『理解力が無い人』の特徴5つ!会話の流れを把握できない理由とは

悩む女性

理解力が無い人は、どうして物事に対して深い考えを持って行動できないのでしょうか。理解力にかけてしまう原因を、チェックしてみましょう。理解力が無い人の特徴についても紹介しているので、自分が当てはまっていないかを振り返るきっかけにしてみてください。会話の流れを把握できない理由をチェックし、改善点を見つけ出しましょう。

理解力がない原因

頭を抱える女性

理解力にかける人には、いくつかの原因があります。どうして理解力にかけるのか、原因をチェックしてみましょう。

  • 会話に必要な基本情報が頭に入っていない
  • 記憶する力があまり高くなく、すぐに話の内容を忘れてしまう
  • 聞いているつもりでも、話をちゃんと聞けていない
  • いつもいっぱいいっぱいで、人の話を聞くゆとりがない

上記のような原因で、相手の話を十分に聞くことができなくなっているのかもしれません。そのことを把握し、対策を練っているかどうかが伸びしろの有無にかかわってきます。

『理解力が無い人』の特徴5つ!

うなだれる女性

理解力が無い人に見られやすい特徴は、以下のものが挙げられます。

1.説明が下手

理解力が無い人は、自分の中で物事の処理ができていないことが多く、そのため説明がちぐはぐになってしまいがちです。

  • 何度も同じ話を繰り返す
  • 支離滅裂な説明しかできない
  • 質問に対する答えさえたどたどしい

説明下手なので、指示を出す立場になると部下も大変な思いをしてしまいます。

2.臨機応変に動くのが苦手

決められたことはそれなりにこなせるけれど、普段と異なることが起きてしまうと対応できないというのも、理解力が低い人に見られやすい特徴です。

  • 応用する能力に欠けているため、普段と異なることが起こったら頭が真っ白になる
  • 過去に経験が活かせない
  • 自分ができる範囲を決めつけてしまっているので、できないと思ったことは着手できない

過去の出来事を経験として頭にインプットしておらず、過去のことは過去に置き去りにしているため、臨機応変に立ち回ることができにくいのかもしれません。

3.人の話を聞かないことが多い

相手の話を聞いていないことが多いのも、理解力が無い人に見られやすい行動です。

  • 話の結末を、勝手に予想して最後まで話を聞かない
  • 最後まで話を聞かないため、ミスが多い
  • 最後まで話を聞いたとしても、自分の解釈が先行してしてしまうので相手の話が頭に入らない

相手の話は、予想を立てて自己完結してよいものではありません。

4.視野がとにかく狭い

理解力が無い人は、視野が非常に狭いケースが多々あります。

  • 相手に対する関心が薄く、相手の気持ちや意図をくみ取れない
  • 指示されたことしかできない
  • 相手が求めているものがなんなのかということまで、視野を広げることができない

常に自分のことで手一杯なので、視野が狭くなってしまいがちなのです。

5.覚えることが苦手

物事を覚えることがとにかく苦手な人は、言われたことを理解する前に忘れてしまうことがあります。

  • 相手の話をすぐに忘れる
  • 自分が出した指示さえ、すぐに忘れる
  • わからないことがあってもすぐに忘れてしまうので、わからない部分を放置しがち
  • 何度も同じミスを繰り返す

話のボリュームがあったり、言われたことの量が多いと、相手の話を覚えきれずに聞き流してしまいます。

会話の流れを把握できない理由とは

クエスチョンマークを出す女性

会話の流れを把握できない理由は、以下のものが考えられます。

  • 自分の情報以外の情報を受け入れる容量がない
  • 相手の話に対して、真剣に向き合おうとしていない
  • 向上心の欠如
  • 話を最初から最後まで聞かなくても、自分は大丈夫という不思議な自信を持っている
  • 基本的な能力や知識が、決定的にかけている

要領のよさや記憶力などは、人それぞれ違いがあって当然です。自分は理解力に乏しいということを理解して、行動しているかという点が、今後の人生に大きく関わってくるポイントといえます。

まとめ

理解力が無い人は、常にいっぱいいっぱいになっていることがあるので、相手の様子を見て助け舟を出してあげることも考慮していきましょう。心にゆとりが生まれれば、視野が広がって成長の兆しが見え始めるかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
悩む女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る