『長持ちする野菜や果物』10選!長期保存に適しているおすすめの食材

開いた冷蔵庫

朝食や夕食など、あらゆる料理に使える野菜。そして、デザートやおやつにもぴったりな果物。どのご家庭にもストックがあると思います。そんな使い勝手の良い食材たちですが、長期保存したい場合、どのような野菜や果物が適しているのでしょうか。今回は長持ちする野菜や果物をご紹介します。

野菜や果物には長持ちするものとそうでないものがある

たくさんの食材

料理には必ずと言っていいほど使う野菜や、食事に添えたりデザートに付け加えたりと、便利で旬を味わえる果物は、多くのご家庭に保管されているでしょう。

しかし、野菜や果物は長持ちせず、結局すべてを使い切ることができず、無駄にしてしまった…という経験を持つ主婦の方は多いはず。普段から使う野菜であれば、たくさんストックしておきたいですが、賞味期限を考えるとなかなか難しいですよね。

ですが、野菜や果物の中には、驚くほど長持ちする食材があることをご存知でしょうか。通常数日~1週間の野菜や果物ですが、保管方法次第では、月単位で保管できる食材もあるんですよ!

長持ちする食材は無駄を削減してくれる優秀食材

冷蔵庫を眺める女性

先ほども話に出た通り、野菜や果物を余らせてしまい、結局生ゴミとして廃棄したという経験は、多くの主婦があると思います。しかし、長持ち食材を正しく保管することで、無駄を最小限に抑えることができます。

無駄を抑えることができれば、家計にも優しいですし、生ゴミが出なくなることで環境にも優しい取り組みに繋がりますよ。その点、長持ちする食材は『優秀食材』と言えるでしょう。

長持ちする野菜6選

美味しそうな野菜

料理に必要不可欠な野菜。そんな野菜の中には、驚くほど長持ちするものや、保管方法次第では以外に長持ちする食材もあります。ここでは長持ちする食材と、それぞれの食材に適した保管方法を紹介していきます。

1.キャベツ

キャベツ

キャベツは、丸々1玉買ってしまうと、すべて使い切ることができず、無駄になってしまいがちな野菜の1つです。水分量も多いため、しなしなになってしまったり、傷むのが早かったりと、長持ちさせるのは難しいと考えられがちです。

しかし、しっかりとラップをして、冷蔵庫に保管することで、約2ヶ月間、新鮮さを保ち食べることが可能です。レタスは長期保存が難しいですが、キャベツはこの方法で長持ちさせることが可能なので、ぜひ試してみてくださいね。

2.にんじん

にんじん

カレーライスや豚汁など、さまざまなメニューで大活躍するにんじんは、常にストックしておきたいと思っている方も多いでしょう。しかし、意外と傷みやすかったり、腐ってしまったりと、長期保存には適していないのでは、と思っていませんか。

にんじんは、しっかり水分を吸収した上で保管するのが最大のポイントです。保管する際に、キッチンペーパーや新聞紙などでにんじんを包むことで、水分が出たときもしっかり吸収することができます。余分な水分を吸収することで、にんじんが傷んだり腐ったりすることを防ぐことができます。

この方法で、にんじんも数週間から最長で数ヶ月保管することができます。ただし、こまめににんじんを確認し、包んでいるキッチンペーパー(または新聞紙)が湿っていたら取り替えるようにしてください。

3.ニンニク

にんにく

料理の香りを立たせるために、重要な役割をしてくれるニンニクも長期保存が可能な食材です。ニンニクの場合は、100円ショップなどで販売されているペーパーバッグに入れ、そのまま冷蔵庫で保管するだけです。これで数ヶ月保管することが可能です。

しかし、ニンニクは涼しい場所から常温へと出してしまうと、すぐに発芽してしまいます。そのため、使う際は使う分だけ冷蔵庫から取り出すようにしましょう。

4.玉ねぎ

たまねぎ

玉ねぎが長持ちする野菜であることは、ご存知の方が多いでしょう。基本的に、通気性の良い入れ物に入れ、陽の当たらない場所であれば、1ヶ月以上保管することが可能です。

より長持ちさせたい場合は、0℃~10℃の涼しく乾燥した場所に保管することで、1年保管が可能です。冷蔵庫は湿度が高いため、適していません。

5.じゃがいも

じゃがいも

じゃがいもは長持ちする食材として重宝されている食材ですよね。使い道も多いため、ご家庭で多めにストックしているという方もいるのではないでしょうか。

じゃがいもを保管するのに最適な温度は5℃です。日光が当たっていない場所であれば、常温保存も可能です。最も適している場所は冷暗所で、涼しく乾燥した場所であれば、約1~2ヶ月は保存できますよ。

