トイレが故障してしまう「やってはいけないこと」5選

トイレの中のペーパー

トイレが故障すると、とても困りますよね。自宅にトイレがひとつしかないとなると、焦ってしまい、すべきではない対処方法を取ってしまうかもしれません。まずは、トイレが故障してしまう可能性がある行動を取らないよう注意しましょう。どのような行動が故障につながるのか、具体的にまとめているので必見です。

トイレが故障!焦りは禁物

便座の中

トイレが思うように流れなくなってしまうと、焦りますよね。トイレが故障してしまうと、つい焦って行動してしまいがち。でもその行動が原因で、事態を悪化させてしまうこともあります。どのような行動を取ると、故障を悪化させてしまうのか、NG行動をチェック!

トイレが故障してしまう『やってはいけないこと』5選

トイレットペーパー詰め込みすぎ

トイレが故障してしまう可能性がある使用方法とは、どのようなものがあるのでしょうか?

1.大量の水やお湯を注ぎこむ

トイレが詰まっているからといって、とにかく大量の水やお湯を流し込んでしまうのはNG。

  • 便器から注いだ水分があふれ出る
  • 高温状態のお湯の場合、便器が割れてしまう

トイレが詰まっている原因がわからないままなのに水やお湯を大量に注ぎ込んでしまうと、排せつ物と一緒に便器からあふれてしまう恐れがあります。

また、便器は陶器なので、熱湯を注ぐと割れてしまうことがあるので注意しましょう。

2.とにかくラバーカップを使う

トイレが詰まったとき、すぐにラバーカップを使用するのはよくありません。うまく使えば詰まっているものが出てきて回収できますが、失敗すると事態を悪化させる可能性があります。

まずは、なにがトイレに詰まっているのかを確認することが先決です。

3.便器の上に重いものを置く

便器はどっしりしていて頑丈そうですが、衝撃にはあまり強くありません。重いものを乗せたり、固いものを打ち付けるなど、本来の使い方ではない方法で使用すると破損してしまいます。

便座の破損は買い替え対象になるので、大きな出費につながります。たしかに頑丈ではありますが、頑丈だからといってなにをしてもいいというわけではないのです。

4.掃除しないまま使い続ける

トイレのメンテナンスを行わないまま継続使用してしまうと、不具合が起きやすくなります。

  • シャワーノズルの目詰まり
  • 普段のタンク内の水の増減を把握できない
  • 便器のヒビの見逃し
  • 便座の不具合を見逃すなど

トイレは、毎日使用する場所です。できれば毎日簡単な掃除を行い、忙しい場合は1週間に1回は入念な掃除を行いましょう。

5.ちょっとした不具合を長い期間放置する

トイレを毎日使っていると、昨日は違った違和感を抱くことがあると思います。その違和感の原因を探らず放置してしまうと、故障や備品の買い替えが発生する可能性を高めてしまいます。

トイレが故障してしまったときの対処方法

ラバーカップ使用

トイレが故障してしまったときの対処方法は、以下のものがあります。

  • トイレタンク内のボールタップなどに故障がないか確認し、掃除をする
  • トイレに流して詰まっているものがなにかを把握し、ラバーカップなどを使って解消…軽度の場合のみ
  • ウォシュレットの掃除など

トイレが故障して焦って行動してしまうと、事態を悪化させてしまうことがあります。故障の原因がわからないときは、速やかに専門業者に連絡するのがおすすめです。

まとめ

トイレが故障してしまう原因は、さまざまあります。どのような不具合が起きているのかを把握し、適切な対処方法を実践しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
トイレの中のペーパー

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る