「真面目すぎる人」の特徴や共通点8つ!仕事や恋愛において損をしてしまうことも

「真面目な人」と聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?信頼がおけるとか誠実なイメージを持つ一方「真面目すぎる人」となると、ちょっと付き合いにくいイメージを持つこともあるかもしれません。「真面目すぎる人」の特徴や共通点や、仕事や恋愛において損をしてしまう理由などを解説します。

「真面目すぎる人」の特徴や共通点8つ!

真面目とは誉め言葉として使われることが多いですが、真面目すぎる、となると、場合によっては良い印象を持たれないこともあります。短所・長所を含め真面目すぎる人の特徴や共通点ご紹介します。

1.完璧主義で神経質

真面目な人は仕事に対しても手を抜くことなく、完璧であることが目標基準であったりします。また、気にしなくてもいいような些細な点まで気にする神経質な面もあります。そのため、細かい部分までこだわるため、チームで仕事をすると足並みがそろわない場合もあります。

2.責任感が強い

真面目すぎる人は人一倍責任感も強いでしょう。さまざまな責任を背負ってしまうため、真面目な人ほどうつ状態になりやすいとも言われています。適度に力を抜いたり、ごまかすようなことができないため、頑張りすぎてしまう人も多いです。

3.融通が利かない

真面目過ぎる人は頑固な一面も持っていたりします。自分の知識や情報が正しいと思い込み、なかなか意見をまげなかったり、頭が固く柔軟性に欠けるような、融通が利かないのも特徴の一つと言えます。

4.冗談が通じない

他人の言葉をそのまま受け止めるので、冗談が通じないことがあるのも真面目すぎる人にはありがちです。何でもそのまま解釈するため、真顔でリアクションをしたり、面白さを理解できないこともあり、扱いづらい人と思われることもあるでしょう。

5.律儀で義理人情に厚い

どんな些細なことでも、恩を受けたら必ず返そうという義理堅い面を持っているのも、真面目な人の特徴です。また、困っている人から助けを求められると放っておけない、人付き合いを大切にするなど義理人情に厚いタイプでもあります。

6.周囲から信頼される

責任感が強く、仕事や役割に誠実に取り組むため、真面目すぎる人は周囲からの信頼度は高いです。努力を惜しまない、途中で投げ出したりしない、嘘をついたりしない、などの理由から特に仕事面では信頼を置かれることが多いのではないでしょうか。

7.規則や約束は絶対に守る

些細なルールや規律でも、真面目すぎる人は破るようなことはしません。社交辞令やちょっとした口約束であっても覚えていて、他の人が忘れているようなこともずっと覚えていることもあります。

8.実直でミスを誤魔化したりしない

真面目な人は頑固な一面も持っていますが、いい加減なところがない誠実で実直な性格です。そのため、自分のミスや誤りを素直に認めて、誤魔化したり隠すようなずる賢さがなく信用できる人と言えるでしょう。

真面目すぎは仕事や恋愛において損をしてしまうこともある

真面目すぎるタイプは、周囲から信頼されるなど評価をされる面も持っていますが、損をしてしまうこともあります。例えば仕事の面で損をしてしまうケースは以下のことが考えられます。

  • 断れずに仕事を受けてしまう
  • 周囲に頼るのが苦手でひとりで背負い込んでしまう
  • サービス残業をしてしまうこともある
  • 真面目に取り組み過ぎて時間がかかり、仕事が遅いという印象を持たれることもある
  • ちょっとしたミスが目立ち評価が下がりやすい

また恋愛面では、真面目な男性を好む女性は多いのですが一方で真面目すぎてしまうとマイナスの場合もあります。

  • .冗談が通じず、堅い印象を与える
  • 真面目すぎるとユーモアが無く、女性はつまらないと思ってしまう
  • 積極性に欠けるため恋愛まで発展しない

程よく真面目な人は仕事や恋愛面で良い影響が大きいですが、真面目すぎてしまうと、逆効果で損をしてしまうこともあるのですね。

まとめ

真面目すぎる人は、自分では気づいていないことも多いかもしれません。もし、周囲から「真面目だね」と言われた時には、誉め言葉ではなく皮肉で言われていることもあるかもしれません。

もしかしたら、周囲の人たちから真面目すぎる人と思われているかもしれない、と自分の性格を見つめなおすきっかけにしてみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る