絶対トイレに流してはいけない『NGなもの』3選 流してしまったらどうなるの?

トイレに流してはいけないものとは?

トイレに流すべきではないものを流してしまったら、もしかするとトイレが詰まってしまうかも!トイレが詰まると、とても困りますよね。どのようなものを流してしまうと、トイレが詰まったり故障してしまうのでしょうか。トイレに流すべきではないものを把握し、壊れてしまわないよう様な使い方をしないよう注意しましょう。

ちょっとくらい…その油断がトイレの故障につながってるかも!

きれいなトイレのイメージ

トイレはたくさんの水で一気に排せつ物を流してくれるので、排せつ物以外のものを流しても大丈夫だと思いがちです。しかし、排せつ物以外のものを流してしまうと、トイレの故障につながってしまいます。

「ちょっとくらい…」と思って流してしまっているものが原因でトイレが詰まってしまうと、思わぬトラブルが起きてしまうかも!トイレが使えなくなってしまうと困るので、トイレに流すべきではないものを把握しておきましょう。

絶対トイレに流してはいけない『NGなもの』3選

流れるトイレ

トイレに流すべきではないものは、以下のものが挙げられます。

1.不純物や油を多く含むもの

普段ついうっかり流してしまっているものが、実はトイレに流すべきではないものがあります。

  • 食べ残し
  • 廃油
  • 散歩のときにした、ペットのフン…石ころや葉っぱなどが付着しているため
  • 嘔吐物など

嘔吐物は、トイレで処理するという人が多いのではないでしょうか。嘔吐物には消化されていない食べ物や油分が多く含まれているので、実はトイレに流すべきものではないのです。嘔吐物は袋などで回収し、可燃ごみとして処理してください。

2.水に溶けないor溶けにくいもの

水に溶けないものや、水に溶けにくいものをトイレに流してしまうと、トイレが詰まる原因につながります。

  • ティッシュペーパー
  • 紙おむつ
  • 生理用品
  • トイレ用の流せるシート…JIS規格をクリアしていないものを、複数枚同時に流すのはNG

ティッシュペーパーは、トイレットペーパーをついうっかり切らしてしまったときに、使用することがあるかと思います。使用後のティッシュペーパーをトイレに流してしまうと、水に溶けないためトイレが詰まってしまう可能性があるので流さず処理しましょう。

3.トイレのパイプに詰まってしまうもの

トイレのパイプが詰まってしまう可能性があるものをトイレに流してしまうのは、絶対にやめましょう。

  • 子どものおもちゃ
  • 洋服などの衣類
  • 大量の動物のフン…多頭飼育の場合は要注意
  • 大量の髪の毛やチリ、ほこりなど

小さな子どもがいる家庭は、子どもがトイレの中におもちゃを流し込んでしまわないよう注意してください。掃除機に溜まっていたゴミを、トイレに流してしまうのもNGです。

トイレに流してはいけないものを流してしまったらどうなるの?

トイレの修理

トイレに流すべきではないものを流してしまったら、以下のことが起こってしまうかもしれません。

  • トイレが詰まってしまう
  • 修理業者に依頼して、修理してもらわなければならなくなるかも…修理代がかかる

修理業者に依頼しなければ、トイレの詰まりが解消しないケースは多々あります。そうなってしまうと、修理代金が発生し、思いもよらない大きな出費が発生してしまうかもしれません。

まとめ

トイレに流すべきではないものを流してしまうと、トイレが詰まったり故障する可能性が高くなります。流すべきではないものを把握し、トイレを正しい用途で使用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
トイレに流してはいけないものとは?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る