煮沸消毒してはいけない『NGなもの』4選

瓶の煮沸消毒

有害な菌を一掃する簡単な手段というと、煮沸消毒を思い浮かべる人は少なくありません。お湯の中につけておくだけで殺菌できるので、とても簡単なイメージを持ちがちです。たしかに煮沸消毒は簡単ですが、どんな素材でも適応可能な殺菌方法ではありません。どのような素材を煮沸消毒すべきではないのか、チェックしてみましょう。

手っ取り早くて簡単な煮沸消毒

煮沸消毒のイメージ

消毒といえば、一番簡単で思い浮かべやすいのが煮沸消毒です。あまり家事をしたことがないという人であっても、煮沸消毒がどのようなものかうっすらわかるという人が多くいるのではないでしょうか。

煮沸消毒は、万能ではありません。素材によっては、煮沸消毒すべきではないものがあるので要注意!間違えて煮沸消毒してしまうと、取り返しがつかない事態になってしまう可能性があります。

煮沸消毒してはいけない『NGなもの』4選

ペットボトル

煮沸消毒すべきではないものは、どのようなものが挙げられるのかをまとめました。家事があまり得意ではない人や、「これは煮洗いしても大丈夫か不安」という人は、是非チェックしてみてください。

1.100℃以上の温度に耐えられないもの

熱湯をかけてしまったり、熱湯の中に入れると変形してしまう素材は、普段使っているものの中に含まれていることが多いです。

  • 一般的なガラス製品…ガラスのコップやお皿、オブジェなど
  • プラスチック容器…タッパーやボトル
  • ペットボトルなど

変形して、再度使用することができなくなってしまいます。ガラスが破損し、ケガをするかも!煮沸消毒しても大丈夫か不安なときは、容器の底などに記載されている情報をチェック!「耐熱100度以上」「耐熱120度以上」と書いているものであれば、煮沸消毒できます。

2.熱に強くない素材の衣類

高温のお湯に対しての耐性が低い素材の衣類を、煮洗いするのはよくありません。

  • 化学製品…ポリエステル・ナイロンなど
  • 天然素材の一部…シルク・ウールなど

上記の素材は、煮洗いすると縮んだり変色してしまう恐れがあります。

3.皮製品

皮製品は、水に対する耐性が低い特徴を持っています。水に対しても耐性が低いので、熱湯で煮洗いすべきではありません。

4.木製製品や漆

木製製品や漆は、熱湯への耐性が高くありません。

  • 木製製品…変形やひび割れの原因になる
  • 漆…高温のお湯につけることで、白く変色してしまう

木製製品は、高温のお湯をサッとかけるだけであれば問題ありません。長時間熱湯の中に放置したり、ぐつぐつ煮洗いしてしまうのはNG。

煮沸消毒しても大丈夫なものとは

キッチン用品

煮沸消毒しても大丈夫なものは、以下のものがあります。

  • 100℃以上の温度に耐えられるキッチン用品…包丁・まな板・カトラリー・耐熱性があるガラス製品やプラスチック製品など
  • 瓶…100℃以上の温度に対応している哺乳瓶・保存容器など
  • 陶器類
  • 衣類…綿100%・麻
  • アクセサリー類…ネックレス・ピアスなど

熱に耐えられるものであれば、適切な時間を守って煮沸消毒可能です。煮過ぎないないよう注意してお湯を活用し、付着している菌を一掃しましょう。

まとめ

煮沸消毒は、どんな素材であっても活用できるものではありません。素材の特徴を正しく把握し、煮沸消毒に適しているかを見極めて実行してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
瓶の煮沸消毒

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る