サンダルを履いてはいけない『NGな場所』5選

黒いサンダルをはいた女性の足元

サンダルには、ご近所に行く際に便利なサンダルやファッション性の高いおしゃれなサンダルまで、幅広いデザインのサンダルが展開されています。そんな便利な夏の定番アイテムでもあるサンダルですが、場所によっては履いてはいけない所もあります。今回は夏に向けて、サンダルを履いてはいけないNGな場所をご紹介します。

夏にサンダルは便利!でも履いて行く場所は選んで

白いミュールサンダルをはいた女性

夏になると暑さによる蒸れを緩和するため、通気性の良いファッションアイテムが好まれるようになります。おしゃれでアクティブに動きやすいファッションアイテムが多くなる夏は、店舗でアイテムを見ているだけでもワクワクしますよね!

その中でも、夏の定番とも言えるファッションアイテムといえば「サンダル」ではないでしょうか。暑さによる蒸れを引き起こすこともなく、涼しげなファッションコーデを完成させられるサンダルは、デザイン性の高いアイテムも多く販売されています。

おしゃれに履きこなせるサンダルはもちろん、ちょっとご近所まで行く際に便利なシンプルなサンダルまで幅広いラインナップも魅力です。

しかし、そんな便利で涼しげなファッションを楽しめるサンダルは、履いて行く場所を選ばなければいけません。場所によっては、サンダルでは危ない所だったり、サンダルなどのラフな格好が禁止されている所もあるからです。

サンダルを履いてはいけない『NGな場所』5選

白いサンダルをはいた女性

では、具体的にどのような場所ではサンダルが不適切なのでしょうか。ここではサンダルを履いてはいけないNGな場所をいくつかご紹介します。それぞれ理由も異なるため、理由も含めて頭に入れておきましょう。

1.高級なレストラン

「サンダルを履いてはいけない場所」と聞いて、真っ先に思い浮かぶ人が多い場所といえば、高級レストランやホテルレストランではないでしょうか。

高級なレストランやホテルが運営しているレストランでは、ドレスコードが定められている所も多く、カジュアルな格好が禁止事項として記載されていることも珍しくありません。

特にサンダルはカジュアルな格好の代名詞とも言えるアイテムです。高級レストランやホテルレストランには似つかわしくないため、サンダルではなく、パンプスなど綺麗めアイテムで訪れましょう。

2.クラブハウス

コロナ禍では、なかなか訪れる機会のない場所ではありますが、クラブハウスやライブハウスといった場所でもサンダルは避けたほうが無難です。

大勢が集まる場所であっても、ホールなど座席が指定されている場所であれば問題ありませんが、座席が指定されていない不特定多数の人々が接触しやすい場所では、足を思い切り踏まれてしまうことも多いです。

サンダルで行ってしまうと、足を踏まれた際に怪我をしてしまう危険性があり、せっかくの楽しい時間を台無しにしてしまう恐れがあります。サンダルではなく、足をしっかりと守れるシューズで臨みましょう。

3.結婚式やお葬式などの冠婚葬祭

結婚式やお葬式といった冠婚葬祭も、基本的にはサンダルなどのカジュアルな装いはタブーです。

冠婚葬祭での足元のファッションは、つま先が隠れており、かかとも隠れているアイテムが望ましいとされています。そのため、サンダルのデザインはマナーを大きく外れているものが多く、適切ではありません。

綺麗めデザインのサンダルであれば結婚式に適しているのでは、と思われることも多いですが、サンダルの多くはつま先が開けており、かかとが見えているものが多いです。結婚式には、パンプスが最も適しています。

4.山登りなどのサンダルが不適切なアウトドアシーン

基本的に、夏場のアウトドアシーンにはサンダルがぴったりです。海や川などは水に濡れる場所なので、濡れても問題のないサンダルが適しています。

しかし、山登りなどの険しい道を歩かなければいけないアウトドアなどは、不安定なサンダルは不適切です。怪我や事故の原因となる恐れがあるため、きちんと足元を守れるそれぞれのアウトドアに適したシューズを選びましょう。

5.車の運転席(運転中のサンダル着用)

「車の運転席にサンダルはダメなの?」と意外に感じる方も多いと思いますが、実際に車を運転する際のサンダルは、道路交通法第4章第70条に違反していると捉えられ、検挙されてしまう恐れがあります。

この『道路交通法 第4章第70条』は、他人に危害を及ばす恐れのない速度や方法で走行しなければいけないと定められており、そこには「ハンドル、ブレーキ他の装置を確実に操作」できるような服装も含まれています。

サンダルで運転していると、作りが不安定なものが多いため、咄嗟にブレーキを踏む際、正確に操作できない恐れがあります。したがって、運転中にサンダルやクロックスなどの運転が不安定になる履物はNGとされています。

初めて行く場所へのサンダル着用も慎重に検討して

サンダルは履きやすく通気性の良いアイテムですが、初めて行く不慣れな場所へのサンダル着用は慎重に検討するべきです。

特に長い距離を歩く可能性のある場所では、サンダルが足に合わず、脱げてしまったり躓いてしまったりするリスクが他の靴よりも高まります。

快適にお出かけを楽しむためにも、初めて行く場所へサンダルを着用する際は、きちんと自分の足に合っているか、また行き先はサンダルが適しているかを十分考えてコーディネートしましょう。

夏にぴったりなサンダルは履いて行く場所を選ぼう

いかがでしたか。夏にぴったりなサンダルですが、場所によっては着用を禁止されていたり、危険を招く恐れがあります。おしゃれなデザインのアイテムも多いサンダルは、履く際に行き先を考えて選ぶようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
黒いサンダルをはいた女性の足元

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる