lineで「ありがとう」に返信は必要?おすすめの例文

line

lineで「ありがとう」と送られてくることはよくあることです。このお礼の言葉を受け取った場合、あなたからさらに返信する必要はあるのでしょうか?そのままスルーするのは失礼なような気もするし、再度返信するのもやり過ぎかも…と悩んでしまいますよね。この記事ではお礼への返信は必要かどうか、「ありがとう」のlineへのおすすめの例文についてご紹介します!

lineで「ありがとう」に返信は必要?

スマホのトーク画面

lineの相手から「ありがとう」と感謝の言葉が返ってくることがありますよね。そのときになんて返そうか迷ってしまう…という経験ありませんか?

家族や親しい仲であれば返信をしなくても良いでしょうし、「OK!」や「いいね!」の単純なスタンプで済ましてしまうという方もいるようです。

どうしたらいいのか悩んでしまうようでしたら、相手からの感謝の気持ちに応えるためにも簡単な言葉で返信しておいたほうが無難ではないでしょうか。

確かに、自分が「ありがとう」と伝えたときに、何もないより一言でもあればうれしいですよね。

また、お手伝いや親切などの行為に対してのお礼なのか、贈り物に対してのお礼なのか、もちろん相手との関係やお付き合いの深さによっても、しっくりくる返信の言葉は変わってきます。

どちらにしても、気持ちの良いやり取りができると素敵ですよね。

「返信不要」と書かれていたらどうする?

友人同士のlineで「返信不要です」と書かれていたら、返信せずにそのままで大丈夫です。「返信不要」というメッセージに込められている心理には、

  • 「何度もやり取りすることで手間を掛けさせたくない」という相手への気遣い。
  • 忙しくて手が離せない状況下で、「できれば自分も手間をかけたくない」という本心が潜んでいる。

などのケースが考えられます。

だとすれば、「返信不要」の文字通りに受け取っても失礼にはあたりません。どうしても、「返信不要」を言葉通りうのみにして終了することが無視しているようで気が引けると感じるなら、スタンプだけポン!と送っても良いのではないでしょうか。

もしくは、次の章でご紹介する例文を参考に「短く一言だけ送る」など簡単に済ませみてはいかがでしょうか。その場合、ダラダラと長い文章を送るのではなく、シンプルなメッセージで済ませた方が気を遣わせることなく終了できます。

一例として、「返信不要って書いてあったけど、うれしかったのでついついお返事してしまいました。」というような返事はどうでしょうか。

一般的な社交辞令ではない可愛げのあるメールのやりとりができると素敵ですよね。

《 ポイント 》

  • 「ありがとう」のlineには簡単な言葉で返信したほうが無難。
  • スタンプだけポン!と送るか、シンプルなメッセージで。
  • 友人間で「返信不要」と書かれていたら、返信しなくても良い。

lineで「ありがとう」と言われた時の返信例文

line

では、lineで「ありがとう」と言われた時に返す気の利いた言い回しを例文を用いて紹介しましょう。

あまりだらだらと入れてしまうと、再度返事をしなくてはいけないと相手の方が気を遣ってしまうかもしれませんので、一言ぐらいがちょうど良いでしょう。

【手伝いや協力をしたあなたに対して「ありがとう」のlineがきたときの返信例】

  • いえいえ、いつでも頼ってください。
  • どういたしまして。明日、頑張ろうね。
  • どういたしまして。いつでも聞いてね。
  • お役に立ててうれしいです。
  • 困ったときはお互い様です!
  • またいつでもどうぞ。
  • またいつでも言ってね。
  • こちらこそ、楽しかったです。

【プレゼントを贈った相手から「ありがとう」のlineがきたときの返信例】

  • 気にいってもらえて私もうれしいです。
  • 喜んでもらえて良かったです。
  • すごくおススメなのでぜひ使ってね。
  • きっとこれが似合うと思って選びました。

【一緒に出かけたり、一緒に過ごした相手から「ありがとう」のlineがきたときの返信例】

  • 無事に帰宅できたようで安心しました。
  • こちらこそ、色々話せて楽しかったです。
  • こちらこそ、会えてうれしかったです。
  • ではまた次回。
  • 今度は○○を食べに行きましょう。
  • また誘ってね。
  • また会える日を楽しみにしています。
  • 時間とれたらまた会いたいね。
  • また今度お茶しようね。
  • ほんと楽しかったー

【長い時間lineでやりとりした相手から「ありがとう」のlineがきたときの返信例】

  • こちらこそ、忙しいのに時間とってくれてありがとう。
  • いつも連絡くれてありがとう。
  • 長い時間やりとりして楽しかったね。
  • また今度感想を聞かせてね。
  • また時間取ってゆっくりおしゃべりしようね。
  • こちらこそ話し相手になってくれてありがとう。
  • 私の方こそlineでストレス解消になりました。

