ドライヤーを壊してしまう『NG行為』4選

故障

ドライヤーは、使い方がよくないと故障しやすくなってしまいます。どのような使用方法がNGなのか、ドライヤーをすぐ壊れてしまう人は是非チェックしてみてください。知らず知らずのうちに、ドライヤーに負荷をかける使い方が習慣になっているかも!故障してしまったドライヤーの、正しい処分方法も紹介しています。

ドライヤーをすぐ壊してしまう…普段の使い方を見直してみて!

ピンクのドライヤー

注意して使用しているはずなのに、なぜかドライヤーが壊れてしまう…。短期間でいくつもドライヤーを壊してしまうのには、いくつか理由があります。ドライヤーの故障につながる、NGなドライヤーの使用方法とはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

ドライヤーを壊してしまう『NG行為』4選

ドライヤー

ドライヤーを壊してしまうNG行為は、以下の通りです。

1.ドライヤーの中に異物を入れる

小さな子どもがる家庭は、ドライヤーの保管場所に注意しましょう。ドライヤーの吹き出し口から、子どもが異物を滑り込ませてしまうことがあります。ドライヤー深部までおもちゃなどが入りこんでしまうと、故障の原因につながります。

万が一折り紙などの燃える素材のものや、ヘアピンなどの金属が張り込んでしまうと、発火など危険な故障の仕方をしてしまうかもしれません。

2.ドライヤーを高い場所から落下させる

ドライヤーは、精密機械です。高い場所から何度も落下させていると、故障する可能性が高まります。落下に限らず、強い衝撃を与えることそのものが故障につながる行為。比較的小さめのものなので、取り落とさないよう注意しつつ使用しましょう。

3.コードを伸ばさないまま使用する

コードを伸ばさないまま使用し続けていると、コードに負荷がかかってしまいます。そのまま継続使用すると、コードの劣化につながり、ドライヤーが故障してしまうのです。必要最低限の長さのコードしか伸ばさずに使用しているという人は要注意!

ドライヤーの故障を、早めてしまうかもしれません。

4.異変を感じつつも継続使用する

ドライヤーが普段と違う様子にもかかわらず、そのまま継続使用すると故障につながります。

  • 異音がしてる…カリカリ・パキパキなど
  • 異臭がする…焦げ臭い・変な臭いがするなど
  • スイッチを入れても動かないときがある

メーカー保証期間内であれば、異変の内容を問い合わせてみましょう。

故障したドライヤーは、どう処分すべき?

ドライヤーを使う女性

故障したドライヤーは、以下のような処分方法で処理しましょう。

  • 自治体の不燃ごみとして出す…燃ないゴミの収集費がかからない場合、処分費はタダ!
  • 小型家電回収ボックスに出す…近場の回収ボックスを利用すれば、交通費だけの負担で処理可能
  • 引き取り業者に依頼…引き取り業者が無料回収しているのであれば、お金をかけずに処分できる

ドライヤーは、小型家電に当たります。自分に合った処分方法を見つけて、時間を見つけて処理しましょう。

まとめ

ドライヤーが壊れてしまう原因は、普段の使い方が影響していることが多いです。普段の使い方を振り返り、ドライヤーに負荷をかけないよう使用して、長く同じドライヤーを使いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
故障

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る