家を買って後悔してしまう『5つの理由』 悔いのない選び方とは?

家のイメージ

一戸建てに住むと、周囲に過剰なほど神経を使いながら生活しなければならないストレスから解放されます。庭があれば、子どもの遊びや趣味が充実するかもしれません。しかし、安易な気持ちで家を買ってしまうと、のちのち後悔してしまうことも複数あります。どのようなことが挙げられるのか、是非チェックしてみてください。

憧れのマイホーム!建ててからが大変かも

マイホーム

一軒家を持つことにあこがれる人は、少なくありません。アパートのように上下左右の住民に気を遣わずのびのび生活できるのは、とても魅力的!庭付きともあると、子どもとの遊びや大規模な家庭菜園なども満喫できます。

しかし、マイホームを持つと想像以上に大変な面も出てきくるものです。どのような面で大変な思いをしやすいのか、ご紹介します。

家を買って後悔してしまう『5つの理由』

考える家族

家を買って後悔しがちなことは、以下のものが挙げられます。

1.住宅ローン+固定資産税の支払い

帰依を購入するとき、一括で購入する人は非常に少ないものです。大半の人が、住宅ローンを組んで家を購入します。

  • アパートなどの賃貸料より、住宅ローンの方が毎月に支払額が大きくなりやすい
  • 変動金利でローンを組むと、金利が高くなることがある
  • 住宅ローンだけでなく、固定資産税もかかる

固定資産税は、家を持っているだけでかかってくる税金です。馬鹿にならない金額なので、その点も注意しましょう。

2.住み心地が想像と異なる

住んでみると、思ったような快適な使い心地ではない印象を持つことがあります。

  • 住宅展示場で見学したときはよさそうだったのに、住んでみると住み心地が異なる
  • 開放的な空間を演出したリビングは、エアコンが効きにくい

上記のように、新築一戸建てがすべて良いというわけではないのです。

3.中古住宅を購入し、すぐに修繕が必要になる

中古住宅は、現物があるので住んでみて住み心地がよくないと感じることは少ないものです。しかし、中古住宅ならではのトラブルに見舞われることが多々あるので注意しましょう。

  • 経年劣化が目立ち、すぐに修繕が必要になる…外壁の補修・床の張替え・トイレやお風呂の作り直しなど
  • 現在の耐震強度に問題があるかも
  • シロアリ駆除の必要性など

古い中古住宅を購入する場合は、さらに出費がかさむ場面が起きやすくなります。

4.近所付き合いが想像以上に大変

一軒家に住むということは、近所付き合いや自治体に入ることを意味します。

  • 地区の集まりへの強制参加
  • 祭りへの強制参加
  • 近隣住民との日常のコミュニケーションのやりとり
  • 騒音が気になる…子どもが外遊びをする大音量の声・窓を開けての楽器演奏・カラオケなど

田舎の場合、自治体に入って祭りなどの行事に参加することが、ほぼ強制のようになっている場所もあります。

家を買って後悔しないためのポイント

考える夫婦

住んでみると住み心地がいまいちと感じやすい家であっても、家を購入するということは以下のようなメリットを得られやすくなります。

  • 財産になる
  • 売却できる
  • 貸し出しができる
  • 家族の人数に合った部屋数の家にする
  • 人すぎず狭すぎない、適度な大きさの家

広すぎる家は、絶対に使わない部屋ができるため、へ知屋の掃除がしにくくなります。住む人の人数に応じた、適度な大きさの家を選びましょう。

まとめ

家を購入するということは、大きな買い物をするということに直結しています。頻繁に買い替えることができないものだからこそ、慎重に家を選びましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
家のイメージ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る