1回の自炊でかかる値段ってどれくらい?平均値と節約するコツを解説

財布を持つ女性

自炊と外食、どちらが安いのか疑問を持っている人はたくさんいます。自炊1回にかかる費用は、なかなか想像がつかないものです。もしかすると外食の方が安くつくのでは?と思っている人必見!自炊したとき1回の値段をご紹介します。外食との価格の違いを見比べて、どれくらいの値段の違いがあるのかチェックしてみましょう。

自炊と外食、安上がりなのは?

考える女性

自炊と外食はどちらが安上がりなのか、気になっている人は少なくありません。特に、ひとり暮らしをしている人は気になりますよね。

安い食材を選び、調理すると自炊の方が安く節約につながります。しかし、高級な食材ばかりを購入してしまうと、外食で安いものを食べた方が安上がりになることもあるので、自炊が絶対に安いとは断言できません。

1回の自炊でかかる値段ってどれくらい?外食より安い?

自炊する女性

1回の自炊でかかる費用は、どれくらいなのかをまとめました。自炊していても外食の方が高くついてしまうケースも、紹介しています。

節約を意識して調理した場合は安く上がる

自炊をするとき、安価なものを意識して調理すると、300~500円ほどで調理できることが多いです。1人の平均値が500円の場合、家族4人の場合は2000円ほどで食事が食べられるのは、外食よりも安いですよね。

外食は1回につき1000円前後かかることも少なくなく、お総菜を購入すると安くてもひとつ150~200円、他のものを買い足すとさらにお金がかかります。

特売のものを購入したとしても、自炊よりは高くつくことが多い傾向。栄養バランスを考えると単品やお弁当だけを購入するわけにはいかないので、結局高くなってしまいます。

自炊でも外食より食費が高くなることはある?

自炊で節約していたとしても、外食の方がトータル安くなるという人は、以下のことを行っていないかチェックしてみてください。

  • 価格を見ず、自分の食べたいものを購入する
  • せっかく購入した食材を腐らせてしまい破棄する、を繰り返す
  • 料理せず、温めるだけの総菜ばかり購入する

このほかにも、水の出しっぱなしやコンロの火力が強すぎる、冷蔵庫の開けっ放しなどで光熱費が高くなってしまう恐れがあります。自炊をするときは、料理だけではなく光熱費を節約することにも意識を向ける必要があるのです。

食費を節約するコツ

買い物をする女性

食費を節約するためには、以下の行動を心がけてみてください。

  • 旬の食材を購入する…栄養価が高く、安いことが多い
  • 買い物に行く回数を決めておく…週に1~2回のまとめ買いがおすすめ
  • 食費を決めておく
  • 可能な限りやすい食材を選ぶ…劣化していないかを十分確認する
  • ガスコンロだけではなく、電子レンジも活用…下茹でなど、料理の時短に最適
  • 作り置きをする

作り置きや買いだめは、節約の基本です。しかし、劣化させてしまっては意味がありません。食べきれる量の作り置きと、すぐに使用しない生ものは冷凍に回すなどの工夫を凝らすことで、節約しやすくなりますよ。

まとめ

1人にかかる食費は、節約を心がけることで節約することが可能です。たまには外食もいいですが、基本的には自炊を心がけて節約しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
財布を持つ女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る