《 ポイント 》

  • だらだらとした返事ではなく、相手が気を遣わないように一言ぐらいがちょうど良い。

ママ友からlineで「ありがとう」と言われた時の対応

ママ友

ママ友との付き合いはルールやマナーの加減が難しく、戸惑うことが珍しくありません。lineはとても便利ですが、ママ友付き合いは普通の友達と違うので送る内容が難しいと感じることもあるでしょう。

ママ友からlineで「ありがとう」と言われた時の対応として、「一言でも返すべきか」と迷ってしまうのは当然です。些細なことでトラブルに発展しないためにも、「ありがとう」と言われた時には何かしら返信したほうが良いでしょう。

あまりに丁寧すぎると疲れてしまいますが、いろんな考えを持ったママがいるので、「これが正解」という答えはありません。ただ言えることは、気さくなものより丁寧な文面にしておいたほうが良いでしょう。

もしも迷うようでしたら、相手のママだったらどうするだろうか、どうされたら喜ぶだろうかと想像してみたらいかがでしょうか。

ありがとうに対して「はーい」+「絵文字」でもOK

「ありがとう」の返事で「はーい」というのを見かけますが、ママ友間でのやり取りではどうでしょうか?何となく軽い印象もありますが…たしかに「はーい」と、文字だけだと何となく無関心で軽く扱われたような印象ですよね。

そこで、「はーい(^^)」のように「はーい」+「絵文字」だと、それほど素っ気なさが気にならなくなります。実際に、ママ友の間では「ありがとう!」「はーい(^^)」というやり取りって頻繁に使われているようですね。

「ありがとう」に対して「はーい(^^)」と返されると、「気にしなくていいよ」とか「大丈夫だよ」のニュアンスが込められていると受け取ってもらえるのではないでしょうか。

ただし、まだそれほど親しくないママ友には避けた方が無難かもしれませんよ。

《 ポイント 》

  • ママ友から「ありがとう」とlineがきたら何かしら返信したほうが良い。
  • 「はーい」+「絵文字」は頻繁に使われている。
  • 「はーい(^^)」は「気にしなくていいよ」「大丈夫だよ」のニュアンスが込められている。

仕事関係のlineで「ありがとう」と言われた時の対応

仕事関係

会社の先輩や上司など仕事関係の人からlineで「ありがとう」と言われたとき、なんて返事をすれば良いのでしょうか?

ビジネスマナーを把握しているつもりでも、こうした上司からのお礼に対する返信マナーは意外とわからないものです。

悩んだ結果、返信しないままにしておくという人もいますが、それは失礼にあたります。実際に、上司から「ありがとう」とlineが届いたときって、何だかうれしい気分になりますよね。

深く考える必要はありませんので、自分の素直な気持ちを伝えましょう。

【仕事関係の人から「ありがとう」とlineがきたときの返信例】

  • こちらこそありがとうございます。
  • お気遣いありがとうございます。
  • お役に立ててうれしいです。
  • あたたかいご配慮ありがとうございます。
  • うれしいお言葉ありがとうございます。
  • また何かお手伝いできることがありましたらおっしゃって下さい。
  • 喜んで頂けて私もうれしいです。

【注意すること】
友人ではありませんので、「どういたしまして」や「いえいえ」という言葉は使わないように気をつけてください。

「どういたしまして」はついつい気軽に使ってしまいそうになりますが、「適当に対応したので気にしないで下さい」「それほど大変ではなかったので大丈夫」といった意味でもあるので、仕事関係の人に対してこの表現は適していません。

ただし、とても仲の良い先輩でしたら、「どういたしまして」と返事をしても失礼だと思われることはないでしょう。

他にもう一点、注意しなければいけないことは、仕事関係の人に対してスタンプのみの返信は厳禁です。相手の方を軽んじているような失礼な印象を与えてしまいますよ。

《 ポイント 》

  • 仕事関係の人へ返信しないでいるのは失礼にあたる。
  • 友人ではないので、「どういたしまして」や「いえいえ」は使わない。
  • 仕事関係の人に、スタンプのみの返信は厳禁。

最後に

line

lineで「ありがとう」に返信は必要かどうか、そしておすすめの例文についていかがでしたでしょうか?

口頭でいわれるのと同じように、lineで「ありがとう」とお礼の言葉を言われて嫌な人なんていませんよね。「ありがとう」という感謝の言葉にはパワーが宿っていますので、言われた人を元気にしてくれます。

「ありがとう」と届いたlineに返信した方が良いのか迷ったら、「その相手だったらどうするのか」、「どうされたらうれしいと思うのか」を想像してみると答えが見えてくるのではないでしょうか。

「ありがとう」に対する自分らしいスタンプをダウンロードして、用意しておくのも良いでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
line

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる