御朱印帳の使い方とマナーと良くある疑問

御朱印集めが話題になって、旅行などで有名な神社やお寺に参拝に行った記念に御朱印帳を購入して始めてみた方も少なくはないと思います。購入してみたものの、御朱印帳の正しい使い方、保管の方法、御朱印をいただく時のマナーなど良くわからず、疑問に思うことはありませんか?今回は御朱印帳の使い方やマナーについて紹介します。

御朱印帳の使い方

御朱印帳

御朱印帳の基本的な使い方をご紹介いたします。

御朱印帳は御朱印をいただくためのもので、御朱印にはその神社やお寺の名前と共に参拝した年月日が記入されるので、記録と共に神社やお寺の参拝の証となります。つまり御朱印帳の使い方は訪れた神社やお寺とご縁ができたことを目にも見える形で残しておくものです。

御朱印帳の使い方として、通常は御朱印をいただく前に参拝し、参拝を終えたら御朱印を授与してくれる場所(神社やお寺によって場所が異なります。)に行って御朱印をいただきます。スタンプラリーのように御朱印をコレクションしていくだけものではありません。

御朱印帳は一般的にお寺や神社で御朱印をいただくときに御朱印帳を購入することが多いのですが、お寺や神社ごとにデザインが違うものを販売していますので、好みのものを購入して利用するのも楽しみのひとつです。

また、御朱印帳は文具店やインターネットのサイトでも販売されています。蛇腹式、帳面式、和綴じ式の種類も選べてデザインも豊富です。気に入ったものを探して利用するのも購入するのも楽しみのひとつになります。

御朱印帳の使い方として、御朱印帳の表紙には細長く白い和紙が貼ってあることがあります。ここには「御朱印帳(御朱印帖)」と筆書きで記入します。神社やお寺で御朱印帳を購入し、その神社の御朱印をいただくときにお願いをすると書いていただくことができます。

紛失防止の目的や授与所での受け取り間違いを避けるために、表紙の裏や裏表紙の裏に自分の住所や名前を書いておきましょう。

御朱印帳を持ち運ぶ時は、布製の「御朱印帳袋」に入れて持ち歩きましょう。バッグ等に御朱印帳をそのまま入れてしまうとバッグの中で擦れて汚れてしまうことがあります。

御朱印帳は、訪れた神社やお寺とのご縁ができたことを感じるものですので大切に扱いましょう。最近では汚れを防止できるビニールが付いている御朱印帳も多いので、普段はしっかりビニールをかけた状態にして汚れへの対策をしましょう。

御朱印帳の保管の方法は、御朱印帳は神様や仏様との大事なつながりの証ですので、神棚が家にある方は箱に入れて神棚に置くまたは仏壇の引き出しに入れておくとするのが一般的に良いとされています。神棚も仏壇もないお宅の場合は、貴重品と同じように扱い大切な物を保管している場所に保管しましょう。

御朱印帳の種類と大きさ

御朱印帳

御朱印帳には種類がありますが使い方は変わりません。蛇腹式と本のような帳面式と和綴じ式です。どの方式の御朱印帳を選ぶかは好みの問題になりますので、ご自分の好きなものを選んでも問題ありません。

蛇腹式

蛇腹式は中の和紙が折りたたまれた形の御朱印帳で、お経のように横に広げてズラーっと御朱印を見ることができます。蛇腹式の御朱印帳の使い方としては、右開きで御朱印は右のページからいただきますが御朱印の記入面が平らになるので書きやすいという利点があります。

帳面式

帳面式は本のようになっており、持ち歩きやすいのですが御朱印の記入面が平らになりづらく、しっかりと開かなければならないので折り目がつきやすくなってしまい、中の和紙が薄い場合は裏側に墨が移ってしまったりすることがあります。帳面式を購入するときは紙が薄いものではなく紙がしっかりしている物を選びましょう。

和綴じ式

和綴じ式は中の和紙が紐で綴じられています。中の紙を綴じ直すことができるので、札所の順番通りに行けなかった場合は後から順番どおりに並べ替えることができます。そのため札所巡りをする方に多く選ばれています。

御朱印帳の大きさは縦16cm×横11のサイズと縦18cm、横12cmの大きなサイズの2種類あります。お寺では大サイズ、神社では小サイズを選ぶ方が多いとされていますが、必ずそのように選ばなくてはならないわけではありません。好みのものを選んでも問題ありません。

