買ってはいけない『財布の色』4選!運気がガクッとさがるワケ

買ってはいけない財布の色とは

財布の色は、金運を左右する可能性を秘めています。自分の好きな色のものを選ぶことも大切ですが、もしかすると好みの色という理由だけで財布を購入してしまうと、金運を下げる財布を手元に置くことになるかもしれません。今回は、選ぶべきではない財布の色について、ご紹介します。おすすめの財布の色についてもまとめているので、必見です。

お気に入りの財布、もしかして運気を下げているかも

お金と財布と電卓

財布は毎日使うものなので、自分が使いやすいものを選びたいですよね。しかし、自分にぴったりだと思っている財布であっても、金運を下げるカラーのものである場合、お金が貯まりにくくなってしまっているかもしれません。

今回は、財布を買い替える前に知っておきたい選ぶべきではない財布の色についてご紹介します。財布におすすめの色も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

買ってはいけない『財布の色』4選!

お金がない女性

購入すべきではない財布の色は、以下のものが挙げられます。

1.赤色

赤色は、財布に使用しないほうがよい色とされています。

  • 赤字財布といわれており、出費が増えやすくなる
  • 火を連想させ、運気を燃やすとされている

お金にまつわることや、引っ越し祝いなどは、基本的に赤色のものは選ばないほうが無難です。

2.黄色

黄色は、一般的には金運を高める色といわれています。しかし、以下のものは金運を下げてしまう可能性があるので注意しましょう。

  • 真っ黄色…お金の出入りが激しくなり、出費が増えやすくなる
  • 外側が黄色…浪費財布といわれており、お金が貯まりにくい

黄色い財布を選ぶならば、優しい黄色化黄土色に近い色を選ぶのがおすすめです。

3.青色

青色は冷静さを表すカラーですが、金運を上げる力はあまり強くなありません。

  • 浪費防止の効果を持っている
  • お金を出し渋りやすくなるため、金運を上げにくい

お金が出ていきにくくなりますが、お金の回転率を上げるのには不向きな色といえます。

4.柄物

一色ではなく、柄物の財布を購入する場合は、運気を下げる柄のものを選ばないよう注意してください。

  • キャラクターもの…金運が逃げる
  • 花柄…交際費がかかりやすくなる
  • ストライプ柄…お金の出入りが激しい

上記に色のものは、かわいらしいデザインにものが多いため、つい選びがち。ワンポイントであれば大きな影響はないかもしれませんが、前面にプリントされているときは選ばないようにしましょう。

財布のおすすめカラー

茶色い財布とお金

金運をアップさせたいときは、財布にぴったりの色を選びましょう。

  • その年のラッキーカラー
  • 金色…金運をアップさせるパワーが強い
  • 黒色…浪費を防ぎ、財産を守る
  • 茶色…金運を育て、無駄使いを防止する
  • 白色…金運ほどではないが強い金運を持ち、浄化作用がある
  • 緑色…一度手元から離れていったお金が、再度戻ってくる
  • 紫色…財布の邪気を払い、間接的に金運を高める

1年ごとに財布を新調している場合は、その年のトレンドカラーのものを選ぶと金運が上がりやすくなりますよ。数年間同じ財布を使い続ける場合は、色の意味を加味して財布を選ぶようにしましょう。

あまりにもはっきりとした色のものを選ぶと、使える場面が限られる可能性があります。どのような場面でも使用したいのであれば、少し淡い色のものを選ぶのもアリ!

まとめ

財布を購入するときは、色にもこだわりを持ちましょう。自分が財布を買い替えるサイクルなどを考慮し、財布購入後のお金の使い方などを考慮すると、自分が買うべき財布の色が明確になりやすいのでおすすめです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
買ってはいけない財布の色とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる