お金の貸し借りを絶対にすべきではない理由5つ 親しい間柄でも避けるべきワケとは

お札を渡している

お金の貸し借りは、昔からトラブルの元と言われてきました。なぜお金の貸し借りをするべきではないのでしょうか。今回は、改めてお金の貸し借りを絶対にすべきではない理由を確認していきます。親しい間柄でも非常に危険なので、お金の貸し借りはなるべく避けましょう。

お金の貸し借りは親しい間柄でも危険!

財布からお金を出す人

親から「お金の貸し借りはしちゃいけないよ」と言われた経験があるという人も多いでしょう。昔からお金はトラブルの元と言われており、そのため、親しい間柄であってもお金の貸し借りをするべきではないと言われてきました。

お金を貸し借りしてしまうと、さまざまな悪影響を及ぼしたり、場合によっては自分も金銭トラブルに巻き込まれる恐れがあり危険です。

相手が親しければ親しいほど関係が拗れる原因にもなるので、お金の貸し借りはなるべくしないよう注意しましょう。

お金の貸し借りを絶対にすべきではない理由5つ

では、なぜお金の貸し借りをするべきではないのでしょうか。実際に聞かれると戸惑う人も多いと思います。ここでは、お金の貸し借りを絶対にすべきではない理由を5つご紹介します。親しい間柄でも、以下の理由が生じるのでお金の貸し借りは控えましょう。

1.一度貸してしまうと二度三度とお願いされる

一度お金を貸してしまうと、相手は悪気の有無に関わらず「お金を貸してくれる相手」として認識してしまいます。そのため、困ったことがあると、次も「お金を貸してほしい」と頼まれるようになる恐れがあるのです。

一度ならばまだしも、二度三度とお金を貸してしまうと、貸す側もお金がなくなってしまいますし、そうなると相手に対して負の感情を抱くようになるため、関係性も悪化しやすくなります。

2.貸したお金が返ってこないことでトラブルに発展

信用してお金を貸したのに、貸したお金が返ってこないという金銭トラブルはよく聞く話です。「絶対に返すから」と言われていても、貸したお金は返ってこないと考えた方が良いでしょう。

また、親しい間柄だからこそお金を比較的容易に貸してしまう人がいますが、この場合、お金が返ってこなかった時の裏切られた感がより強く出ます。

関係性が拗れたり、そもそも連絡がつかなくなってしまったりといったトラブルに発展する恐れもあるので、やはりお金は貸し借りしない方が無難です。

3.「早く返して」と催促して関係がこじれる可能性も

「貸したお金が返ってこない」という時に、「早く返して」と催促する側も勇気が入ります。仲の良い相手だからこそ、相手を信用していないように取られてしまうのでは、と気まずい思いをすることになるのです。

また借りた側にも関わらず、「早く返して」と催促されることで「この人信用してくれていないのかな」と理不尽にも不快感を覚える人もいます。このように、催促することで関係性が悪化してしまう恐れもあるでしょう。

4.貸し借りをすることで関係が対等でなくなる

お金というのは、素直に大きな力です。そのため、お金を貸し借りすることで、表面上は親しい間柄を維持していても、関係が対等ではなくなる可能性が高いでしょう。

貸した側も無意識のうちに「貸した」という意識が根付いてしまいますし、借りた側はより「借りたから恩を返さなくては」「借りたから逆らえない」といった心理が強く出る人も大勢います。

親しい間柄である家族や友人だからこそ、対等な関係を維持するためにも、お金の貸し借りは極力控えましょう。

5.相手は既に銀行などから断られている可能性が高い

お金を貸すリスクとして、「どうしてもお金が必要なんだ」と言ってお願いしてくる相手は、既に貸すことに対してリスクが高いと銀行などから断られているケースが多いです。

つまり、貸したお金が返ってこない可能性が高いと判断されているため、一般人がお金を貸しても相手から返金されない可能性が高いと考える必要があります。

よく「お金を貸したら返ってこないと思った方が良い」と言う人がいますが、それはこのような状況を理解しているから出る発言でしょう。

お金の貸し借りをお願いされた…上手な断り方は?

手で顔を覆い断る女性

お金の貸し借りはしない方が良いとわかっていても、いざ親しい友人にお願いされると断りにくいですよね。上手く相手に不快感を与えずに断る方法として、以下の断り方があります。

  • 貸せるお金が現在手元にはないことを伝える
  • 大きな出費を控えているから貸せないと伝える
  • パートナーが金銭管理をしているから難しいと伝える
  • 対等な友人関係を続けていきたいと伝えて一緒に改善策を考える

まずはお金を貸せない理由を説明するパターンです。現在、貸せるほどの余裕がないことを理由と共に説明することで、相手も強い不快感を覚えずに納得してくれるでしょう。

また、相手と対等な友人関係を続けていきたいと伝えた上で、一緒にお金を工面する方法を考えてあげたり、相談先を探してあげるなど、寄り添った対応を取るのも1つの方法です。

お金の貸し借りは親しい関係でも上手く断ろう

いかがでしたか。お金の貸し借りは、お金が返ってこないリスクがあるだけでなく、貸した相手との関係にも悪影響を及ぼす恐れがあります。親しい関係であれば、相手の力になりたいと思う人もいると思いますが、極力断るようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
お札を渡している

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る