洗濯物を痛めてしまう『絶対やってはいけないこと』5つ

山盛りの洗濯物

衣類の洗濯は、毎日行うものです。毎日繰り返すからこそ、正しい方法で洗濯をしなければ、衣類を傷めてしまうかもしれません。どのような方法で洗濯すべきか、チェックしてみましょう。NGな衣類の洗濯方法もまとめているので、普段の洗濯の仕方を振り返るきっかけにしてみてください。ポイントを押さえて、洗濯上手にステップアップ!

いつものお洗濯、もしかすると衣類にダメージを与えているかも

洗濯機に入れっぱなしの洋服

毎日のお洗濯で、衣類の汚れを取ることは非常によいことです。しかし、衣類にとって負荷が大きな洗濯方法を毎回実践していると、衣類を傷めてしまうかもしれません。大切な衣類に負荷をかけないためにも、衣類にすべきではないことを行っていないか振り返ってみましょう。

洗濯物を痛めてしまう『絶対やってはいけないこと』5つ

バツマークを出す主婦

洗濯物を傷めてしまう、絶対NGな行動をまとめました。どのようなものがあるのか、要チェックです!

1.絡まった衣類を引っ張る

洗濯し終わった衣類を洗濯機から出すと、衣類同士が絡み合っていることが多々あります。かなり強固に絡み合っていることもあるので、ほどくのが手間だと感じることもあるでしょう。

だからといって、衣類を引っ張ってしまうのがNG。衣類が伸びたり、場合によっては破損してしまう恐れがあります。

2.洗濯表示を確認しないまま洗濯する

洗濯表示には、以下のような情報が記載されています。

  • 洋服のサイズ
  • 衣類の素材名
  • 仕様洗剤の種類
  • 干す場所の指定…陰干し、天日干しなど
  • 乾燥機使用が可能か
  • アイロンはかけてもいいか
  • 手洗いすべきか
  • 色移りの有無
  • 販売業者の情報
  • 原産国など

たくさんの情報が書かれており、その衣類に合った適切なメンテナンス方法を読み解くことができる大切なものです。それを無視しして洗濯すると、衣類に大きな負荷をかけてしまうかもしれません。

3.いつまでも外干ししておく

朝干した洗濯物を、夜まで外干しし続けるのはNG。

  • 夜露に触れる
  • 盗難などの被害にあいやすくなる

衣類が夜露に触れてしまうと、洗濯し直さなければならなくなります。そのまま干し続けて乾燥させても、衣類で細菌が繁殖して嫌な臭いがしてしまうかも。

4.畳まずに放置

外干しして乾いた洗濯物を、いつまでもかごに入れっぱなしていたり、床に山積みにして放置してしまうのはNG!深いしわができてしまい、洗濯物に負荷をかけ、傷めてしまう可能性が高いです。

5.洗濯ネットを使わない

ボタンがついている洋服や、下着など、洗濯ネットを使わず洗うのはよくありません。

  • 洋服が型崩れしやすくなる
  • 他の衣類との摩擦で、衣類が傷む
  • ホックなどでほかの衣類を傷つけてしまうなど

洗濯ネットを使用すべき衣類は、キレイに畳んで洗濯ネットに入れましょう。洗濯ネットはホームセンターや100均で購入できます。

洗濯物の正しいメンテナンス方法

笑顔の女性

洗濯物の正しいメンテナンス方法は、決して難しくありません。

  • 一緒洗えるものを仕分ける
  • 必要に応じて、衣類や下着を洗濯ネットにれる
  • 洗濯コースを選ぶ
  • 洗濯が終了したら、速やかにしわを伸ばしながら干す
  • 乾いたら取り込み、しわができる前に畳む

洗濯物にダメージを与えないためには、洗濯コースと洗剤選び、洗濯物を放置しないという点が重要なカギを握っています。洗濯表示をよく確認して、正しい方法で洗濯を行いましょう。

まとめ

洗濯物の扱い方を間違えてしまうと、衣類を傷めてしまうかもしれません。大切な衣類を長く着用するためにも、正しい方法で洗濯物を仕上げる知識を身につけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
山盛りの洗濯物

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る