『電車の忘れ物ランキング』トップ3!ありがちなモノや忘れ物の届け先を解説

電車の中

電車に乗ると、忘れ物をしやすくなります。どんなものが忘れられやすいのか、ランキング形式でまとめました。想像しているものだけでなく、一見忘れそうにないものまで含まれているので要チェック!自分には関係ないと思い込まず、忘れやすいものを把握しておきましょう。また、忘れ物をしたときの届け先についても解説しています。

ついうっかり!電車の中で忘れ物をしてしまった!

驚く女性

電車での移動は、衝撃が少ないためついウトウトしたり、自分の世界に没頭してしまいがち。忘れ物をすることも、少なくないといえます。

今回は、電車で忘れやすいものを、ランキング形式でご紹介します。どのようなものが忘れられてしまいやすいかをチェックし、電車に乗ったとき持ちものを置き忘れないよう注意しましょう。

『電車の忘れ物ランキング』トップ3!

電車の荷物置き

電車で忘れやすいものとは、どのようなものがあるのでしょうか。もしかしたら、想像していないものがランクインしているかもしれません。

3位.現金

現金を忘れると聞くと、耳を疑ってしまうかもしれません。しかし、意外と忘れてしまう人が多く、トップ3にランクインしました。

  • 意外にも多く、年々増加傾向
  • 普段持ち歩かない袋などに入れていると、そのまま置き忘れてしまうことがある

現金は、持ち去られてしまったら、取り返しがつきません。できるだけ肌身離さず持ち歩けるよう、普段から使っているバッグに入れるなどの工夫を実施しましょう。

2位.書類・封筒・紙袋

書類や封筒、紙袋は、会社員だけでなく荷物が多い学生さんも忘れていきやすいものです。

  • 手荷物が多く、電車が空いているときは、隣の席に書類や封筒を置いてそのまま忘れる
  • 書類などをひとまとめにした紙袋を、足元に置いてそのまま置いていく

上記のものは、日常的に持ち歩く習慣が身についていない人が多い傾向です。持ちなれないものを持っているときは足元などに置かず、膝の上に置いたり足の間に挟むなどして、存在を忘れないよう注意してくださいね。

1位.傘

電車だけに限らず、いろいろなところで置忘れが多い傘。もちろん、電車内での忘れ物のトップに君臨しました。

  • 電車内は雨が降りこまず、安心してしまうため
  • 下車するまでの時間に外が晴れて、傘を持っていたことを忘れてしまう
  • 傘を持つ習慣が少ないため、つい忘れてしまいがち

天候が回復したときなど、特に忘れやすいので注意が必要です。傘を持っているときは、手に握った状態で振り回すと、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。腕にかける、先端を下向きに向けて持つなどの工夫が必要です。

電車内の忘れ物の届け先は?

悩む女性

電車内で忘れ物をしたときには、以下の行動を取りましょう。

  • 駅や鉄道会社に問い合わせをする
  • 落とし物の内容を伝える
  • 見つかった駅に回収に向かう

そのまま放置してしまうと、鉄道会社で3日ほど保管したあとは警察が回収します。平均で1~2週間、最長で3か月ほど保管され、持ち主が現れなければ処分となるります。大切なものをなくしたのであれば、できるだけ早く駅や出鉄道会社に問い合わせを行いましょう。

忘れ物の約7割は、処分や競売にかけられているのが現実です。自分のものは、責任をもってしっかりと管理しましょう。

まとめ

電車内での忘れ物は、想像通りのものだけでなく、思いがけないものまで含まれています。自分には関係ないと思い込まず、忘れ物をしないよう電車に乗ったときは注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
電車の中

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る