『すぐ人を馬鹿にする人』の性格や心理5選

考えことをしている女性

あなたの周囲に、なぜか他人を馬鹿にするような言動が目立つ人はいませんか。なぜ人を馬鹿にする人はそのような言動をとるのでしょうか。今回は『すぐ人を馬鹿にする人』の性格や心理を解説します。対処法もご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

他人をすぐに馬鹿にする人の対応はストレスの嵐…

頭を抱える女性

家族や友人、職場の上司や同僚、近所のママ友など、多くの人たちは日常的にさまざまな人と交流があります。その中には「あの人苦手だな」「付き合いにくいな」と感じる人もいることでしょう。

特に、他人をすぐに見下すような『人を馬鹿にする人』はとても厄介です。一緒にいるとストレスが溜まるため、関わりたくないと思う人も多いでしょうが、立場や環境によってはどうしても付き合いを続けなければいけないこともあります。

このような人が周囲にいる場合、「なるべく関わりたくないけれど、関わらなければいけない場合はどのように対応するべきなのか」「どのように割り切るべきなのだろうか」と日々悩む人は少なくないでしょう。

『すぐ人を馬鹿にする人』の性格や心理5選

では、なぜ他人を馬鹿にする人は、見下すような態度や言動が多いのでしょうか。ここでは『すぐ人を馬鹿にする人』の基本的な性格や心理、そして傾向や特徴について解説していきます。

1.周囲の人よりも優位に立ちたい欲求が強い

すぐ人を馬鹿にする人は、基本的にプライドが高い人が多いです。人よりも「周囲の人より優位に立ちたい」「1番になりたい」という欲求が強いため、自分の周りにいる人を小馬鹿にするような態度を取ったり、馬鹿にしたような言動を見せたりするのです。

こうした心理から、すぐ人を馬鹿にする人は、自分よりも弱いと本能的に感じた人を側に置きたがる傾向にあります。自分より弱いと思った相手に積極的に話しかけにいき、優越感を得ようという心理が垣間見えます。

2.自信がなく劣等感を隠すための防衛本能

すぐ人を馬鹿にする人の言動は、一見すると自分に自信があるからこその発言や態度だと思われがちです。しかし、心の底では自分に自信がなかったりコンプレックスがあり、その劣等感を隠すための防衛本能であることも多いです。

自分に自信がないことを隠すため、他人を見下したり貶めたりすることでカモフラージュし、あたかも「自分に自信がある」「自分はできる人間である」と見せつけているのでしょう。

3.意識を自分に向けさせて注目されたい

とても幼稚な行為ではありますが、周囲の注目を集めたいためだけに、無意識で人を馬鹿にするような発言をしているケースもあります。

自分が好きで他人にかまってほしいという寂しさを持ち合わせているため、どうにかして他人の視線を集めようとしているのです。しかし、プライドが高いという一面も持ち合わせているため、素直に話しかけたり注目を集めるようなことを言うことが難しいのでしょう。

それゆえに他人を馬鹿にするような自分が優位に立てる発言をし、周囲から自分の存在を認めてもらおうとしているのです。他人に不快な思いをさせているという配慮よりも、自分が注目されたいという欲求が優ってしまっていると考えられます。

4.プライドが高く相手の考えや発言を認められない

人を馬鹿にする人は、プライドが高いという根本的な気質な強い傾向にあります。そのため、相手が自分と違う意見を持っていたり発言をしたりすると、その考えを素直に認めることができません。

普通であれば「そう言う考えもあるのか」と聞くことができますが、プライドが高すぎる人の場合、「自分の考えが絶対に正しい」と頑固に意見を曲げません。その結果、相手を貶めたり見下すような馬鹿にした発言をしてしまうのです。

5.自分よりも強いと感じている相手は馬鹿にしない

人を馬鹿にする人によく見られる傾向として、自分よりも弱者であるか強者であるかを見極める能力に優れているという特徴があります。プライドが高く、優越感を得たいと言う心理から、自分の側には自分よりも弱いと感じた相手を置くのです。

しかし、一方で自分よりも強いと感じた相手には馬鹿にするような発言をしません。このように態度にわかりやすく差があるため、周囲からは白い目で見られたり呆れられたりしていることが多いです。

すぐ人を馬鹿にする人にはどのように接するべき?

不満顔の女性

すぐ人を馬鹿にする人が周囲にいると、それだけで疲れてしまいますよね。基本的にこうした人とは関わらないのが正解ですが、職場の同僚やママ友などは簡単に関係を切ることはできません。

すぐ人を馬鹿にする人と上手く接するためには、以下のような対応を参考にすることをおすすめします。

  • 馬鹿にされたことを深く気にする必要はない
  • 相手を否定せずにさりげなく自己主張する
  • 馬鹿にされたら早めに話を切り替える
  • 日頃から相手の自尊心をそれとなく満たしてあげる
  • 上司や先輩が相手の場合は聞き流す

立場が対等である場合は、相手を真っ向から否定することはせずに、さりげなく自己主張しつつ早めに話を切り替えることで、「馬鹿にしがいがない」と徐々に馬鹿にするような発言を減らせることもあります。

ただし、上司や先輩が相手の場合は、きちんと話を聞かなければ反感を買ってしまう可能性もあるでしょう。この場合は、笑顔で聞き流しつつ、別のことを頭の中で考えるといったスルースキルを高めることをおすすめします。

また、日頃から良いところを褒めたり自尊心を満たしてあげるような発言をしたりすることで、他人を馬鹿にしなくても優越感を得ることができると無意識下に認識させる方法も効果的です。

人を馬鹿にした言葉は基本的に受け流すのが正解!

いかがでしたか。人を馬鹿にする人は、基本的に自分に自信がないために、優越感を得る目的で他人を馬鹿にしています。したがって、馬鹿にした発言は聞き流しつつ、さりげなく自分の意見を添えるのが良いでしょう。今回紹介した方法を参考に、上手く対応していきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
考えことをしている女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る