『食べ方が汚い人』の特徴や性格4選!直すためのコツはある?

山積みの食器

ある程度の年齢以上になっているにもかかわらず、食事の仕方が汚いとなると、不信感を持たれてしまうかもしれません。まずは、どのような食事方法が嫌煙されがちなのかをチェックしてみましょう。食べ方が汚い人の特徴や性格についても紹介しているので、自分が当てはまっていないか確認してみてください。食事方法を改善する方法もご紹介!

食べ方が汚いと思われてしまう人の食べ方

悩む女性

一緒に食事をしている人の中に、食べ方が汚い人がいると非常に気になりますよね。気にしないよう心がけていたとしても、どうしても目に留まりやすく、不快な音を立てているとなると気持ちよく食事ができないかも。

  • 口に食べ物が残っているのに喋る
  • べちゃべちゃ音を立てながら咀嚼する
  • 箸遣いが悪い
  • 左手がお留守
  • 犬食いするなど

上記のような食事の仕方をしていると、食べ方が汚いという印象を持たれやすくなるので注意しましょう。

『食べ方が汚い人』の特徴や性格4選!

食べこぼす様子

食べ方が汚い人の特徴は、以下の通りです。

1.集中力がない

食べることだけでなく、何事に対しても集中力にかける場合は、食べ方が汚くなりやすい傾向があります。

  • 正しい姿勢でずっと座っているのが苦痛
  • 正しく箸を使い続けることができない
  • 食事に集中できないので、食べこぼしたり食器の音を立てながら食事しがち
  • 注意散漫

視線や体制が安定していないと、食べこぼしてしまうことが多いので注意しましょう。

2.自分以外の物や人に対する敬意がない

自分が一番偉いと思い込んでいる人は、周囲の物や人に対して敬意を払えなくなってしまっていることがあります。

  • 肉や魚、野菜は食べるためのものでしかないと思っている
  • 料理を作る人は、それが仕事だから作るのが当たり前だと思っている
  • 客である自分がいなければ、お店は成り立たないと勘違いしている
  • 豊富な食べ物が食べられるのは、当たり前のことだと信じ込んでいる

食べ物があることが当たり前と思い込んでしまい、ふるまわれるのが当然と思い込んでしまうと、食べ方が粗雑になりやすくなります。

3.空気が読めない

周囲の人に気を配って食事することができない人も、食べ方には要注意!

  • 自分がよければそれでいいと思っている
  • 周囲の目があまり気にならない
  • 言わなくていいことを言い、やるべきことはおざなりにしがち
  • 空気を読もうという気持ちが、そもそも非常に薄い

周囲の人が味付けなどに対して疑問を持っていても黙っているのに、その努力を一瞬で水の泡にしてしまうタイプの人です。

4.自分が周囲にどう思われているか気にならない

自分のやりたいようにする、周りの人の意見はあまり耳には入らないタイプは、周囲からの評判を気にしません。

  • 食べ方が汚くて冷たい視線を浴びても、特になんとも感じない
  • 自分さえよければそれでいいという節がある
  • 周囲の目を気にしてまで、きれいに食事なければならないことに、抵抗を感じる
  • 嫌いなものがどんな形になってでも、絶対に残す

アレルギーであればまだしも、好き嫌いで料理を残して許される大人はいません。

汚い食べ方を直すためのコツ

食事の姿勢

周囲の人に不快な思いをさせてしまわないためにも、食べ方が気になっている人は以下のことを実践してみてください。

  • 姿勢を正し、きれいな姿勢で食事することを心がける
  • 食べこぼさないよう、口を閉じて食べる
  • 食べ物が口に入っているときは、話さない
  • 一気に大量の食材を口に入れない
  • 基本的なお箸やお皿の使い方を、一通り覚える

食事の所作が美しいと、自然と心地よい空気になり、会話も弾みます。

まとめ

食事の仕方は、人それぞれあります。しかし、個性の範疇を飛び越えた、周囲の人に不快感を与えてしまうような食べ方をしてしまうのはNG!

この記事のタイトルとURLをコピーする
山積みの食器

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る