お風呂は1回溜めるといくら水道代がかかるの?年間の平均値と節約するワザ

お湯を張っている浴槽

お風呂の浴槽にお湯をためて入浴時間を満喫するのが毎日の楽しみ…という人も多いでしょう。しかし、毎日お湯をためていると水道代が気になりますよね。この記事では、お風呂にお湯を1回ためると水道代はいくらかかるのか、また水道代を節約する方法などを解説します。

お風呂での入浴タイムは極上のリラックス空間♪

浴槽にはいってリラックスしている女性

皆さんは、お風呂の浴槽にお湯をためて入浴する習慣はありますか。人によっては、毎日の入浴タイムが極上のリラックス空間だと楽しみにしている人もいるでしょう。

最近は、入浴剤の種類も増え、お風呂の入浴中に使えるケアアイテムや美顔器なども多いです。そのため、美容のために入浴時間を活用しているという人も少なくありません。

また、お子様がいるご家庭では、入浴中に一緒におもちゃで遊んだり、その日にあった出来事を話したりすることで、リラックス効果も相まって、親子の絆を育むきっかけにもなると言われています。

毎日お湯をためると水道代が高くなる?

しかし、毎日のように入浴していると、気になるのは水道代です。毎日お湯を替えている場合、毎日新しいお湯を浴槽にためなければいけないため、その分、大量のお湯を使用することになります。

「毎日お湯をためているけれど、1回浴槽にお湯をためるとどのくらいの水道代がかかるのだろう」と疑問に思ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

お風呂を1回ためると水道代はいくらになるの?

お湯を入れているバスタブ

お風呂を1回ためると、水道代はどのくらいかかるのだろうと疑問を持ったことがある人は多いでしょう。特に、毎日お湯をためている人であれば、水道代が高くなってしまうのではと心配している人も少なくないはず。

ここではお風呂を1回ためると水道代はいくらになるのか、また年間の平均値についても紹介します。

お風呂を1回ためた場合の平均水道代

一般的な家庭の浴槽サイズであれば、1回にためるお湯の量は約200Lです。200Lのお湯は、水道代に換算すると35円ほどになります。

1日1回お風呂のお湯をためるのにかかる金額が35円と聞いて、「そんなに高くないんだ」と感じる人もいるかもしれません。しかし、もしも毎日ためている場合は、1ヶ月で1,050円〜1,100円ほどかかっていることになるので、決して安いとは言い切れません。

1年間に換算するとどのくらい?

毎日浴槽にお湯をためているご家庭の場合、1ヶ月で1,050円〜1,100円ほどかかります。1年間に換算すると、約12,600円〜13,200円が浴槽のお湯をためる水道代に使われていることになるのです。

ちなみに、世帯ごとの平均水道料金は、そう世帯平均で1ヶ月約4,131円という調査結果が出ています。家族の人数でも水道代は変わりますが、1年間に換算すると約50,000円です。

水道はお風呂以外にも洗面所、トイレ、キッチンなどあらゆる場所で使われています。単純計算で、そのうちの約2〜3割が浴槽に貯めるお湯に使われていると考えると、決して小さい金額ではないことがわかります。

お風呂をためたいけれど水道代は節約したい!節約法は?

毎日浴槽にお湯をためていると、その分、どうしても水道代が高くなってしまいます。しかし、1日の疲れる入浴タイムを諦めたくないという人は多いでしょう。

そこで、お風呂関係の水道代を節約する方法を以下に列挙してみたので、水道代を少しでも節約したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • シャワーのお湯はこまめに止める
  • 節水タイプのシャワーヘッドに切り替える
  • 浴槽に水を満杯に入れた2Lのペットボトルを入れてかさ増しする
  • 使った湯船のお湯を洗濯に再利用する

実は、お風呂のお湯をためる以上に、シャワーの水を出しっぱなしにしている方が、水道代がはるかに高くなることがわかっています。そのため、まずはシャワーの水を出しっぱなしにしないよう注意しましょう。

また、毎日浴槽にお湯をためる人は、2Lのペットボトルを活用し、浴槽の水量をかさ増しする方法も節約につながります。また、使い終わったお風呂のお湯は、洗濯に再利用することで、洗濯に使う水量を減らすことができます。

効果的な節約法を活用して入浴タイムを楽しんで

いかがでしたか。浴槽にためるお湯以外で水道代を節約することで、心置きなく毎日入浴タイムを楽しむことができます。ぜひ今回紹介した節約法を取り入れて、少しでも水道代を節約しながらお風呂時間を楽しんでくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
お湯を張っている浴槽

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る