ちなみに、冷蔵庫にじゃがいもを保管しているという方もいるかと思いますが、じゃがいもにとって、冷蔵庫は適した場所ではありません。温度は適していますが、湿度が高いため、腐りやすくなってしまいます。

6.大根

大根

大根は葉を切り落とし、身を3分割にした上で、それぞれキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れます。この状態で冷蔵保存することで、約1ヶ月間保管することが可能です。

ただし、にんじんと同様に、こまめにキッチンペーパーの濡れ具合を確かめ、水分を吸収していたら取り替えるようにする必要があります。

また、切り落とした葉も料理に活用できるので、保管するようにしましょう。大根の葉の保管方法は、切り口部分にキッチンペーパーを巻き、ビニール袋に入れます。冷蔵庫に入れる際は、立てた状態で保管しましょう。

長持ちする果物4選

たくさんのフルーツ

野菜に引き続き、長持ちする果物を紹介していきます。こちらも同様に、それぞれの食材に適した保存方法を一緒に紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.りんご

りんご

ご家庭でもよく見かけるりんごは、小さい子どもから大人まで、皆が好きな果物の1つです。そのため、活躍するシーンはとても多いですよね。

しかし、果物は基本的に長持ちできるイメージがありません。りんごも同様です。りんごの場合、5度以上の場所で保管してしまうと、すぐに熟してしまい、賞味期限、消費期限も早く来てしまいます。

そのため、数週間保たせたいと考えている場合は、プラスチック製の容器に入れ、冷蔵庫に入れて保管してください。なぜならば、りんごの保管に適した温度が-1~0℃のため、冷蔵庫が最も長持ちさせやすい場所だからです。

ただし、野菜の近くに保管することは避けてください。りんごが発生するエチレンガスにより、野菜が早めに傷んでしまう恐れがあります。

2.柿

柿

秋の味覚とも言える柿。しかし、すぐに熟してしまい、長持ちさせることは難しいと思われがちです。中には「すぐに傷むから…」と避けてしまう人もいるでしょう。

しかし、柿は乾燥を防ぐことで、約1週間、長いと2~3週間保管することが可能です。常温保存してしまうと2~3日で傷んでしまうので、少しでも長持ちさせたい場合は、冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。

その際、ヘタを濡らしたキッチンペーパーで覆い、1つずつしっかりラップで包むことで、少しでも長く保管することができますよ。ポリ袋などに入れると、さらに乾燥を防げるのでおすすめです。

3.みかん

みかん

冬になると、多くのスーパーで見かけるようになるみかん。日本では、冬の風物詩と言っても過言ではありません。果物の中では、長持ちするイメージが強いみかんは、涼しい場所で常温保管するだけでも2~3週間は保ちます。

しかし、より長持ちさせるならば、やはり冷凍するべきです。みかんの冷凍方法は、フリーザーバッグに入れ、一度冷凍した後、再度取り出します。取り出した冷凍みかんを冷水に浸し、再度同じように冷凍保管します。すると、約1~2ヶ月、新鮮な状態で保管することが可能です。

4.梨

梨

通常、2~3日で傷んでしまう梨ですが、いただく際には1個ではなく、複数個でいただいたり、中には箱ごといただく…ということもありますよね。しかし、そんなに大量の梨を2~3日で消費するのは、なかなか難しいです。

しかし、梨もキッチンペーパーで包み、ポリ袋で密封し、野菜室で保管することで、1週間ほど保たせることが可能です。果物の中では1週間と長めに保管できますが、それ以上は難しいので、なるべく早めに食べきることを意識してください。

さいごに

開いた冷蔵庫

いかがでしたでしょうか。「普段からストックしているよ」という食材から、「これも長持ちするの?」と驚きの食材まであったと思います。しかし、どの食材も正しい保管方法が重要ポイントです。ぜひ今回紹介した保管方法を参考に、賢く保管して無駄を削減してくださいね!

開いた冷蔵庫

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる