、正しい使い方や注意事項を理解しておきましょう。

掃除機で吸ってはいけない「絶対NGなもの」5選

掃除機は何でも吸い込めるわけではありません。中には吸い込んでしまうと故障してしまうものもあるので注意が必要です。ここでは、掃除機で吸ってはいけない絶対NGなものとその理由について解説します。

1.水分

お子様がこぼしてしまったジュースやお茶など、そのまま床にこぼれた状態のまま「拭き取るのが面倒だから」と掃除機で吸い込んではいませんか。

掃除機は家電製品なので、水分を吸い込んでしまうと内部全体に浸透してしまい、少量であっても故障につながる恐れがあります。最悪の場合、発火してしまうリスクもあるので、水分は絶対に吸わないようにしましょう。

2.ガラスや爪楊枝などの尖っているもの

割れたガラスの破片を「触ると危ないから」と掃除機で吸い込んでしまう人がいますが、ガラスや爪楊枝、針など、先が尖っているものは吸い込んでしまうと危険です。ホース部分が破れてしまったり、内部が傷ついついてしまったりして故障の原因になります。

ガラスを割ってしまったときは、大きめの破片などを厚手の軍手を着用した状態で慎重に取り除き、内部を傷つけない粉々になったガラスの小さな屑のみを掃除機で吸い込むようにしましょう。

3.匂いが強いもの

カレー粉なシナモン、お香の灰など、匂いが強いものを床に撒き散らしてしまった時、拭き取るのは面倒だからと掃除機で吸い込んでしまったことはありませんか。

実際に体験したことがある人はおわかりだと思いますが、匂いの強いものを掃除機で吸い込んでしまうと、フィルターをはじめ、匂いが内部にこびりついてしまい、使用するたびにその匂いが異臭として放たれるようになります。

また、故障の原因になることもあり、どちらにせよ買い直ししなければ匂いが取れなくなってしまうため、匂いが強いものは掃除機で吸い取らず、ウェットティッシュや雑巾などで拭き取りましょう。

4.飴やガムなどの包み紙

飴やガムなどを包んでいる包み紙が床に落ちていると、すでに掃除機を使って床を掃除し始めてしまっている場合、拾うのが億劫に感じて掃除機で吸い取ってしまうということはありませんか。

飴やガムの包み紙を掃除機で吸い込んでしまうと、吸引口に突っかかってしまい、吸い込めなくなってしまう恐れがあります。詰まってしまい、吸引力が落ちてしまう原因にもなるので、包み紙は必ず事前に取り除いてから掃除機がけを開始しましょう。

5.ゴキブリ

ゴキブリを駆除するのはとても勇気がいりますよね。それならば、と掃除機で思い切って吸ってしまうという人がいますが、これは非常に危険です。

なぜならば、吸い込まれてもゴキブリが死ぬことはほとんどありませんし、吸い込まれた先のゴミや埃が多く溜まっているカップの中で生き延びてしまうからです。

最悪の場合、ゴキブリが掃除機の中で繁殖してしまうという非常に恐ろしい事態を招く危険性もあるため、絶対にゴキブリを掃除機で吸い込むことはしないでください。

掃除機をかけるときは正しい手順で効率的に!

掃除機をかける女性

掃除機をかけるときは、事前に正しい手順で準備をし、効率的に掃除機がけを行いましょう。

  1. フローリングワイパーなどで目立つ埃などを取っておく
  2. 邪魔なものは掃除機がけの前に片付ける
  3. 水が溢れている箇所は拭き取っておく
  4. 掃除機をかける
  5. 掃除機がけが終わったら換気する

掃除機をかける前に、ある程度、大きなゴミや邪魔になりそうな異物、そして目立つ埃などを取り除いておくと、より掃除機がけが効果的になります。

また、掃除機がけをする前に換気してしまうと掃除機をかけている最中に細かい埃が部屋中に舞ってしまうため、掃除機がけが終わってから換気するようにしてください。

掃除機をかける前に必ず片付けを忘れずに

いかがでしたか。掃除機で何でもかんでも吸い込んでしまうと、故障の原因や不調の原因になる恐れがあります。掃除機をかける前に、必ず事前に床の上に散らばっているものを片付けておくようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
掃除機

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る