梅雨にコバエが大量発生してしまう原因4つ!駆除方法や予防対策は?

コバエが発生する原因とは

梅雨になると、ジメジメして過ごしにくい日が多くなります。それだけでなく、室内でコバエが大繁殖する危険もある時期!少しの油断で、気づいたときには家の中の至る場所でコバエが繁殖しているかもしれません。コバエが繁殖してしまう原因を把握し、正しい対策方法を取りましょう。コバエが沸いたときの駆除方法も、紹介しています。

梅雨に入ると、なぜか大繁殖するコバエ!

頭を抱える女性

ジメジメする梅雨になると、洗濯物が乾きにくかったり肌がべたつくなどの、マイナートラブルに見舞われやすくなります。

それだけでなく、湿度が高いため部屋に嫌な臭いがこもりやすくなりますよね。食材が傷みやすく、窓のサッシなどの小さな隙間から侵入したコバエが、気が付いたときには大量繁殖していることも!

コバエは一度増えると駆除が大変なので、繁殖する可能性のある場所を把握しておきましょう。

梅雨にコバエが大量発生してしまう原因4つ!

生ゴミ

梅雨にコバエが大量繁殖してしまう原因は、以下のものが挙げられます。

1.気温が高い

コバエは25℃以上の気温を好むため、梅雨時期には繁殖しやすい傾向があります。気温が高い状態が、安定して長く続く場合は要注意!日中仕事で家を空けると、室内の温度が上がりやすくなります。コバエの繁殖しやすい環境が整うので、繁殖場所を作らないようにしましょう。

2.湿度が高い

コバエは、湿度が70パーセント以上になると、繫殖しやすくなります。梅雨のジメジメとした室内環境が、コバエを増やす原因になっているかもしれません。帰宅したら窓を開けたりエアコンをつけるなど、室内の湿気を除去する習慣をつけましょう。

3.繁殖しやすい場所がある

コバエが繁殖しやすい場所は、ちょっとさぼってしまったものであることが多いです。

  • 生ゴミのカスを放置
  • コーヒーかすなどを放置
  • ペットのフンを片付けていない
  • 観葉植物が根腐れしている
  • 昆虫などの死骸が放置されている
  • 花瓶の水が腐敗しているなど

上記のものは、梅雨時期になると嫌な臭いの原因につながるものです。早めに処理しましょう。

4.繁殖スピードが速い

コバエの繁殖スピードは非常に速いので、一度増え始めると一気に数が増えてしまいます。

  • 卵の期間が短い…最短2日で孵化
  • 卵から成虫になるまでの期間が短い…最短で約10日ほどで成虫になる
  • 成虫になり、産卵開始までの期間が短い…最短で約2日
  • 一度の産卵数が多い…最大50個前後になることも

上記のように、短いスパンで爆発的に数が増えるのが特徴です。

コバエの駆除方法&予防対策

コバエ除去

増えてしまったコバエは、以下の方法で駆除しましょう。

  • コバエ専用殺虫剤グッズを使う
  • 殺虫スプレーで撃退する
  • 水に弱いコバエであれば、洗い流してしまう

コバエを完全に除去しきるためには、時間がかかってしまいます。まずは、コバエが繁殖しないような対策を行いましょう。簡単な対策をして、コバエが発生しないよう注意してください。

  • 生ごみの処理をその都度行う
  • ペットの食べ残しやフンは、できるだけ早く片付ける
  • 室内の観葉植物などは、腐らせないよう管理する
  • 食器はできるだけ早く洗い、残飯を残さない
  • 除湿する
  • 隙間テープを使って、コバエの侵入経路を断つ

コバエの侵入を防ぎ、侵入したコバエが繁殖しにくい環境を整えることで、快適に暮らしやすい環境が整いやすくなりますよ。

まとめ

コバエは、一度増え始めると一気に数が増加してしまいます。コバエが繁殖しやすくなる環境が整わないよう、梅雨時期は特に注意が必要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
コバエが発生する原因とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる