生理痛が酷いときに言われたくない『5つの言葉』

疲れている女性

生理痛の辛さは男性になかなか伝わらないと言いますが、女性でも辛い人と辛くない人がいるため、意見の食い違いが起こることもあります。今回は、生理が重い人が生理痛の酷い時に言われたくない言葉を紹介します。生理痛が酷い人には思いやりを持って言葉をかけましょう。

生理痛の辛さは人それぞれ…無神経な言葉に悲しくなる人も

ソファで横になる女性

女性に月1回の頻度で訪れる生理は、さまざまな症状をもたらします。頭痛や倦怠感、腰痛、吐き気、発熱、眠気…人によって起こる症状は違いますが、中でも多くの人が経験する生理の症状として『生理痛』があります。

下腹部のあたりがずっしりと重く痛みを伴う生理痛は、女性でも人によって辛さが大きく異なります。「少し気になる」程度の人もいれば、中には立っていられないほどの痛みを感じる人や、救急車で運ばれてしまう人もいるほどです。

このように、生理痛の辛さは人それぞれなので、中には辛そうにしている生理中の女性に対して無神経な言葉をかける人もいます。生理中は特に情緒が不安定になりやすいため、そうした思いやりのない言葉かけは絶対にやめましょう。

生理痛が酷いときに言われたくない『5つの言葉』

生理痛が酷い人にとって、生理痛に対して無神経な言葉や心無い言葉をかけられることはとても苦痛です。ここでは、生理痛が酷いときに言われたくない言葉を紹介するので、職場や家庭での参考にしてください。

1.「大袈裟じゃない?」

男性や生理痛があまり酷くない女性の場合、生理痛が辛そうにしている人を見ると「大袈裟じゃない?」「そんなに痛い?」と思ってしまう人もいるのだそうです。

しかし、最初にお話しした通り、生理痛は人によって痛みが大きく異なります。自分がその人の感じている痛みを感じていないにも関わらず、自分の物差しだけで痛みを測り、「大袈裟だ」と心無い言葉を言うのはあまりに思いやりがありません。

2.「せっかく〜なのに」

デートの約束をしていた日や大きな予定があった日など、一緒に同行する人が酷い生理痛に襲われていると、「せっかく楽しみにしていたのに」と思う人もいるでしょう。

しかし、「せっかく〜なのに」「せっかく楽しみにしていたのに」といった言葉は、生理痛が酷い人からすれば「仕方がないじゃない」「私だって楽しみにしていたわよ!」「こうなりたくてなっているんじゃない」と反感を生みます。

生理痛は自分ではどうしようもできないことなので、本来ならば気にする必要はありません。しかし、こうした状況になってしまったことを申し訳ないと思っている人も多く、さらに追い打ちをかけるような言葉かけに、よりストレスがかかり、生理痛が悪化する原因にもなります。

3.「気の持ちようじゃない?」

人によっては、体調不良を「気の持ちようだ」と前時代的な考え方をしている人も未だにいます。生理痛に関しても、忙しくしていれば気が紛れて痛みを感じなくなると驚きの考え方を持つ人もいるようです。

こうした考え方を持つ人は、無神経にも生理痛が酷い人に対して「気の持ちようじゃない?」と言ってのけることがあります。

あまりに失礼で無神経な言葉かけに、よりストレスや悲しみ、怒りを感じ、情緒が不安定になってしまうという声も多く聞きます。生理痛は気の持ちようでどうにかなる症状ではありません。もう少し生理に関する理解力を高めましょう。

4.「見ているこっちまで憂鬱になる」

生理痛が酷い人を見ると「大丈夫かな?」「何かできることはない?」と心配してくれたり気を遣ってくれたりする人が大半です。しかし、中には「見ているこっちまで憂鬱になるから」と心無い一言を放つ人もいます。

特に恋人や配偶者といったパートナーが、生理痛でぐったりしているパートナーに対して放つケースが多く、こうした発言が原因で別れにつながることも少なくありません。

生理痛に限らず、体調不良の人に対してこうした発言は、あまりにも思いやりに欠けています。人間性を疑われかねない言葉かけは、相手に傷を残す可能性もあるので絶対にやめましょう。

5.「そんなに辛いの?」

生理痛を体験したことのない男性や生理痛が酷くならない女性は、何気なく「そんなに辛いの?」と聞いてしまうことがあるかもしれません。悪気のない言葉かけであっても、生理痛が酷い人は「疑われている」「嫌味?」と捉えられてしまう恐れがあります。

何度も言うようですが、生理痛は人によって辛さが大きく異なります。中には救急車で運ばれてしまうケースもあるほどなので、生理痛を辛そうにしている人への言葉かけには、十分配慮しましょう。

生理痛が辛そうな人にはどのような言葉をかけるべき?

ソファで辛そうにしている女性

生理痛が辛そうな人にとって、どのような言葉をかけられると嬉しいと感じるのでしょうか。実際に生理痛が酷い時にかけられた言葉として、以下のような言葉かけが嬉しかったという女性が多いです。

  • 「無理せず横になってていいよ」
  • 「何かできることがあったら言ってね」
  • 「少し休憩しよう」

パートナーや職場の同僚などに、生理痛が辛いことを心配してもらえることはもちろんですが、「何かできることがあったら言ってね」「必要なものはある?」といった嬉しい配慮を見せてくれる姿勢が嬉しいという声が多く見られました。

また、生理痛のときは動きたくない、動けないという女性が多いため、家で「無理しないで横になっていていいよ」と優しく言ってもらえると有難いと感じる女性も多いです。

他にも特に何も言わずのんびり一緒に過ごしてくれるといった思いやりのある態度を見せてくれる様子も嬉しいと感じる人が多くいます。

生理痛が酷い人には優しい言葉かけを心がけて

生理痛の辛さは人によって大きく違います。生理痛が酷く、辛そうな人には、なるべく無理せず体を労わるような言葉かけをしてあげたり、できる範囲で力になるという気持ちを伝えてあげましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
疲れている女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る