御朱印をいただくときのマナー

御朱印帳

御朱印帳の使い方として、御朱印をいただく時のマナーをご紹介したいと思います。御朱印をいただく時は、神社やお寺の方に要らぬお手間を取らせない、失礼なことをしないことを念頭にしましょう。

御朱印帳を開いて渡す

汚れ防止のビニールがついているご朱印帳はビニールを外して渡します。紐で綴ってあるタイプの御朱印帳の場合は紐を緩めて開きやすくしてから渡しましょう。御朱印を書いていただく場所を開いた状態で「こちらにお願いします」と言ってご朱印帳をお渡ししましょう。

お釣りが無いようにする

御朱印の代金をお渡しする時は小銭を用意してお釣りのないように渡しましょう。

参拝中の時間を有効活用する

参拝者の多い神社やお寺の場合、御朱印帳を預けてから受け取るまで時間が掛かってしまう場合があります。授与所に御朱印帳を預けてから参拝し、参拝中の時間を有効活用し御朱印をいただきましょう。その場合は必ず「これからお参りしてきますので帰りに寄らせていただきます」と伝えましょう。

御朱印帳に関する良くある疑問

御朱印帳

神社とお寺の御朱印はひとつの御朱印帳に混在させても良いもの?

神社とお寺の御朱印が混在することを良しとしない神社やお寺もありますが、御朱印帳の使い方の基本は訪れて参拝した神社やお寺との縁を個人的に感じる物ですので同じ御朱印帳に神社とお寺が混在しても問題無いと考えます。

但し、お断りされた場合の神社やお寺の場合には御朱印帳を分ける必要があります。可能ならば神社とお寺で別々に用意しておくと良いでしょう。

御朱印帳はどこでいただくの?

御朱印をいただく場所は、神社では社務所や授与所、お寺では納経所などで扱っています。お守りなどを売っている場所のそばに御朱印授与所の表示がある場所でいただくことができます。御朱印帳の使い方として覚えておいてください。

御朱印の初穂料はいくら?

御朱印を書いてもらうときの初穂料(お納めするお金)の相場は300円です。神社やお寺によっては、お釣りを用意できていないこともあるので、お釣りが無い様に小銭を用意しておきましょう。

御朱印帳を自宅に忘れてしまった場合は?

御朱印帳を持参するのを忘れてしまった場合は、御朱印の受付で「書き置き」ができるか確認してください。書き置きとはあらかじめ紙に書かれて用意されている御朱印です。帰宅後に自分の御朱印帳に貼り付けましょう。

同じ神社で何度も御朱印をいただいても良い?

同じ神社で何度も御朱印をいただいても問題ありません。また同じ神社やお寺でも建物ごとに御朱印が用意されているされている場合もあります。

御朱印帳の裏側も使っても良い?

蛇腹式の御朱印帳の場合、いただいた御朱印の裏面は無地のままでそのままにしておくのはもったいないと思ったことはありませんか?

御朱印は裏面の無地の場所に書いていただいても問題ありません。通常、御朱印帳は厚手の和紙を使用しているので裏側に墨が滲んでしまうことがほとんどありません。

但し、中には和紙の素材が薄いものもあります。その場合は滲みがでてしまう可能性も高くなるので注意してください。

書置きの御朱印のみをいただく場合

千葉神社

有名な神社やお寺で土日祝日は参拝者が多く、御朱印帳への記入が対応できないことがあります。そのような神社やお寺では、事前に御朱印帳の大きさの和紙に御朱印が書かれた書置きの御朱印をいただくことができます。

小さな神社で専従の方が常駐していない場合でも書置きの御朱印が用意されている場合もあるので、社務所などで御朱印がいただけるか確認しましょう。御朱印帳の使い方として、いただいた書置きの御朱印は御朱印帳の続きのページに糊を使って貼り付けましょう。

御朱印帳の御朱印をいただけないお寺もあるので注意

親鸞 浄土真宗

浄土真宗のお寺では御朱印をいただくことはできません。これはお寺にお参りしたことがあるかどうかではなく、お参りして教えに出会ったことが重要という考えで、さまざまに変化する状況の中で教えを聞き続けることが大事という浄土真宗の教えなので、御朱印はいただくことができません。

まとめ

御朱印帳

今回は御朱印帳の使い方やマナーについて紹介しました。御朱印帳は御守や御札のように一定期間後に納めるものではありません。ご自分で一生を掛けて神社やお寺との縁を感じるものです。大切に保管して時折御朱印帳を開いて神社やお寺とのひとつひとつを確認しましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる