食物飲物の裏ワザ

食物飲物に関する記事一覧です。食物飲物のお悩みを解消するための情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ

「食物飲物の裏ワザ」の記事一覧

グリルにアルミホイルを敷くメリットと使う時の注意点

ガスレンジの真ん中についているグリル。便利ですね。グリルは魚を焼くだけではなく、肉や野菜、パンを焼くなど、その応用範囲は広く便利です。でも、一度使ったグリルの焼き網や受け皿を、グリルから取り出して洗うのは面倒。それがいやであまりグリルを使わないという人もいるかもしれません。そんな面倒を軽減できるのが、アルミホイルを敷くという方法です。

ihで美味しい焼き魚を作る方法!フライパンで焼くときのコツ!

最近では料理を作る際にガスではなく電気で加熱するihクッキングヒーターが主流になってきましたよね。ガスコンロに比べて光熱費が安く収まり、火事の危険もなくお手入れも楽ちんにできる優れもの。まさに主婦の味方といえるでしょう。しかしihはフライパンを振ることができず扱いには慣れが必要です。ihとガスコンロでは使い勝手が違うので、2つの違いをしっかり把握すればお料理で失敗をなくせます。これからの季節、スタミナを補うためには焼き魚が最適ですが、ihで焼き魚を作るのは結構大変です。コツがいります!それを知らずに焼き魚を作ってしまうと家族に「まずい・・」と言われてショックを受けるかもしれません。ということで今回は、家族みんなを「美味しい!」とうならせる最高の焼き魚を作るコツと、ihで焼き魚を作る際の調理器具を紹介します。

白だしの代用と自家製だしの作り方

和食をつくる際に、豊かな味わいをもたらしてくれるのが、白だしです。白だしを使用すれば、あっさりとしていながらも深みのある和食独特の味わいが実現します。もし、白だしを切らしてしまった場合、白だし以外のものでも代用できることをご存知でしょうか。今回は、白だしについて、そして、白だしの代用になるものなどについて紹介します。

ワインの正しい保存方法と長持ちさせる場所

ワインの保存は、ワインセラーがあれば万全な状態で保存できますが、ワインセラーを置いていないというご家庭のほうが多いと思います。ワインセラーが無くても、正しい保存方法を覚えておけば、ワインの劣化を極力抑えて保管することできます。また、開栓後の正しいワインの保存方法についてもご紹介します。

玉ねぎを切ると涙がでる理由とは?泣かなくなるための対策まで

サラダや煮物、スープなど様々な料理で活躍する玉ねぎは日本人の食卓には無くてはならない食材です。しかし、玉ねぎを料理する時に気になるのが、目にしみて涙がポロポロと出てきてしまうことです。なぜ玉ねぎを切ると涙が出てきてしまうのでしょうか。ここでは、玉ねぎを切ることで涙が出てきてしまう理由から、玉ねぎを切っても泣かないで済むための方法までをまとめて紹介しますので、参考にしてみてください。

しめじは洗う必要はない!水がNGな理由と保存の方法

しめじを使って調理をする時に、しめじは洗うのか洗わないのか?悩んだことはありませんか?実はしめじは洗う必要はありません。しめじに限らずほとんどのきのこ類は水で洗うのはNGです。今回の記事では、なぜしめじを水で洗ってはいけないのか?、汚れていた場合にはどのようにして汚れを取れば良いのか、しめじの保存の方法などを含めてご紹介いたしますので是非参考にしてください。

カレー粉の代用!他スパイスで作る方法と味の比較!

カレー粉は炒め物や揚げ物にとてもよく合う万能調味料として愛用している方も多いのではないでしょうか。しかし、いざ使おうと思ってもカレー粉が切れていたという経験も数多くあったと思います。けれどもわざわざスーパーまでカレー粉を買いに行くのはちょっと面倒…。そんな方のために、カレー粉の代用となる調味料を紹介します。

トマト缶の代用品と美味しい作り方!代用食材が向いている料理

夏を代表する野菜でもあるトマトは、老若男女を問わず幅広い人々に親しまれています。トマトを使用した料理は様々あり、簡単にトマト料理を使用する際に役立つトマト缶もスーパーなどで大いに人気があります。しかし、常にトマト缶を欠かすことなくストックできるわけではありません。トマト缶がない場合に代用できる食材や料理について紹介します。

ガムシロップの賞味期限と正しい保存方法

ガムシロップといえば、アイスコーヒーやアイスティーなどの冷たい飲み物には欠かせないものですよね。温かい飲み物に入れる砂糖には、賞味期限がありませんが、ガムシロップには賞味期限があるのでしょうか。そこで、ガムシロップの賞味期限と保存方法、さらにはガムシロップを自分で作る方法についてもお伝えしていきます。

コンソメの代用になる身近な調味料8選!

コンソメは、様々な洋食料理の味付けのポイントとなる調味料として重宝されています。しかしいざ必要な時になって、「ない!」という経験をした人も多いのではないでしょうか。コンソメは多くの料理に使用されているため、味付けの際にないと困ってしまいます。そこで、今回はコンソメを切らしてしまった時に、代用となる身近な調味料について調べてみました。

野菜の洗い方!残留農薬を落とす方法

健康のためには、肉を中心とした食生活よりも野菜を中心とした食生活が良いとされています。しかし、野菜は洗い方によっては風味が落ちてしまうものもあるほか、残留農薬も気になりますよね。安全に美味しく野菜を食べるには、正しい洗い方を知る必要があるでしょう。そこで、野菜別の洗い方や残留農薬を落とす方法についてご紹介します。

ハンバーグのつなぎの代用!意外な食材で作る方法

ハンバーグのつなぎといえば一般的にパン粉が挙げられます。けれども、いざ作ろうとした時にパン粉を切らしていたり、購入するのを忘れていたりすると、場合によっては献立変更を迫られ大変な苦労がともないます。そういう時のために、今回はハンバーグのつなぎに代用できる食材を紹介していくので、ここで述べることを参考にして今後の献立作りに活かしていきましょう。

意外と知られていない野菜の栄養不足とは?

私達が健康を維持するためには様々な食品が必要となりますが、中でも現代人が不足しがちと呼ばれているのが野菜です。しかし、そんな野菜もただ食べていれば良いというわけではありません。 現在では、一年を通して様々な野菜を食べることが出来ますが、そういった野菜の中には昔よりも栄養価が下がっているとされている野菜もあるのです。

カレーは何日持つの?正しい保存方法と賞味期限を延ばすコツ

大好物はカレーという人も少なくありません。材料を切ってお鍋に入れ、グツグツ煮込めば出来上がりという手軽さも人気の理由です。大鍋で作れば何食分も作れるカレーですが、間違った方法で保存すると腐ってしまいます。今回はカレーの消費期限、保存方法別の賞味期限、そして上手に日持ちさせるコツなどについて調べてみました。

レタスの洗い方のコツ!鮮度を戻してシャキシャキの食感がよみがえる50度洗いの方法まで!

レタスの洗い方をご存知ですか?基本的な洗い方から葉を1枚ずつはがさずに一気に洗う裏ワザ、そして50度洗いをご存知でしょうか?50度洗いはレタスの鮮度を復活させシャキシャキ感を取り戻すスゴ技です。今回は鮮度が落ちてシナシナになったレタスを蘇らせる方法、50度洗いの秘密、レタスを一気に丸ごと洗うウラ技などをご紹介したいと思います。

美味しく見せるお弁当の詰め方!おかずをバランス良くキレイに飾るテクニック

お弁当のふたを取った瞬間「美味しそう!」と感動するお弁当の詰め方ってありますよね。食卓で冷えたおかずは美味しくないのに、なぜかお弁当に詰めると冷めても美味しいのが不思議です。今回は美味しく見せるお弁当の詰め方の4つのステップや、お弁当作りが楽しくなるおかずの詰め方のコツなどをご紹介したいと思います。ちょっとした工夫でいつものお弁当が見違えりますよ。

お家でお手軽!20秒で出来る美味しいコーヒーの淹れ方

街で見つけた美味しいコーヒーが楽しめる老舗喫茶店。ドアを開けるとほのかに香る芳醇なコーヒーの薫り。カウンターの向こうには黙々とコーヒーを淹れるマスター。小気味よいコーヒーミルの音に高鳴る期待。運ばれてきたコーヒーからは、甘く、ほろ苦い湯気が立ち上ります。こんなコーヒーを家庭でも味わってみたいですよね。ここでは手軽にできる美味しいコーヒーの淹れ方を紹介します。

天ぷら粉と小麦粉の違い!それぞれの特徴と代用方法

「天ぷらをしようと思ったのに天ぷら粉を切らしてしまった。でも小麦粉はある」というような経験は、普段料理をされる方ならどなたにでもあるかもしれません。一見すると天ぷら粉と小麦粉に違いは特になく、見た目だけで違いを判断するのは難しいですよね。そこで今回は、天ぷら粉と小麦粉に違いはあるのか、またそれぞれの特徴と代用方法についてご紹介していきます。

餃子を冷凍保存する方法!美味しさを逃さないコツや調理術まで

餃子は美味しく、焼いたり煮たり、スープにするなど様々なレシピで楽しむことができます。そのため、忙しい時のために多く作ってストックしているという人も多い料理です。冷凍保存するときにはいくつかポイントがあり、そのポイントや美味しく保存する方法を知ることで、より便利かつ美味しく餃子を保存することができます。

カレーを甘くする方法!辛味をマイルドにしてコクと旨みをアップする!

辛口のカレーを甘くする方法は20種類以上あります。カレーを甘くするには、カレーにコクをくわえて甘くする方法、食材の旨みとコクで甘くする方法、カレーの辛味を抑えてマイルドにしてから甘くするなどさまざまな方法があります。またカレーをより甘くする食材をトッピングして楽しい食卓にする方法なども含めてご紹介したいと思います。ご家族が喜ぶ家庭の味を作ってみてくださいね。

ページ 11234次ページ