セーターやニットが縮んでしまう『やってはいけないこと』3選!正しい洗濯方法は?

悲しげなセーター

セーターやニットを自宅で洗ったら、意図せず縮みが生じた!このような経験をしたことがある人は、少なくないのではないでしょうか?セーターやニットは、シャツなどとは素材が全く異なるため、通常のお洗濯で縮んでしまう可能性が高いです。まずは、大切なセーターなどが縮んでしまう原因についてチェック!正しメンテナンス方法もご紹介。

お気に入りのセーターや二ットが縮んでしまった!

茶色のセーター

お気に入りのセーターやニットを、自宅で洗濯したら縮んでしまった!小さくなったセーターやニットを見ると、悲しくなりますよね。どうしてセーターやニットは、縮んでしまうのでしょうか?セーターやニットにやってはいけない、洗濯方法をまとめました。

セーターやニットが縮んでしまう『やってはいけないこと』3選!

考える女性

セーターやニットが縮んでしまう、やってはいけない行動とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

1.自宅で洗濯できない素材を、洗濯機で洗う

洗濯タグをチェックすると、自宅で洗濯できる素材とそうでない素材があります。セーターやニットは、自宅での洗濯不可の素材があるので、洗濯タグをチェックしないまま洗濯機に入れてしまうと、仕上がったときには縮んでしまっていることがあるのです。

まずは、洗濯前に洗濯タグを確認しましょう。洗濯不可となっている場合は、クリーニング店でメンテナンスを行うのが1番です。消臭スプレーなどでニオイをごまかしていても、皮脂などの汚れは落ちないので、衣類に黄ばみができてしまうかもしれません。

2.乾燥機で乾燥させる

乾燥機能を使うと、かなり高い温度の温風が洋服にかかります。高温の温風は、セーターやニットの素材にダメージを与え、縮む原因つながるのです。

乾燥機NGマークが洗濯タグに描かれているのであれば、乾燥機の使用は絶対避けましょう。乾燥機使用OKだとしても、利用は避けた方が無難です。

3.洗濯機の「標準コース」で洗濯した

洗濯機には、いろいろなコースがあります。普段着用している洋服であれば、「標準コース」のお洗濯を行っても問題ありません。

しかし、セーターやニットは「標準コース」で洗濯していまうと、素材がダメージを受けて縮んでしまう可能性大!セーターやニットを家の洗濯機で洗う場合は、「おしゃれ着コース」や「手洗いコース」を選ぶと縮みにくくなりますよ。

セーターやニットの正しい洗濯方法は?

畳んだセーター

セーターやニットの正しい洗濯の仕方は、以下の通りです。

  • 洗濯機に入れる前に、きれいに畳んで洗濯ネットに入れる
  • 洗濯機の「おしゃれ着コース」や「手洗いコース」を選ぶ
  • すすぎの回数は、1回に調整…衣類への負担軽減。すすぎ1回でOKの洗剤を使用する
  • 洗濯し終わったら、陰干しにする…平干しにすると、型崩れしにくくなる

自宅で洗濯できるからといって、他の衣類と同じように洗濯してしまうのはリスクが高いのでおすすめできません。他のおしゃれ着と一緒にコースを選んで洗い、水分でセーターやニットが伸びてしまわない干し方をしましょう。

まとめ

セーターやニットは、洗濯の仕方やお手入れの正し方法を知ることで、縮みを抑えられます。まず注目すべきは、洗濯タグ!正しく情報を読み取り、メンテナンス方法を把握してお洗濯に踏み切りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
悲しげなセーター

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る