食物飲物の裏ワザ

食品の正しい保存方法、効果的な食べ方や飲み方など、意外と分かっていなかった身近な食品のお役立ち情報をご紹介しています。正しいお米の研ぎ方など、おさらいも含め確認してみませんか。毎日の家事の中で、役立つ情報が必ず見つかるでしょう!お悩み解消のための情報もご紹介しています。

「食物飲物の裏ワザ」の記事一覧

ベーコンの賞味期限はどの位?正しい保存方法と美味しい食べ方

皆さんが大好きなベーコンの賞味期限はどの位か知っていますか?本来は塩漬けにしてから燻製という行程を経て、保存食用として作られてきたベーコンですが、最近の市販されているベーコンは、製造方法が違っているものもあり、品質や賞味期限にある程度幅があるようです。 賞味期限を過ぎたものはどうしたらいいのか、正しい保存方法はどうすべきなのか、そして美味しい食べ方などもお知らせします。

タマネギが目にしみる理由とは?涙が出ないようにする方法や切り方5選

料理でタマネギを使うとき、目にしみて涙目になると辛いですよね。タマネギはどんなジャンルの料理にも合いますし、加熱しても生でも食べることができるので利用頻度は高いと思います。涙が出ないようにする方法や切り方をご紹介しますので、目にしみることに困っている方はぜひ参考にしてみてください。

『冷蔵庫なし』でも生活は可能?常温で保存できる食材8つ

冷蔵庫は無くては生活に困るというイメージがありまるよね。食材を保存するためには必要なものです。ですが、冷蔵庫が無くても常温で保存できる食材もいろいろあり、冷蔵庫が無くてもきちんとした食生活を実現することもできるのです。冷蔵庫無しの生活が可能な理由や常温で保存できる食材をご紹介します。

みかんの皮を使った活用法9選!油汚れの掃除や消臭効果、入浴剤にまで!

いつでも美味しいみかん。栄養もたっぷりで、定番中の定番な果物と言えます。そんなみかんの皮、あなたは捨てていませんか?実はみかんの皮には様々な活用法があり、掃除や消臭剤、さらには入浴剤としての役割も果たせるのです。しかも、みかんの皮は食べることもできます。この記事では、ついつい捨ててしまいがちなみかんの皮を使った活用方法を9つ紹介しています。これを知ったら、あなたはみかんの皮が捨てられなくなるかも?

『冷凍庫に入れてはいけない食べ物』7つ!知らずに凍らせると食材が無駄になるかも

冷凍庫の保存は長期保存ができて便利ですが、中には冷凍不向きの食べ物もあります。冷凍することで食材がダメになるだけでなく、庫内で食材が破裂してしまう恐れや、食中毒になる危険が出てくるケースもあります。安全に冷凍保存を活用するためにも、冷凍庫に入れてはいけないものを確認しておきましょう。

えのきは冷凍保存で旨みも栄養価もアップする!

冷凍保存したえのきは長持ちさせるだけでなく、旨みと香り、そして栄養価をより一層アップさせることができる優れものです。解凍せずにそのまま加えてさまざまな料理に活用できるので、生とは違ううまみを引き出しながら調理することができます。お財布に優しい価格なのも人気の理由といえるでしょう。便利な冷凍保存の方法をマスターして、風味豊かなきのこ料理を楽しみましょう。

牛肉の冷凍保存と美味しく解凍する方法とコツ

牛肉をお得に美味しく食べるなら、特売日にまとめ買いして、冷凍保存するのがコツ!小分けにしてから冷凍保存しておけば、解凍や調理も簡単にできます。もっと時短したいときは、下味をつけてから冷凍保存しても良いですし、加熱調理してから冷凍保存しても良いです。牛肉を冷凍保存する方法、注意点、解凍する方法、冷凍保存できる期間、冷凍保存しておいた牛肉を使った簡単レシピなど、たっぷりお届けします。

おかゆは冷凍で保存するのがおすすめ!正しい手順や便利アイテム

体調がすぐれない時や赤ちゃんの離乳食などでおかゆを作ることもあります。たくさん作ったおかゆの正しい保存方法をご存知ですか?おかゆは水分が多く含まれているため、加熱していても傷みやすいと言われています。出来たてを食べきれない場合の正しい保存方法をご紹介します。注意点も抑えておきましょう。

もちもち食感を維持するパンの冷凍方法と解凍後のおすすめレシピ

「パンは賞味期限が短いから、計画して買わないといけない…」「けれど頻繁に買いに行くのは面倒くさい!」という人は、パンを冷凍保存するのはいかがですか?冷凍保存はメリットが多く、誰でも簡単に行えます。ちょっと手間はかかりますが、ストックしておけば献立の強い味方になるかもしれません。今回は、もちもち状態で食べられるパンの冷凍・解凍方法を紹介します!

お米の計量カップがないときの計り方と水加減

「お米を炊きたいのに計量カップがない」そんな時、どうしたらいいか困ってしまう人が多いのではないでしょうか。適当な水加減で失敗してしまうのは嫌だし、だからといってお米を炊かないわけにはいきませんよね。計量カップがなくても、美味しくお米を炊くことができます。そこで今回は、計量カップがない時の、お米の計り方と水加減について紹介します。

ケーキを美味しく冷凍する方法と種類別の注意点

ケーキを買ったけど食べきれない時や買いすぎてしまった時ってありますよね。ケーキ屋では「本日中にお召し上がりください」と言われますができない時もあります。そんな時、野菜のように冷凍保存をすることで食べられる期間を延ばすことができます。ここではケーキの冷凍方法や、どんな種類のケーキが冷凍できるのか、冷凍するときの注意点、解凍方法を紹介します。

鶏肉を冷凍保存する正しいやり方と保存期間

みなさんは鶏肉をよく食べますか?スーパーで安く売っていることも多いのでたくさん買ってしまうという方も多いと思います。しかし、買いすぎてしまって一度では消費しきれず腐らせてしまい、捨ててしまったという経験をしている方もいると思います。今回は、鶏肉の冷凍保存の方法、良い点やポイントなどをお伝えします。ぜひ参考にして、長い間おいしく鶏肉を楽しめるようにしましょう。

流水解凍のメリットはスピード!効率的なやり方とコツ

流水解凍という解凍方法をご存知ですか?流水解凍とは流水にさらすことで冷凍されているものを解凍する方法です。ここでは肉などを解凍するのに便利なこの流水解凍について紹介します。流水解凍は、効率的なやり方とコツさえつかめば誰でも簡単に冷凍したものを解凍することができます。是非、参考にして挑戦してみてくださいね。

卵の賞味期限切れは食べられます!しっかり学んで捨てずに食べよう

どんな料理でも活躍してくれる卵。わたしたちの生活に欠かせない食材ですよね。とても身近な存在ですが、生鮮食材なのですぐに腐ってしまうイメージがあるかと思われます。一般的に卵の賞味期限は、2週間前後とされていることが多いのですが、実は賞味期限が切れても問題なく食べられることをみなさんはご存じでしたか? 卵の賞味期限は、あくまで生食の許容範囲のことであり、加熱すればまったく問題はないのです。今回は、卵の賞味期限の意味と、期限が切れた後の食べ方について取り扱っていきます。

トマトの保存方法!冷凍保存する時のメリットや美味しいものの選び方

夏に旬を迎える野菜のひとつトマトは、ハウス栽培によって1年中手に入る美味しい野菜です。甘みと酸味があるだけでなく、リコピンといった抗酸化作用がある健康に良い野菜ですが、水分が多い野菜なので日持ちしないのが難点になります。そこでトマトを大量に購入した時に、日持ちをよくする保存方法と保存をするときにお勧めのアイテムを紹介します。

醤油の正しい保存方法と賞味期限の目安

食べ物である以上、殆どのものには鮮度がありますが、それは醤油などの調味料も例外ではありません。近年は、酸化を防ぐ特殊な構造を備えた調味料の容器なども増えてきており、調味料の鮮度への注目は高まっている風潮があります。そこで、特に日常的に多く使われる調味料である醤油に注目して、少しでも鮮度や風味が良い状態で保存できる方法を探っていきます。

れんこんは冷凍保存で4倍長持ち!正しい保存方法

れんこんはサッと茹でてサラダにしたり、きんぴらやれんこんチップスにしたりと、色々な料理に使える優れもの。れんこんにはビタミンCやタンニン(ポリフェノール)が含まれるので、健康や美容のためにも積極的に取り入れたい野菜です。しかし、一度に使いきれずに冷蔵庫の中で傷めてしまうこともあるでしょう。そこでおすすめなのが「冷凍保存」です。冷凍しておけば、長期にわたる保存が可能です。今回は、れんこんの冷凍保存の仕方だけでなく常温保存、冷蔵保存の仕方やおいしいれんこんの見分け方などについてご紹介いたします。

人参を保存する方法!常温・冷蔵・冷凍美味しく長持ちさせる保存術

カレーや煮物などさまざまな料理の具材として活躍する人参。「使い切る前に、腐ってしまった」と苦い経験のある人もいらっしゃるでしょう。人参はやや足の早い野菜ですが、正しく保存すると日持ちします。本記事では人参の正しい保存方法を紹介します。また、おいしい人参の選び方についても解説していますので、参考にして下さい。

肉を洗う方法!50℃洗いで美味しくするコツ

野菜を50℃洗いすれば、美味しく食べられると聞いたことがありませんか?50℃洗いは野菜だけでなく肉にも効果がある下ごしらえの方法です。調理前の肉を洗って使えば、食感や風味が良くなるほか、健康にも良い影響を与えるとされています。ここでは、肉料理に役立つ50℃洗いの方法や洗うのに適した肉の種類などを分かりやすく紹介します。

みりんのアルコールの飛ばし方!子供や妊婦にも安心な煮切りの方法

みなさんは、みりんに含まれるアルコールを気にしたことはありますか? 14%前後のアルコールを含む「本みりん」は、基本的には加熱することで蒸発(揮発)していきます。なので、調理後に「アルコールっぽ匂いがするな……」と気にする場面はほとんどありません。しかし本みりんは、加熱しなければアルコールが蒸発しませんので、そのままでみりんを使うと、独特のアルコール風味がかなり気になるようになります。それに加え、子供や妊婦さん、はたまた運転する人にみりん料理を食べさせたい時なども、みりんのアルコールがもたらす影響を懸念することでしょう。では、みりんのアルコールはどうすればいいのでしょうか? 今回は、みりんのアルコールを「飛ばす」方法をテーマにみなさんにお伝えしていきたいと思います!アルコールの飛ばし方さえ理解できれば、みりん料理をみんなに安心して食べさせることができるようになるはずです。ぜひご一読ください。

ページ 1123456次ページ