どこからが『親友』と言えるの?友達との5つの違いや特徴

ショッピングする女性

親友と友達は、どんな違いがあるのでしょうか?なんとなく違いが判っているような気がしていても、しっかりとした線引きをするのは難しいものです。友達と親友の違いを明確に把握し、相手との関係性を正しくとらえましょう。親友の特徴についても紹介しているので、大切な友人のことを想いながら要チェック!

親友ってどんな存在なの?

考える女性

仲がよい人を、「友達」「親友」という言葉で表しますよね。でも、友達と親友の違いって具体的にどんなものなのか、線引きがあいまいという人は多いです。

親友と友達は、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?親友の特徴についても、紹介しています。

親友と友達との5つの違い

会話を楽しむ女性

親友と友達の違いは、以下のものがあります。

1.面倒ごとにも面倒だと思わず付き合える

めんどくさいことであっても、相手に付き合えるかどうかを考えると、相手との関係性が見えてきます。

  • 友達…面倒ごとはできるだけ避けたいし、忙しければ断る
  • 親友…めんどくさいなと思いつつも、相手に合わせてあげられる

自分がある程度多忙でも、親友のお願いだったら無理をしてでも聞こうとする人が多いです。自分だけでなく、相手もそうしてくれる場合は、相手と対等な関係が築けています。

2.相手がなにを考えているか、なんとなく伝わる

相手がなにを考えているのかなんとなくわかって、なにが必要なのかがわかるという関係性である場合は、相手と親友関係である可能性が高いです。友達関係だとおせっかいになってしまうことも、親友同士なら痒い所に手が届くようなサポートをし合えるので、居心地抜群で息ぴったり!

3.頑張りすぎずに一緒にいられる

友達と一緒にいると、なにかと気を使いますよね。相手に合わせようとするあまり、長時間一緒にいると心身ともに疲れてしまうという人もいるでしょう。

親友と一緒にいると、友達よりもお互いのことをよく知っているので、居心地のよい時間が流れていきます。

  • 沈黙が苦にならない
  • 同じ空間にいても気を使わない
  • 頑張らなくていいので、多少だらしなくても問題ない
  • 一緒にダラダラできるし、ダラダラしていても妙な罪悪感にさいなまれない

頑張りすぎずに一緒にいられる存在は、非常に大切で大きな存在といえます。

4.連絡がマメでなくても、関係性が変わらない

友達関係だと、定期的に連絡して食事に行ったり遊びに行くなどの交流を大切にしますよね。しかし、親友となると数ヶ月から年単位で連絡を取り合わないという人もいます。

長期間連絡を取り合わなくても、気兼ねなく接することができ、電話やメールなどをしても昨日まで一緒にいたかのような返事が返ってきます。

5.相手に起こったことで、自分の感情が揺れ動くか

相手に起こったことで、自分の感情がどのように変化するかという点も、友達と親友で異なります。

  • 友達…ある程度の感情の揺らぎを感じ、場合によっては嫉妬することもある
  • 親友…相手に事ったことで場合によっては激しく感情が揺れ動き、嫉妬はしない

相手にとって良かったことを、素直に一緒に喜べるというのも、親友関係ならではの感情です。

親友といえる存在の特徴

女友達とおしゃべり

親友といえる存在の特徴は、以下のものがあります。

  • お互いの家に行き来しており、気兼ねなく泊まれる
  • 自分と相手の家族に、親友の存在を気兼ねなく紹介できる
  • 相手の好き嫌いをはっきりと把握している
  • 長時間一緒にいても、ストレスだと思わない

親友関係は、自分だけでなく相手も自分と同じ考えや思いであることが大前提です。

まとめ

友達と親友は、似ているようで大きな違いがあります。親友の存在は、人生の財産です。親友がいる人は、相手を大切にして絆を深めていってくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ショッピングする女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る