金属製の水筒にスポーツドリンクを入れてはいけないって本当?なぜ?

水筒を開ける様子

金属製の水筒に、スポーツドリンクを入れるのはよくないって本当?どうしてスポーツドリンクを入れるべきではないのか、理由をご紹介します。金属製の水筒に負荷をかける飲み物や、負荷をかけてしまったときに起こる可能性があることも紹介しているので、体調を崩さないためにもしっかりと把握しておきましょう。

金属製水筒は、なんでも入れていいわけではない!

水筒で水を飲む女性

水筒は、自分の好きな飲み物を持ち歩けるので、ひとつ持っておけば非常に便利なアイテムです。しかし、水筒であれば、どんな種類の飲み物でも入れていいというわけではありません。金属製の水筒は、入れてはいけない種類の飲み物があるのです。

ついうっかり毎回入れるべきではない種類の飲み物を入れてしまうと、思いがけないトラブルに遭遇してしまうかもしれません。

金属製の水筒にスポーツドリンクを入れてはいけない理由

バツ印を出す女性

金属製の水筒にスポーツドリンクを入れると、体調を崩してしまうかもしれません。どうして体調を崩してしまうのか、スポーツドリンク以外にも入れるべきではないものがあるのかをチェックしてみましょう。

金属製の水筒にスポーツドリンクを入れると、起こるかもしれないこと

金属製の水筒にスポーツドリンクを入れると、以下のことが起きるかもしれません。

  • 頭痛
  • めまい
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 最悪の場合…吐血や下血などショック状態になる

幼い子どもや体調がすぐれない人、暑い時期に上記の症状を起こしてしまうと、非常に危険です。

どうして金属中毒を起こしてしまうの?

金属製の水筒にスポーツドリンクを入れると、金属が酸性の飲料に溶けだしてしまいます。そのため、水分に溶けだした金属を摂取することで、中毒を起こしてしまうのです。

これは、金属製の水筒にだけ起こることではありません。金属製のやかんに酸性の飲み物を入れておいても起こることなので、十分注意しましょう。

メーカーが安全だといっているものであれば大丈夫?

近年の金属製水筒は、内側にコーティングが施されているため、安全性がアップしています。コーティングがスポーツドリンクの酸だけで溶け可能性は、かなり低いともいわれているほどです。

しかし、コーティングが剥げて金属部分が溶けださないという保証はありません。洗うときに水筒の内側を傷つけてしまうと、酸で金属が飲料に溶けだしてしまうことは十分あり得ます。

金属製の水筒に入れてはいけないもの

スポーツドリンクだけでなく、酸性の飲み物は金属製の水筒に入れるべきではありません。

  • オレンジジュースなどかんきつ系の飲み物
  • 乳酸菌飲料…飲むヨーグルトやヤクルトなど
  • ビタミン飲料…栄養ドリンク類など
  • 味噌汁
  • 炭酸飲料…膨張してふたが開きにくくなる。場合によっては、水筒が破裂することもあるので要注意

上記のものは、金属製の水筒に入れると、体に大きな負担をかけたり危険な目に合ってしまうかもしれません。

金属製の水筒に入れてもよい飲み物

お茶

金属製の水筒に入れてもよいものは、以下のものが挙げられます。

  • お茶
  • 麦茶

飲んだ後にのどが乾かない飲料なので、持ち歩くとき、特に暑い時期は上記のものを選ぶのがおすすめです。

まとめ

金属製の水筒に入れるべきではないものは、スポーツドリンクだけではありません。入れるべきではない飲料は避け、安全面に考慮して金属製の水筒を活用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
水筒を開ける様子

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る